TVゲーム情報ブログ

EVE The Fatal Attraction (通常版)

ゲームビレッジ
PlayStation
う−ん?★★☆☆☆
システムが絶望的に悪い。行動の「すべて」が、カーソルで選ぶ→それに対する反応→繰り返し、で進行する。コマンド選択がない。話す、調べるとかがない。
つまり次の画面になるたびにカーソルでそこら中をしらみつぶしに調べなければならず、そうじゃなきゃ進まず、これがつらかった。著しくテンポを悪くしてしまっている。ストーリーを楽しむもへったくれもなかった。なんでわざわざこんな面倒なシステムにしたのかただただ謎。「ADAM」はそうじゃなかったのに。未完だった続きを知りたくて買ったわけだが、そこまでやることすらできず断念した。

ムービーのクオリティも落ちている。並以下。独自のエンジンを使ったムービー(ルシッドモーションとかいったか?)の綺麗さがウリだったのでは???
EVEシリーズ完結編★★★★☆
パソコン版で発売された「ADAM」というゲームのプレステ移植作品です。
「ADAM」については物語が途中で終わっており完結せずにいましたが本作品ではコンシューマーへのリニューアルとともにストーリーもきちんと最後まで楽しめます。
操作に関しても特にストレスは感じることなく最後まで一気に進むことができました。

EVE ZERO

ゲームビレッジ
PlayStation
一作目プレイ後に更新したレビューです★★★★☆
最初は良く作り込まれた作品だと感じました。
選択肢によっては、主人公が只の変態になったりして
前半などは終始ニヤけながらプレイしていた記憶があります。
でも段々と(プレイヤーが)主人公にバカにされるものが出て来たりして不愉快でした。
特に小次郎はいちいち癇に障る発言の多い事…
「こんな所に用は無い」「一人でやってくれ」etc…
だぁーーーー!!うるせぇっ!!誰の為に先に進む選択肢探しとる思っとんじゃい!!
まあ…反応期待して選んだ俺も悪いんだけどね…
その辺り、シナリオライターが自分の有能さをひけらかしてるように思えたのは気のせいでしょうか?
それはさて置き、
二人の主人公を切り替えて進めるシステムは初体験の身では斬新で良かったです。
ただ、もう片方の主人公である程度進んでいないと先に進めなくなる場所が多々あり、プレイヤーを混乱させます。

(こっから先ネタバレ有り)

しかし…個人的に後半の(と言うかDisc2以降の)ストーリーが…
エグ過ぎるし、やや足早。そして鬱。
バッタバッタ人死んで行きます。中にはかなり無理に殺してるキャラも居るし…
んでもって、あの結末!
あれじゃ“犯人の一人勝ち”ですよ!
心霊物のホラーで怨霊が殺すだけ人殺して、
「俺達は何も出来なかったぁ〜」はい、おしまい。みたいな感じで
今作限定キャラ(新キャラとも言う)は皆始末ですか?
過去を扱った作品の悲しい性ですね…。後味悪!

…気が付けば、不平ばかり書き連ねてた…。
まあ、要するに、それなりに良いけどburst errorには及ばないと言う事です。
印象の差★★★★☆

当時(2000年)このゲームをプレイした印象としては、PS専用でリリースされたということもあり、なんか「毒が、いかがわしさがなくなった、健全な作品に成り下がってしまったな」という印象だったのだが、今やってみたらそれほどとも感じなかった。ライトユーザーの巣窟、どんどんどんどんすさまじい勢いで幼稚になっていくゲーム業界にただただ落胆する。本当は私はもっともっともっともっともっといかがわしくてダークで不健全な作風が好きなんである。最近はかなり妥協している部分がある。

私はゲームとかアニメは日陰にいるべきだったと思っている。日陰にいるからより輝き、味が出るものだと思っている。日向に出過ぎたから元気がなくなってしまったと思っている。またこの業界が活性化(というより、質の向上か?)するには日陰に行くしかないと思っている。なぜならよりテクニコでマニアックになればなるほど輝くからだ。ちゃらちゃら日向にいて得られるものなどないと思っている。
だから私の願いは、ゲームとかアニメは日向に引きずり出そうとせず、静かに日陰においといてほしいということなのである。

祭り上げすぎるな、ということである。

そして私も日陰の人間である。

今見ると、ムービーや音楽、原画もかなりキまっているように見える。
テキストも読みやすく、ストーリーもテンポがいい。
ムービーは本当に綺麗だ。独自のエンジンを使ったムービー(ルシッドモーション)の魅力がフルにでてるといえる。

