TVゲーム情報ブログ

RonXer 折り畳み式 Nintendo Switch にも対応 充電スタンド スマホ スタンド (silver)

RonXer
エレクトロニクス
【しっかりと支え、画面の穏やかを保持する】底の滑り止めシリカゲルパッドは支えをテーブルに吸着し、安定性を強め、展示板の滑り止めパッドは設備の移動と擦りを防止します。
【画面角度を調節する】270°回転し、画面を適合な視角に調整し、目と頸椎を気楽します。
【多設備、多場合に使う】14mm以下の設備を支持し、支えを手の掌のような大きさに畳み、バッグかポケットに入ります。会社、家に連れられ、あるいは旅行中に使えます。
【改善体験】如何なるの操作が要らなく、設備を直接に支えに置き、テーブルに置くように簡単です。思い切って友達と素晴らしい内容を分かち合い、きれいな外観は楽しい気持ちをもたらします。
【品質保証】RonXerは自分の商品の品質を信じるので、18カ月の返却交換を提供します。

実況パワフルプロ野球2010 - PS3

コナミデジタルエ&
PlayStation 3
コナミから発売されている日本プロ野球を題材にしたゲーム『実況パワフルプロ野球』(パワプロ)シリーズの2010年版。選手のデータは2010年開幕時点のもの、球場内の看板は基本的に2009年のペナントレース中のものを再現している。『実況パワフルプロ野球10』(2003年)以降のパワプロシリーズは河路直樹が実況を担当していたが、本作から堂前英男に交代となった。パッケージイラストは燃えるパワプロ君がボールを構えているもの。
タイトルは同じ『実況パワフルプロ野球2010』だが、据え置きゲーム機であるプレイステーション3(PS3)版と携帯ゲーム機であるプレイステーション・ポータブル(PSP)版はプラットホームの違いからゲーム内容は幾分異なる。
『実況パワフルプロ野球2010』(じっきょう ぱわふるぷろやきゅう にせんじゅう JIKKYOU PAWAFURU PUROYAKYU 2010)はコナミデジタルエンタテインメントから2010年7月15日に発売されたPlayStation 3、PlayStation Portable用野球ゲームソフト。略称は『パワプロ2010』。

NBAライブ10 - PS3

エレクトロニック・アーツ
PlayStation 3
その闘いは、もはや現実!
NBA公認のバスケットボールシリーズ「NBAライブ」最新作!

日本語版NBAゲーム
NBA、JBL、世界バスケ、ウインターカップなど、あらゆるバスケシーンで活躍中の塚本清彦氏を解説に、そして、NBAのイベントやスポーツ番組で活躍中の吉田暁央氏を実況に起用。的確な解説とシーンを盛り上げる実況で試合を楽しめる日本語版NBAゲームの決定版!

過去最高のグラフィック
シリーズ過去最高のグラフィック!選手の細かい動きはもとより、コートサイド、観客、マスコットまで実写並に完全表現。本場NBAのコートで選手としてプレイしている感覚に!レブロン・ジェームスの試合前の儀式やリングで懸垂するドウェイン・ウェイドなど、選手個々の特長までも完全表現。

リアルさがさらにアップ
NBA選手の実写が選手画面で表示されるようになり、リアルさ溢れるゲームにさらにリアルなテイストが加わりました。

日本代表チームも収録
世界を代表する24カ国の代表チームを収録。日本代表チームには、人気の五十嵐選手や竹内兄弟など12名を収録。NBAチームや世界の強豪チームとの夢の対戦が実現可能。

プロのスカウトが使うNBAデータをゲームに同期できる
NBAで実際に起こったトレード、怪我、チームと選手の好不調などをオンラインでアップデートすることが可能。NBAスカウト達も活用するリアルデータとの同期で、リアルタイムのNBAとシンクロできる。過去の試合をプレイヤー自身の手で再現することも可能に。

