TVゲーム情報ブログ

ストライクウィッチーズ白銀の翼 (限定版:ねんどろいど宮藤芳佳同梱) - Xbox360

サイバーフロント
Xbox 360
ジャンル:シューティングこのゲームでは、「ストライクウィッチーズ」の魅力の一つである空中戦のシーンの迫力を再現します。
自由に大空を飛翔するウィッチを操作し、ネウロイとの激しいバトルに挑んでください。
原作ファンのために、ストーリーモードも充実。
第一期TVアニメ最終話後のネウロイとの戦いを軸に、キャラクターたちの魅力があふれる会話をお楽しみいただけます。
【限定版特典】●ねんどろいど 宮藤芳佳(扶柔皇国海軍水練用装備仕様)限定版には、大人気フィギュアシリーズ「ねんどろいど」から宮藤のゲームスペシャルバージョンが同梱されます!
1つは宮藤の「はじける笑顔」、もう1つは大きくて柔らかいものに夢中な「とろける笑顔」です。
とろける笑顔と組み合わせる、専用腕も付属します。
浮輪、リュックサック、練習機仕様ストライカー、モーゼル・シュネルフォイヤー、シールド魔方陣、といった新しいパーツも付属します。
Xbox360専用ゲームソフト
[関連商品]

OZ -オズ-(コナミザベスト)

コナミ
PlayStation2
見た目こそオーソドックスな3Dアクションであるが、プレイヤーキャラ+2人のAI仲間キャラの計3人を操り、敵キャラをバレーボールのパスのようにお手玉しながら「テンションゲージ」を溜め、必殺技を放つというプレイスタイルは今までにない斬新なもので、口コミやネットの評価から、未だジワジワとファンを増やしている。
プラットフォーム:PlayStation2
ジャンル:3Dアクションゲーム

UFC Undisputed 2010 - PS3

ユークス
PlayStation 3

■世界累計400万本出荷を記録したモンスタータイトル!
総合格闘技界の頂点「UFC(R)」(アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ)の世界を完全に再現し、
ファンを熱狂させた唯一のゲームが前作を遥かに凌駕するクオリティにて日本上陸!

■まさに究極!格闘ゲームはここまでリアルになった!
今までの格闘ゲームを完全に「過去のもの」にしたそのリアルなグラフィック性能は、
まさに実際の試合と見間違える程のクオリティ!ハイレベルのモデリング技術で表現された
登場ファイターはなんと100名以上の大ボリューム!

■さらなる進化を遂げた究極のコンバットシステム!
ファンの熱い要望に応え、新アクションを多数追加!ファイターの構えを自由に変化できる
「スタンスチェンジ」や「連続サブミッション」、金網に相手ファイターを押し込んで闘いを
有利に運んだりと、UFC(R)のファイティングテクニックを忠実に再現!

■PlayStation3版限定3大特典
・ホイス・グレイシーを含む3名のレジェンドファイターを収録
・UFC(R)の5試合をノーカット完全収録
・アルティメットファイトモードに5試合を追加収録

■『UFC Undisputed 2010 体験版』 無料配信中!
体験版で使用できるUFCのトップファイターは4人。夢の対戦カードを実現させる 『エキシビションモード』と4人の頂点を目指す『トーナメントモード』を搭載。

■公式ホームページ
http://www.yukes.co.jp/UFC2010/

Winning Post World 2010 (ウイニングポストワールド2010)

コーエー
PlayStation2
良いところも、悪いところもある★★★☆☆
2ヵ月くらいハマって、シナリオモードでは割と夢中でオールS作る計画とか考えた。
全体的に酷評されるけど、「WP8作らないで…延命ばかりする」という会社の戦略へのヘイトが大きいのかも。
純粋にこの作品だけを見れば、馬主・調教師・騎手の立場をパワプロのサクセスのように楽しむという
自分としては、面白いアプローチで好きでした。
ギャルゲーのようなテキストもたまに恥ずかしくなるが、わりと楽しんだり。

ただ、いざ3職揃ってとなってワールドモードからは自分としては、不満が多かった。
武とか、池井調教師(作成キャラ以外)に頼むとローテを組めなかったり
全職オールSくらいになると、バンバン海外主要G1買てちゃったり
全体的にゲームバランスがゆるめな気がする。
オールSもよっぽど運がなければ作れないくらいでよいのかも知れない。
あと痛かったのは、20年ずっとループするのでWPシリーズの醍醐味の
系統確立や代重ねの楽しみが結構薄い。

牧場育成で潜在能力が高まる点や、名馬カードを集めていくなどおもしろさもあるので残念。

買うか迷う人は、いわゆるウイポシリーズを楽しみたいならWP7を
コーエーの言うように、競馬を軽く知って楽しみたい人はワールド買うとよいと思います。
名馬列伝とかもオプションから手軽に見れるのも便利です。
中途半端★★☆☆☆
・シナリオモードは能力を上げるのが難しく、そのままワールドモードの障害になる。このモードの必要性を感じない。
・職種ごとではなく、全て自分でプレイしたかった。
・新ワールドモードは、20年限定なのが残念。1度クリアすると、やる気が起きない。