総評→良く出来てると思った。ただ当時は一作目からはるかに後退した凡作としか思わなかったのである。いかに最近のゲームが…………。
普通に面白かった★★★★☆
良いところ
 ・キャラクターが魅力的。
 ・ストーリーは中の上(使い古された感もあるテーマだが)。
 ・CGもアニメーションも綺麗。
 ・クリア後にCGモードとMOVIEモードが追加される。
 ・一気に読ます勢いがある。
悪いところ
 ・セーブが少し面倒。
 ・アニメーションシーンの声と映像がずれてることがある。
 ・単純なコマンドの虱潰しになりかねない。
 ・ストーリー後半が早足すぎる。
まとめ
 このアニメ絵が気に入れば
 お薦めの一品になりうる(若干グロテスクな画像もあるが)。
 自分にはなかなか面白かったので、
 EVEシリーズのピークといわれる
 バーストエラーにも興味がわいた。
このソフトから★★★★★
店で見つけて、グラフィックがきれいだなと思って手にとり、ケースの裏を見てみると、シナリオも私好みのとてもおもしろそうなものでした。

早速買ってプレイしてみると、話の続きが気になって、時間が許す限り、ほぼ1日中このゲームをやってました。シリアスな話だけど、その中に笑えるギャグもたくさんあって本当に面白いシナリオでした。

二人の主人公がいて、それぞれの視点で事件を追っていくというシステムは楽しいものでした。この話が「EVE」の始まりの物語です。EVEシリーズをやったことがない人はこの作品からプレイしてみて下さい。きっとあなたもEVEの世界に興味を持たれると思いますよ。

このソフトからEVEにはまりました。★★★★★
店で見つけて、グラフィックがきれいだなと思って手にとり、ケースの裏を見てみると、シナリオも私好みのとてもおもしろそうなものでした。

早速買ってプレイしてみると、話の続きが気になって、時間が許す限り、ほぼ1日中このゲームをやってました。シリアスな話だけど、その中に笑えるギャグもたくさんあって本当に面白いシナリオでした。

二人の主人公がいて、それぞれの視点で事件を追っていくというシステムは楽しいものでした。この話が「EVE」の始まりの物語です。EVEシリーズをやったことがない人はこの作品からプレイしてみて下さい。きっとあなたもEVEの世界に興味を持たれると思いますよ。

NARUTO-ナルト-激闘忍者大戦!4

トミー
NINTENDO GAMECUBE
やはり面白い★★★★★
中学時代にとてもハマったゲーム。久しぶりに友人とやってみると、つい熱くなり気がつけば夜が明けている・・・
非常に初心者からでも取っ付きやすく、それでいてとても極めがいがあります。Yキャンセルによる繋ぎやチャクラ消費による変わり身、それを先に出させる駆け引き等,ナルトのゲームはいくつかありますが、ゲーム性では未だ激忍4が最高ですね。
いわゆるキャラゲーに分類されるため、一部キャラクターがどうしても強すぎる感はありますが、そこはローカルでの暗黙の了解で切り抜けましょう。
これはない・・・★☆☆☆☆
これはないでしょう・・・。
残念な点が多すぎます。
これはないでしょう・・・。
いくらなんでもこれはなさすぎる・・しかも残念な点が多すぎますよ。
これ。
残念な点が多すぎる一点でした。
ダメですこれ。
いくらなんでも・・・
駆け引きのお手軽さが良いゲームだと思う★★★★☆
・オートガードで立ち・しゃがみガードの区別は無く、ボタン連打で連続技と簡単操作で遊べる
・操作は簡単ですが、技は多く、チャクラを使った駆け引きは少々複雑
・3人チーム対戦は待機中もチャクラがたまるため、ボンボン交代出来るのはちょっと面倒
・サバイバルモードを2人同時プレイ出来るのは良かった
・キャラクターをランダムで選べなくなったのは残念
・ステージが変わっても広さが変わるだけで、特に障害はなく、リングアウトもないので、
  もっとステージに個性を持たして欲しかった
・欲を言えばキリがないんですが、キャラクターごとのエンディングがあれば良かった
・今作では与えられた任務をクリアーしていって隠し要素をオープンして行くのですが、
  好きな要素を好きな順番で増やせる前作の様なショップもあると良かったと思う
・相手の『攻撃』を『ガード&アタック』で迎撃、『ガード&アタック』を『避け』で迎撃、
  『避け』を『投げ』や『回転系攻撃』で迎撃など、バーチャファイターの様な駆け引きを
  楽しめる。
・連携の途中で『避け』たり、『避け』や『変わり身』を潰すための連携に切り替えたり
  連携を使い分ける楽しさがある
・ガードクラッシュを狙うための連携や、体力を削る用の連携、リスクの少ない連携など
  を使い分ける楽しさもありました
・上記で述べた様に操作自体は単純なため、これらの駆け引きをお手軽に楽しめる
・『体力が徐々に回復』などちょっとオモシロいルールでのハンデが付けられる
・キャラクターごとに結構特徴を付けてある感じもイイです
・細かい所では色々改良出来る点があったと思いますが、肝となる格闘アクション部分では
  駆け引きを狙う事を覚えるとかなりオモシロいゲームになり、ハマれました
残念な点が多いです★★★☆☆
まず、前作の激忍3をプレイした人なら、まずキャラ選択時の読み込みに違和感を感じるでしょう。なぜ、激忍3の時のように一枚絵にしなかったんだろうと思うハズです。…ここが退化しているのです。
戦闘システムは進化しています。コンボキャンセルという上級者向けのシステムが今回導入されました。
あと、スリーマンセルモードの、合体忍術の少なさにも不満がありますが…迫力は大したモノです。
ほしい!ほしい!★★★★☆
3からかなりパワーアップしてますね。
個人的に戦闘中交代はいいと思います。キャラの愛称も戦闘に関わってきますし。
あと前作の強キャラ(イタチ等)の性能の改善がされてればいいかな。
四人衆は使ってみたい!あとチョウジにホウレン丸なんかの技があることに期待してます。

ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド

エレクトロニック・アーツ
NINTENDO GAMECUBE
ニード・フォー・スピードシリーズ最高★★★★★
アンダーグラウンドからアンダーカバーまでで一番面白いです。
操作性もよく、文句なしです。
バグ★☆☆☆☆
今は3000円ですが、購入した時は1500円でした。
あまりの安さに驚いた友人が買ったので、見せてもらうと…
ゲーム開始の30秒後、ゲームがビープ音を上げてフリーズしました。
何度繰り返しても同じ結果だったので腹が立ちました。

GC本体が悪い訳ではなかったので、すぐに返品しましたが…

安いのはバグが頻繁に起こっているからかもしれません。
買うのには注意して下さい。
レースゲーム★★★★☆
前作との比較で良い部分は、昼間のレースなのでコースが見易い。警察から爆走して逃げるのが快感。ショップを探す必要がなくなった。ストーリー要素が全面に出たシナリオモード。お手軽なチャレンジシリーズで遊べる。

悪い部分は、車種の減少。バウンティイベントで時間がかかる。(そのうえ逃げ切れず捕まると更に最悪)
何よりも一番残念なのは、このシリーズのウリであったハズの車をドレスアップする必要性がなくなり、パーツも各段に減少。こだわってドレスアップしても警察から逃げる為に、カラーリングを変更しなければならないことも…。

色々カスタマイズした、こだわりの車を走らせたい人は前作を。
外見はこだわらず、このシリーズならではのスピード感あるレースがしたい人はこちらをオススメします。
警察が・・・★★★☆☆
普通に町を走っていると、何の前触れも無くいきなり警察が出てくるところにストレスを感じた。
それだけならさほど問題は無いが、警察とのカーチェイスなどによって上昇するヒートレベルを下げるために、
気に入っていた車の外装を変えなければいけないのは嫌だった。
しかしレース部分の出来は非常に良く、レース中のカーチェイスにはとても興奮させられる。
また、警察とのカーチェスはGTAのようにさまざまな場所を走れればとても楽しいものになったと思われるので、そこが残念でならない。

ZOIDS VS II (ゾイドバーサスII )

トミー
NINTENDO GAMECUBE
   大型ゾイドを操縦して戦うことができる人気のアクションゲーム『ZOIDS VS.』の続編だ。
新機体が15種類以上追加され、機体バリエーションは100機以上。
自分だけのゾイドで友だちとの対戦を楽しもう。

   前作からさらにパワーアップされた今作では新モード、新機体、新キャラクターなどさまざまな要素が追加されている。
新モードの「フィストモード」では狭いステージでとにかく近接バトルを行う。
機体を重量型にするかスピード型にするかは、プレイヤーのファイトスタイル次第だ。
また、ファン待望の大型ゾイド「デスザウラー」や「デススティンガー」「ウルトラザウルス」「マッドサンダー」「セイスモサウルス」も操作可能となり、超ド級バトルを楽しめること請け合いだ。

   また、「シールドライガー」を含め新規ゾイドが15機種以上も追加され、基本機体は40種以上、カスタマイズできる武器は150種類以上となっている。
よりバラエティに富んだ対戦が可能だ。
(岡田幸司)

ボンバーマンジェッターズ (GameCube)

ハドソン
NINTENDO GAMECUBE
★WII本体で使用される場合、ゲームキューブのコントローラをWii本体のゲームキューブコントローラポートに接続してお使いください。Wiiリモコンやクラシックコントローラはご使用いただけません。また、ゲームキューブ用ソフトのゲームデータのセーブはゲームキューブ用のメモリーカード59またはメモリーカード251がご使用いただけます。Wii本体やSDメモリーカードには保存できません。
(本商品の宅配便送料は下記)   
【890円】九州、中国、四国、関西
【990円】北陸、中部       
【1190円】関東、信越、
【1390円】東北         
【1590円】沖縄     
【1790円】北海道
※商品代引発送をご希望の場合は、【商品金額+宅配便送料+代引手数料】以上3項目の合計額を商品到着時に運送業者へお支払いいただきます。※商品代引手数料は、お買い物ガイドに記載しております。