5対5、最大10人での協力プレイでバスケゲームの楽しみ方が変わる。
前作に続きコート全員5人対5人の同時オンライン協力対戦で世界中のプレイヤーたちとバスケ対戦を楽しめる。また、世界中のユーザーをスカウトしてチームを編成、トーナメントに参戦するなど、バーチャルな世界でバスケを楽しめる。

クウォンタム セオリー (リミテッドエディション) - PS3

テクモ
PlayStation 3
●戦場は、変化を続ける「生きた塔」。撃て、走れ、ぶっ壊せ。

 『QUANTUM THEORY』は、“侵蝕”と呼ばれる現象により徐々に内部構造を変えていく「塔」を舞台に戦うアクション・シューティングゲームです。
プレイヤーは黒き破壊者「シド」となり、謎の女「フィレーナ」とともに、塔の中で生まれた生命体「ノスフェラトゥ」と戦いながら塔の最上層を目指します。
 本作では銃を使った攻撃の他に「フィレーナを投げる」「フィレーナと共に近接攻撃をしかける」といった攻撃アクションを使うことができます。
また、戦場となる塔内は「侵蝕」の影響で刻々と変化するため、カバーポイントや対峙する敵との位置関係が変わり、スリリングなバトルシチュエーションを楽しむことができます。
 また、多彩なルールで楽しめるネットワーク対戦モードも搭載。
ネットワークモードならではのルール、対人戦ならではの熱い駆け引き。
最大8人までの同時プレイでストーリーモードとはまた違った楽しさを味わうことができます。




●シド



 巨大な銃「レヴナント」を軽々と操り、強力な拳で敵を破壊する黒き戦士。
激しい戦いに身を投じることに喜びを感じる。塔を破壊するために、この地を訪れた。
さまざまな武器を使いこなし、他をよせつけない戦闘力を有する。

●フィレーナ



シドが塔の中で出会う女戦士。塔に広がる侵蝕を食い止めるため、侵蝕の中心である上層部を目指している。
塔を登る目的がシドと異なるため、完全な協力関係にあるわけではない。
手に装備している銃「セラスアーク」は光る剣にも変化し、敵を切り裂く。

●キャンペーンモード(ストーリーモード)

 ステージは塔のふもとの市街地からはじまり、塔下層部~中層部~最上層へと続いていく。
市街戦で行く手を阻むのは凶暴な「インフェクテッド」たち。
インフェクテッドは塔からあふれ出た侵蝕に飲み込まれ、理性も記憶もなくして敵となった人間たちだ。
インフェクテッドの中には何度も侵蝕に取り込まれて巨大化したものもおり、強力な銃撃を浴びせてくる。

 決死の覚悟で塔に侵入すると、塔を守るために生まれた「ノスフェラトゥ」と呼ばれる生命体たちが待ち受けている。
光が降り注ぐ幻想的な美しさとは裏腹に、激しい攻撃の洗礼を浴びることになるだろう。

 塔の上層部へ進むと、「侵蝕」から生まれた「ギルスキン」と呼ばれる生命体が現れる。
黒光りする金属のような生き物で、非常に凶暴で「ノスフェラトゥ」たちを襲うこともある。

 果たして、シドとフィレーナは最上層へたどり着けるのだろうか?そして、そこで待ち受けているものとは・・・?



 人類を脅かす「侵蝕」が漏れ出す「塔」。塔を遠くから見ると、空に伸びる光の柱のようにも見える。
幾多の戦士たちが塔への侵入を試みたが、戻ってきたものはいない。

戦いは銃撃戦がメインとなる。
シドが最初に所持している武器の他、人が遺した武器や塔を守る兵士「ノスフェラトゥ」達が落とした武器など、様々な武器を使用することができる。
また、敵に近付いて強靭な拳で殴りつけたり、フィールドにあるギミックを使用することも可能。状況に応じて攻撃手段を使い分けろ。



荒廃した市街地。インフェクテッド達が行く手を阻む。 塔下層部。塔を守る兵士「ノスフェラトゥ」たちが侵入者を排除すべく迫る。



塔上層部。壁際のステンドグラスが在りし日の美しさを思わせる。
しかしそれも侵蝕によって、暗くゆがんだものへと変貌していくのだ。 塔を守るため、塔の中で生まれた生命体。
様々な種類がおり、侵入者を排除するために統率のとれた攻撃を仕掛けてくる。

