TVゲーム情報ブログ

クラッシュ・バンディクー 爆走!ニトロカート

コナミ
NINTENDO GAMECUBE
クラッシュと仲間たちは、タスマニアの我が家でのんびりと過ごしていた。
ところがある日、謎の光がクラッシュたちの家を包み、そのまま家ごと彼らをさらっていってしまう。
同じころ、コルテックス城でも異変が起きていた。
クラッシュたちの家をさらったのと同じ光が、コルテックス城を包み込み、 城の一部をもぎ取って行ってしまったのだ。
謎の光に家ごと連れ去られたクラッシュたちは、外に出てみてビックリ!
なんとそこは、大勢の観客エイリアンたちで賑わう、巨大なコロシアムの中だった。
キョトンとしながら辺りを見渡すと、同じく連れ去られたコルテックスたちの姿があった。
状況を全く把握できず戸惑う一同の前に、突然何者かのホログラムが現れる。
ベロ皇帝27世と名乗るその人物こそ、クラッシュたちを誘拐した張本人だった。
動きがカクカクしています★☆☆☆☆
コミカルレースの肝は押さえているのですが、随所に不満点がある作品だと思います。動きのカクカクさは非常に残念です。『マリオカートダブルダッシュ』のような滑らかな動きは全く見られません。「おはなしモード」はストーリーモードと謳いながらも、ただ淡々とレースをこなしていくだけなのは、起伏が全くなく退屈です。独自のドリフトターボシステム、ジャンプ台ターボシステムなどを取り入れてはいるものの、正直『マリオカート』のミニターボの方が俄然秀逸だと思います。アイテムの効能が『マリオカート』と酷似しており、なおかつ効果がありすぎて運的要素がレースにかなり絡んでくるのは対象年齢を考慮すると妥当(?)なのかもしれませんが、正直閉口の念が先行しました。仕掛け満載のコースはいいのですが、コース数が少ないので残念です。所々、『マリオカート』との比較を交えましたが、その所以はこの作品が非常に『マリオカート』に似ているからです。はっきり言って模倣と言っていい程です。個人的に模倣を批判する気持ちはないのですが、模倣という行為はその模倣した作品のおもしろさを越えてこそ意味があると考えています。しかし、この作品においては模倣対象の『マリオカート』よりも断然おもしろさが劣っています。模倣の真価を理解してからこのような模倣作品を制作してほしいと思います。

グラフィック:1/10
サウンド:2/10
操作性:4/10
システム:1/10
ストーリー:2/10
キャラクター:6/10

総合評価:1/10

おもしろいー★★★★☆
不満な事
・ロードが長い
・コースが少ない
 
いい事
・ムービーがいっぱい
・映像がきれい

PS版とは、違う感じでいいですね

初心者から上級者まで楽しめる★★★★☆
このゲームはクラッシュでのレースゲーム第二作目。
一作目でかなり面白かったのでこのゲームを買いました。
ターボ3段階のシステムもいいし、今作に出たチームアップ
システムもよかったです。ただ、アメリカでの販売があったためか
グラフィックがUSA調になっているのが唯一の残念です。
おはなしモード、タイムアタックなどのモードがあり、

飽きない一作だと思います。

初心者でも楽しめるレースゲーム★★★★★
PSでの前作、クラッシュバンディクーレーシングに続くレースゲーム。
僕も他のレースゲームは操作の仕方が良く分からず、
すぐに飽きてしまうのですが、このゲームはそんなことありません。
他のレースゲームを操作できない僕みたいな初心者の方にオススメのゲームです^^
RPGの要素も混じったおはなしモードやコンピューターや

友達とバトルできるモードなどいろいろな遊び方があり、
なかなか飽きることがないと思います。
前作とは違うコース、キャラ、アイテム、システムなど、前作とは一味違う作品となっています^^