TVゲーム情報ブログ

サイレントヒル ゼロ

コナミデジタルエンタテインメント
Sony PSP
惜しい!★★★★☆
なんとも惜しい作品です。
まず主人公ですが
他のレビューでもあるように歴代の主人公は何らかの形でサイレントヒルに関係のある人物でした。
しかし今回の主人公は
意義はある(アレッサを探す、記憶を辿る)のですが最初の目的は単にアレッサを探すだけです。
これは今までのサイレントヒルとは
大きく違う点です。
また、サイレントヒル1以前のストーリーですがいまいち噛み合ってません。
最後にハリーが妻と
シェリルを拾うシーンが音声のみでありますが
それぐらいです。

あと、個人的には
打撃武器は壊れるものが沢山より
壊れないものが3、4個あれば良かったと思います。
(鉄パイプは出て欲しかった…。)
ですが、今は値段も下がりましたし
ベスト版が3000円以下で買えるので
興味がある方は
是非買ってプレイしてみて下さい!
楽しめた★★★★☆
サイレントヒルシリーズは過去の作品全てクリアしてる
サイレントヒラーです。基本的にホラーで暗い感じのゲームが
好きで、サイレントヒルはそのイメージにぴったりで、
1作目から楽しんでプレイしてます。

今作から制作が海外のチームに変わったせいか、
ゲーム全体の雰囲気が少し変わった感じがしましたが、
しかし視界の遮られた霧の中を探索したり、異世界に飛ぶと血と
錆びの世界になるなど、サイレントヒルらしさは失われていません。

今作では武器にテレビやその他身の回りの物をいろいろと使うことが出来ます。
しかしメインの武器が固定されてくると、そういった雑多なものに頼る事は
余りありませんでした。そういう意味でこのシステムに目新しさは無かったです。

難易度は結構高めで、終盤は攻略情報を見ながらプレイしてました。
結構マップが広いので、次の目的地が判らず行ったり来たりしてると、
固定位置の敵の攻撃を喰らい死んでしまう事が多かったです。

PSPでサイレントヒルがプレイ出来ることが嬉しかったので、
夜、部屋暗くしてベッドで寝転がってプレイした記憶が蘇ります。
操作性とカメラアングルの悪さが難点★★★☆☆
シリーズは「4」以外はプレイ済み。

「サイレントヒル」の雰囲気は出ているけど、表面的な世界観をなぞっただけという印象で、今までのように「精神を侵食されるような恐怖感」をあまり感じない。他の人の指摘にもあるように、「裏世界」が単に「マップ攻略のための別ルート」にしかなっていないからだろう(ほとんどが「扉が開かないので、裏世界に入って遠回りして表世界に戻る」というパターン)。クリーチャーの種類も少なく、デザインにも象徴性が足りないように見える。

操作性やカメラアングルもイマイチ。画面が切り替わる時の視点変更に直感的な操作感とのズレがあり、画面が切り替わった途端に逆走→また前の画面に逆戻り、という事が多発。戦闘時のカメラ視点も悪く、目の前にクリーチャーがいるのになかなか視界に入ってこないのでイライラする。

また、主人公の攻撃モーションの遅さもあって、見た目の間合いよりもはるか手前で攻撃しないと先手を取られる事が多いので、恐さよりもストレスを感じてしまう。今までのシリーズと違って、ライトとダッシュのボタンが違うのも違和感。

しかもそうした慣れない序盤から中盤にかけて回復薬の入手量が圧倒的に少なく、もともと主人公の体力も低いので、特に療養所辺りまでが辛かった。

また、やたら近距離武器が手に入るくせに壊れやすいものが多く、ほとんど一〜二匹で使い捨て。ナイフやハンマーならともかく、テレビやトースターやタイプライターを山ほど持ち歩いている不自然さにも笑ってしまう。

ストーリーもあって無いようなもので、あえて「1」の前エピソードとして出す事で新たに明らかになるような謎や伏線があるようには思えなかった。
初プレイ…面白いけど…★★★☆☆

サイレントヒルシリーズ初のプレイです。

私的にあまり怖くありませんでした。

謎解きも簡単ですし、何よりボスが弱すぎます。
銃を連弾してたらすぐ死にます。

銃の弾、武器等がそこかしこにあり
雑魚敵に使っていても最後に何個か残ります。

私はトラベスが走れるという事を知らなくて、ずっと歩いていましたが2時間程度でクリアしまいました。
歩いていてもクリーチャーと歩く速度が同じなのか追い付かれませんでした。

ですが裏世界ではライトを点けないと何にも見えなくてイライラします。
まあそれがこの作品のメインなのかもしれませんが。

最終的に話が良く分からなかったのですが、これは他のサイレントヒルをしたら理解出来るのでしょうか…。

という事で他のもしてみたいと思います。
微妙★★★☆☆
歴代の主人公は、何らかのサイレントヒルとの関連を過去やらにもっていて、そうでなくとも少なからず理由があって異変に巻き込まれていくのですが。

ゼロは、まったく無関係のオッサンがただのお節介で突き進むお話。

1に繋がるかのようなストーリーに仕立てあげてますが、主人公が主人公だけにちょっと分離してます。こじつけ感満載です。

ちなみに壁に密着すると、カメラが主人公にめり込んで裏側が覗けるのですが、それが今作最大のホラーです