●コンビネーション攻撃



近接攻撃を仕掛けたとき、タイミングよく追加入力をするとフィレーナが同 時に敵へ斬りかかり、強力なコンボが発動する。
ボタンの押し分けによって 異なる追加攻撃が繰り出せる。



フィレーナと共に行動しているとき、シドの剛腕でフィレーナを敵へと投げつけ、大ダメージを与えることができる。
また、フィレーナは着地した先で独自に戦いはじめるため、囮にして敵の注意を分散させる、シドが移動できない高い場所へフィレーナを移動させて敵を倒してもらう、といった使いわけも可能だ。
1ボタンで発動可能だが、連投するには若干のインターバルが必要。使いどころを見極めよう。

●地形変化

まるでガン細胞のように物質を蝕み、変化させていく「侵蝕」。
塔の上層部へ至るにつれていたるところで「侵蝕」が進み、柱が生まれたり地面が隆起したりと変化は大きくなっていく。
たとえ戦いの最中であってもフィールドは徐々に変化していくため、地形を上手く利用した戦術が必要となるだろう。



  橋や足場などの構造物もうごめきながら変化し、塔の内部構造を変えていく。
伸びていく橋の上に飛び乗ったシドだが、ステンドグラスにぶつかって振り落とされることになる。
場合によっては地形変化の最中に別の場所に飛び移れることも。



「侵蝕」はまるでガン細胞のように塔を蝕み、内部構造を変えていく。



轟音とともに行く手を阻む巨大なギルスキン「チャリオット」。
「侵蝕」によって生まれた凶暴な敵だ。
その外殻は金属のように固く、いかなる銃撃をも受け付けない。装甲の裂け目を集中的に狙え!



獰猛なギルスキン「ドレッドノート」から吐き出される複数の弾は、地面に 落ちると大爆発を引き起こす。
この爆発に巻き込まれれば大ダメージは免れ ない。

●ネットワーク対戦プレイ

本作では、本編とは異なるプレイが楽しめるオンライン専用の3つのモードとカスタムルールが搭載されている。
「Guardian」以外のモードでは、「男性タイプ」「女性タイプ」の2つのキャラクタータイプから使用キャラクターを自由に選択可能。
男性タイプと女性タイプでは、運動性能や装備武器が異なる。

男性タイプ・・・様々な武器を装備することができ、耐久力に優れる。
「侵蝕」された壁などにしがみつき、移動することができる。
女性タイプ・・・装備できる武器は限定されているものの、高い機動力を持ち、近接攻撃の出が早い。隙が少なく、狙われにくい。

「Executioner」(バトルロイヤル)
参加者全てが敵となり、敵を倒して得たポイントを競うゲームモード。
10分間で得たポイントの高い者が勝ちとなる。ランキング対象。

「Dead or Alive」(チーム戦)
参加者が2つのチームに分かれ、敵を倒して得たポイントを競うゲームモード。
10分間で得たポイントの多いチームが勝ちとなり、2戦先取で勝敗決定。ランキング対象。

「Guardian」
参加者が2つのチームに分かれ、無作為に選ばれた一人がリーダー(女性キャラ)となって戦う。
リーダーが生きている間は仲間(男性キャラ)のリスポーン(復活)が可能。

「Custom rule」
ホストユーザーが自分で対戦ルールを決定して遊ぶことのできるモード。
設定できるのは以下の項目。
「チーム対戦orバトルロイヤル」「リスポーン設定」「対戦マッチ数」「対戦時間」「フレンドリーファイアー(味方に自分の弾が当たるかどうか)設定」