全体的に中途半端。
酷評のわりには★★★★☆
意外にはまってます(笑)いままで完全にマンネリ化していたシリーズなので あえて冒険していて良い思いますよ 騎手はコマンド式ですが実況もしっかりしてくれますしただ連続騎乗したら体力がなくなって追いも何もできないのがどうかなと 調教師は気合いを上げるだけの作業になりがちで調教シーンもなく少し寂しいのと初めてプレイしたらハードモードでゲームオーバーしまくりでもう少し初期値高くても良いだろうと思いましたが 次回作ぐらいから永久ワールドモードも搭載されるでしょうし良くなっていくシリーズぢゃないでしょうか ただミリオンディスクが芝○ダート×とか馬の適性がハチャメチャになっているので馬一頭一頭に列伝があるぐらいなんだからもう少し競馬を知って欲しいですね 兄貴(藤田騎手)を実名で出せるぐらいの気合いは見せて欲しいです クソゲクソゲ言われてますけど悪くないと思いますよ 次回はパワーアップキットでなくワールド2で期待してます

アサシン クリードII【CEROレーティング「Z」】 - Xbox360

ユービーアイ ソフト
Xbox 360
真実は血で綴られる
全世界で 800 万本以上を売り上げた『アサシン クリード』の世界観をより拡大し、より深く発展させ、すべてが進化した続編、それが『アサシン クリードⅡ』である― ルネッサンス期のイタリアを舞台に新アサシン「エツィオ・アウディトーレ」が躍動する!




◎新主人公「エツィオ・アウディトーレ」
元貴族の暗殺者。
ある事件をきっかけに貴族の位を剥奪され、すべてを失ってしまったエツィオ。
誰が何のためにこんな陰謀を仕組んだのかを突き止め、罪の報いを受けさせるために。
エツィオはアサシンへの道を歩み出す…。


◎舞台は色彩豊かな中世イタリア・ルネッサンス
今作の舞台はルネッサンス期のイタリア。ヴェネツィアを始めとする華やかな大都市を舞台に、
新たなる暗殺者「エツィオ」が復讐劇を繰り広げます。レオナルド・ダ・ヴィンチ、マキャベリ、メディチなど実在の人物も登場し、緻密かつ大胆に織り上げられた物語を展開します。



◎水中/水上の移動
「水の都」と称されるヴェネツィアをはじめ、ルネッサンス期のイタリアは、地中海の交易で栄えた地域です。
この地を舞台とする『アサシン クリードII』では、水中を泳いだり、舟を利用して水路を移動するなどのアクションが登場します。
これらは、暗殺後に水中に身を投じて追っ手の目を逃れるなど、ミッションクリアへの戦略を練る上でも重要な要素となっています。





◎環境を利用したアサシネイション
主人公エツィオは隠し持った2本の「アサシンブレード」を用いて標的を暗殺しますが、周囲の環境を利用することで、暗殺アクションは多種多様に変化します。
・奇襲!
高所から飛び降り「エア・アサシン」や、藁束に隠れ潜んでの一撃は、奇襲性の高いアクションです。





・環境の活用
敵を高所から引きずり落としたり、水中に突き落とすなど、周囲の環境を利用したアクションも豊富です。敵の武器を奪い逆に使用することも可能です。





・煙幕
エツィオの新しい武器の中に「煙幕」がある。
敵に囲まれ、逃げ場がなくなったときに使用すると、煙で周りの敵が一瞬エツィオを見失う。その隙に、その場から立ち去る事もそばにいる敵を煙に紛れながら暗殺することも可能。
ただし、離れた敵には効果がなく、煙を抜けた先に大勢の敵がいないか注意する必要があるのだ。




・馬車での移動
イタリアが舞台となる今作は、馬だけではなく馬車も登場する。
色々な物を運んだり、ミッションにも深く絡んでくる馬車は敵にも見つかりやすいのだ。
馬車に飛び移ってきた敵をうまく振り落とさなければエツィオはたちまち襲われてしまうだろう。




◎協力者の出現
街にいる娼婦や盗賊、傭兵にお金を支払うとエツィオの手伝いをしてくれる!敵の目を欺いたり、戦闘に協力してくれたりと様々な面でエツィオをサポート!




◎多彩な暗殺手段、経済システム…多様性を増したゲーム展開
本作では暗殺のバリエーションが強化され、事実上、都市のすべての場所から暗殺が行えるようになりました。
また、標的に迫るルートも多彩で、例えば空や水中から目的地に向かうことも可能。さらに、お金とアイテム購入の要素が導入され、攻略の幅がさらに広がっています。
これらの新要素によってゲームプレイが前作から一新され、テンポよく多彩な遊び方を楽しめるようになりました
©2009 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Assassin's Creed, Ubisoft, Ubi.com and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the U.S. and/or other countries.