TVゲーム情報ブログ

ポップンミュージック14 FEVER!

コナミデジタルエンタテインメント
PlayStation2
デザイン★★★★☆
が好きで今作14を購入しました。
賑やかに、カラフルにかっこよく可愛くまとまってて、かなりお気に入りです。
だいたいいつもデザインで買うかどうか決めますが、14は個人的に結構ツボです。

あと皆さんおっしゃってる通り、マリオブラザーズが消えたのにはショックでした。

マラソンモードも好きなモードだっただけに残念です。

キャラクターのモーションも同じ物が多くてなんかなーって思いました。

と、色々言ってもやっぱりよく遊んでます。
収録曲にディスコっぽさは無いですが良曲揃ってると思いますよ。

遊びやすさ・親切さは回を増すごとに良くなってますね!
0.5刻みとか本当に重宝してます。
14以前の作品で遊んでると0.5の大切さがよく分かります。

ポップンというゲームの楽しさには★5で、全体的には★4という事にしました。
今更ですが★★★☆☆
今更な上に他の方と同じような事しか言えないと思いますが…。


ベスヒといろはとPSの以外は全て買っている自分ですが、今回は微妙でした。

良い所はやはり0.5刻みのハイスピです。これがAC15で搭載された時は本当に喜んだので先行収録されて心底嬉しいです。
あとはシステム面の改良です。やはりシリーズを重ねる毎に使いやすいインターフェースになっていってますしぽぷっとプレイヤーやミニゲーム、特にプレイヤーは曲が粒揃いなポップンだけに息抜きには有難いです。

そして不満なのはやはり旧曲の再収録が申し訳程度以下なのが一番でした。正直、芋曲は人気曲やスタッフお勧め曲ぐらいで私的には充分なので……(好きなんですがね)
それからCS新曲が少なすぎです。エキスパートコースも1つはランダムですし…。

雰囲気や(一部を除き)収録曲はそのまま、それに対戦はかなり燃えるので損は無いと思います。まあその辺はポップンですから。
ただやはり熟練者や毎回購入者には手抜きや欠陥・粗が目立つので、特にCSいろはやカニバにハマりまくってその勢いで買うのはお勧めしません。

ちなみに私は対戦やって、やりたい曲だけフリーでやって、プレイヤーを起動する…という楽しみ方です(笑)
まぁまぁでしょうか★★★★☆
私は14フィーバーでポップンに入ったのですが、チャレンジモードの存在はありがたかったです。
レベルによって3ボタン、5ボタン、7ボタン、9ボタンと分かれていて、ポップンに慣れるというのには最適かもしれません。
ただ、前作に比べると収録されている版権曲が少なくなっています。
その変わりee'MALL曲が多数収録されてるのですが、Des-ROWの曲が多いのでファンには嬉しい一枚かもしれませんね^^
ee'MALLの曲はプレイするごとに溜まっていくポイントで購入することができます。
このシステムはなかなか面白かった(笑)
プレイキャラが設定してもいないのに2Pカラーになっているときは選曲画面を要チェックです。
システム調整も細かく出来るようになっているので、そこは流石最新作、といったところでしょうか。
ただシークレット解禁は先に進むごとに解禁するための条件が難しくなっていくので、最初のうちはちょっときつかったです;
評価は人それぞれだが★★★★☆
前作との相違点は

前作の曲が一切収録されていない(ただし、エキスパートコース関連での収録はアリ)
ee'mall曲の収録
Hi-Speedがより細かく(1→2が1→1.5→2→2.5)
解禁イベントの難易度選択

今作が評判の悪い理由は上記の一点と、もう一つ。

音質、音量に色々と不備があったりします。
個人的な事ですが、13からのCS収録曲を作成するコンポーザーが変わる(12までCS専門に曲を作っていた方がいらっしゃったが13にてほぼCS収録曲をAC収録曲を作成するコンポーザーになりました)

CS収録曲が、移植が多く、私的に10から13まで皆勤の猫叉Masterさんがいなかった点は大きかったです。

が、AC収録曲はどれも良曲が多く(個人的ですが)一回プレイしてすぐ「これはダメ」と判断してはいけないような気がします。やり込めばやり込むほど味が出てくる曲が多く存在しています。

「スーパーマリオブラザーズBGM」と「UKガラージ」は未収録です。

どれも自分にとっては良かったのですが、色々と新しいことをした為、不評が多いですが、13を持っている自分としては特に問題は無かったです。

そして14には最高難易度とも言われる曲、「プログレッシブバロック」が収録されています。
曲もとても良いですがEX譜面が鬼です。42Lvの曲も6曲収録されており、上級者にとってはとても買いだと思います。

前回までの当たり前の仕様が少し変更されただけなのですが、良曲は多いので買って損はないです。ただはじめての人は8をオススメします。こちらはスタディモード(初心者用の簡単なモードです)が充実しており、AC,CS収録曲共に評価が高いのでこちらは買ってお得です。廉価版が出ているので、是非そちらを。
これからポップン始める人へ★★★★☆
 最新作のこのポップンから参加しようかなと思ってる方へ。
 版権曲は極めて少なく、6曲くらいしかありません。パッケージの裏には「しってる曲がたくさんある!」と書いてありますが、100曲以上あるうちのわずか6曲くらいでは、たくさんとはいえません。なので「少しでも聞いたことのある曲が多い方がいい」、あるいは「はじめだから安く挑戦したい」と思われるならば、個人的に「10」をお薦めします。こちらは(アニメメインですが)版権曲が10曲以上あるし、ザベストなので値段も安いです。ザベストになった中でも一番最近のものなので、システム的にも他ほど不備はないでしょう。
 ただこの「14」はスピード調整も細かくできたりシステムでは洗練されていますので、上に書いたのとは逆に「高くてもいいし、知らない曲ばかりでもいい」という方は、「14」でいいと思います。
 最後に、このゲームは別にうまくならなくても気軽にペチペチコントローラ叩いて遊ぶのだって許されるゲームです。ポップンやったことない友達にやらせてあげるとみんな当然下手だけど楽しくやってます。敷居高いなーと思う必要は一切無いです。楽しいです。オススメです。