左から「Guardian」のバトルシーン。 「Dead or Alive」のバトルシーン。

キャンペーンモードでも侵蝕された壁にしがみつくシチュエーションはあるが、ネットワーク対戦モードでは、侵蝕された場所であれば、あらゆる場所にしがみつくことができる。
他のプレイヤーが思いもよらない場所から狙撃したり、ショートカットして移動することも可能だ。
ただし移動が極端に遅くなるため、しがみついているところを発見されると手痛い反撃を受けることになる。

●ストーリー

前の大戦により、人類は壊滅的な打撃を受けた。
都市は完全に廃墟となり、生態系は崩れ、環境は回復不可能なほど汚染された。

「虚無の時代」が始まって300年・・・わずかに生き残った人類は、 荒廃した大地に「コロニー」と呼ばれる共同体を作り、 すこしずつその息吹を取り戻していた。

人類が消えた廃墟の中に、一つの塔がそびえていた。
いつ、誰が建てたかもわからない、謎の塔。
ひとりでに建ったとも言われているその塔は遠くから見ると一本の巨大な光の柱にも見え、その神秘的な姿から、不可侵の場所として畏れられていた。

―その塔は突然に危険な存在となった。

塔から流れ出した黒い物質「侵蝕」により、コロニーの建物は飲み込まれた。
人々も飲み込まれて変質し、凶暴な「インフェクテッド」となって、 同じ人間を襲い始めたのだった。

壊滅的なダメージを受けたコロニーの人々は、 侵蝕の脅威に対抗するため、各コロニーから義勇兵を募り、 塔を破壊する為の部隊を派遣する。

遅れて塔に向かった、ある義勇兵の小隊は、一人の男と遭遇した。 黒く禍々しい銃を携え、凶暴な雰囲気をまとったこの男の登場から物語は始まる・・・

ジャストコーズ2 - PS3

スクウェア・エニックス
PlayStation 3
その男(エージェント)に与えられた使命(ミッション)。
混乱と破壊─。


圧倒的なスケール。想像を絶するアクション体験。
オープン・ワールドの常識を覆すかつてないフリーダムな世界へ。

宝石のように美しいこの島国「パナウ」では、冷酷な独裁者ベイビー・パナイの圧制と汚職を背景に、
対立する反政府組織が各地でゲリラ活動を行っていた。

ある組織に所属し、革命や政権転覆などに精通したベテランエージェントだった過去を持つ、
主人公リコ・ロドリゲス コードネーム:スコーピオン。

一線を退いて久しい彼の元へ再び与えられた任務は、彼の元上官であり、
良き相談相手でもあったトム・シェルドンを探し出し始末すること─。

トムは組織の最高機密と数百万ドルの工作資金とともに、この楽園の島国「パナウ」で消息を絶ったのだった。

プレイヤーは組織の最も危険なエージェントリコ・ロドリゲスとなり、シェルドンの行方を追いつつ、波乱の連鎖をパナウに巻き起こす。


1000k㎡を駆け巡る自由。
オープンワールドタイプのアクションアドベンチャー史上、最も広大なマップとなる、
国土面積1000k㎡(東京都の約半分のサイズ※)の島ひとつが物語の舞台となる。
1000k㎡の舞台はパナウ上空にも広がり、高層ビルの上や、飛空船内なども重要なステージとなる。

広大なパナウ島全土に点在する数百箇所のロケーションを数百種類の移動手段を使って、
陸地、海や河、空中までも自由に駆けめぐれ。
※東京都の面積は約2,186k㎡


FREEDOM 思い通りにアプローチする。
物語はミッション形式で進む。物語のキーとなるミッションの他にも、複数のサブミッションが広大な島のあちこちで同時に発生。ミッションの目的も様々で、これらミッションの数々はいつでも自由に挑戦でき「上空から潜入する」、「正面から破壊する」などの戦略もプレイヤーが自由に選択できる。
プレイヤーは自由にミッションや行き先を選択し、思い通りのアプローチでこの世界を駆け巡る。


ACTION アグレッシブなアクション。

主人公に標準装備されたグラップリングフック&パラシュート
を駆使すれば縦横無尽の超人的なアクションが繰り出せる。

グラップリングフックは高い場所や離れた場所へ自由自在に飛び移ることができる他、
離れた敵の足元をすくったり、走行中の乗り物に発射すればハイジャックすることができる。
パラシュートは、高所からの潜入や緊急回避などに何度でも活用できる。

リアルに描かれた美しく広大な島を舞台に、リアルを超越したアグレッシブなアクションが楽しめる。

また、広大なこの島の移動手段として登場するのは、スポーツカー、トラクター、戦車、バイク、ヘリコプター、
グライダー、飛行船、ジェット機、旅客機、ボート、客船など約百種類に渡り全てプレイヤーが操縦できる。

これらの移動手段を活用し、陸地や山岳地帯、海や河などの水上や、空中までも縦横無人に駆けめぐれ!


CHAOS 混乱と破壊。危険な挑戦に挑め。
軍事施設の破壊や、拠点の制圧、軍部高官の暗殺。より無秩序なアクションを起こすことによって、新たなミッションがアンロックされていく。
パナウ国内の紛争を煽りパワーバランスを崩すことで、物語に隠された謎が暴かれる。
破壊可能な軍事施設や拠点、様々なチャレンジは数百以上登場する。

波乱の連鎖を巻き起こせ!

アガレスト戦記ZERO Dawn of War - Xbox360

コンパイルハート
Xbox 360
前作『アガレスト戦記リアピアランス』の数千年前の世界が舞台となるシリーズ待望のRPGです。

前作好評システムはそのままに!選んだヒロインにより次世代の主人公の能力や見た目が変化する【ソウルブリード】や、
戦闘中に仲間のキャラクターとリンクを繋ぐことにより様々な攻撃を可能にする【エクステンド・ターン・バトル】はそのままにお楽しみいただけます。

ヒロインの感情値によりコスチュームが変化する【フィールリンクシステム】と、
街中を探索するイベントパートである【フリーインテンション】システムによってヒロインとの絆を深めることができます。
キャラクター同士の会話イベントでは、立ち絵の表情にアニメーションを取り入れ、キャラクターの魅力を最大限に表現しています。

コスチューム変更機能をさらに強化!Xbox360専用の描き下ろしコスチュームの追加や、
【フリーインテンション】内でしか反映されなかった好感度によるヒロインの特殊なコスチュームがゲーム中のイベント全てに反映されるようになりました。
さらにイベントギャラリーモード・イベントCGの追加によってユーザーへのサービスイベントを強化しました。

ザ・シムズ2 ハッピーショップライフデータセット

エレクトロニック・アーツ
Windows 98
公共区画のデザインの幅が広がって良し。近所の人のたまり場に。★★★★★
私は、自分の公共のお店をもう少し素敵にしたくて購入しました。

棚やラックなど、店舗用に追加されたアイテムを使えるので、かなり素敵にできました。
いまは、自分の行きたいレストランやお花屋さんなどを作って、シムに行かせるのがかなり楽しみになっています。
店舗経営は難しそうだと思ったら、まずは公共区画をグレードアップしてみると良いと思います。
(私もそうしています。)ご近所がかなり華やかになりますよ!

このパックの追加アイテムで一押しなのが、お花屋さん用のブーケを作る作業台、おもちゃ製作・ロボット製作用ステーション、美容院のイスです。

これらは花屋やおもちゃ屋などに並べる商品を製作するためのものですが、お店をやっていなくても家に置くことが出来ます。

ステーションはいじることでスキルを上げることが出来ますし、ギミックが細かくて、見てるだけでとても面白いです。また、ステーションでしか作れないおもちゃなどもあって、使えるアイテムの数を増やすのにもいいのではないでしょうか。

完成した品物は普通のアイテムと同じく、店を開いてなくてもDeleteで売ることが出来ます。
(が、店で売った方が高く売れるようです。)

ロボットステーションで作れる見張りロボットの動きがかなり細かくてかわいいです。


美容院のイスは、シムの髪型やメイク、メガネなどを変えたり、追加したりできます。
はじめのうちは失敗して、ひどい落書きみたいな顔になることもありますが、骨格までは変わりませんので、ご安心を。(再度施術して成功すれば直ります。)

自宅にお店をつくってよかったと思うことは、近所の人のたまり場になることです。
あちらから人が来てくれるので、社交範囲が広がります。
ピアノやソファーなど、娯楽になるものを置いておくと、より長くいてくれます。

あまり気張らず、ステーションをいじって、製作物がたまったら店を開く程度の意気込みで最初はいいんじゃないでしょうか。

近所のバージョンアップにかなり貢献してくれたことと、ステーションの面白さを鑑みて、☆5つです。





住宅ビジネス最高!★★★★☆
仕事は、見えないとこでやっていましたが、住宅ビジネスがあれば経営者になってレジやセールス等の仕事が出来てとても楽しいです。エレベーターまであればデパート等の高層店舗だって作れちゃうかも・・・!!
公共区画の店だってお金があれば購入してお店を自分のものに出来ちゃいます。
さらに、お花や、ロボット、おもちゃのステーションを買うとスキルを磨きながら作る事だって出来ます。
スキルを磨いて、バッジがもらえれば掃除ロボットやバラやびっくり箱だって簡単に作れます。
従業員だって雇えて、仕事ぶりが悪ければクビにだってできるし、まさに経営者って感じですよね!!
是非、購入してみては?
上級者向け?★★★☆☆
面白そうだったので購入しましたが、ただでさえお金の貯まらない感のあるシムズで快適に自営業を営める方は上級者さんではないかと思いました……。
買ったばかりでイロイロと模索中の身ではありますが、今の所あまり活用できてません。
試しにレストランを開いてみましたが指示を絶えず与え、状態にも気を配りつつ営業する……となるとかなり大変です。家族でやると帰宅後にはみんなゲージが真っ赤になってフォローが大変なので従業員を雇ったら売り上げより人件費が!なのに作業は忙しかったり。と四苦八苦です。
でも他の家族でそのレストランに行ったらちゃんとオーナーシムが頑張って営業していたので感激しましたけど!
まだシムズには不慣れなのでもうちょっと慣れてきたら花屋とかおもちゃ屋とかやってみようと意気込んでいますが、私のセンスでできるかどうか……
パソコンに余裕があれば興味のある人は入れてみてもいいかと思います。センスがあればきっと遊びの幅が広がって楽しいデータセットですよ!(私のように創造力に不安のある人は微妙かもしれません)
お店の業態やレイアウトまで、悩めるほどの自由度の高さをゲームに追加★★★★★
本拡張キットをインストールすると、シムに「自営業」を始めさせることができる。
その「店舗」では、ゲーム内に登場する大半のアイテムを販売できる。特に、レストラン、園芸店、玩具販売店形態の店舗では、シム自身で品物を作り、商品として提供できるようになっている。
「店舗」の経営システムには、ビジネスSLGのような堅苦しさは一切ない(子供向けの動物園経営SLG『マイクロソフト ズー タイクーン』よりもシンプルだった)ので、店舗経営を気軽に楽しめる。

一方で、シム同士の相性が視覚的にわかるようになるなど、ゲームシステムにも細かい改良が施されているし、シムのアクションは相変わらず細部まで凝っていて、レジ打ちシーンなどに見られる店員としての成長ぶりも含め、見ていて飽きない。
ただ、自分で作ったシムには、店員スキルに関する初期ボーナスが一切ないのはちょっと厳しいか。

つまり、この拡張キットを使うと、店舗の業態や店舗レイアウトに関する高い自由度の追加が、プレーヤーの想像力を大いに喚起してくれるのだ。
たのしい!★★★★★
最初、どうやってうまく商売すればわからずとっつきにくかったですがだんだん理解してくると楽しすぎる!
自分は副業としてトイザOス顔負けのおもちゃ屋さんを経営してます(笑)。
おもちゃ作って売りまくったりゲームセンター作ったりと創作意欲くすぐられて良いです。
今作にはエレベーターもあるのですが自宅にエレベーター設置したらマジかっこよくなってよかった!