TVゲーム情報ブログ

SILENT HILL4 THE ROOM

コナミ
PlayStation2
   人気のアクションホラーアドベンチャー「サイレントヒル」シリーズの第4作目。
「THE ROOM」と言うタイトルが付いているように主人公の部屋から異空間と現実、表と裏の世界が繋がった瞬間に恐怖が襲いかかる。


   主人公のヘンリーはアッシュフィールド市のとあるアパート302号室で平凡な日々を過ごしていた。
しかしいつしか彼は不気味な幽霊の夢を見るようになる。
そして悪夢が続いたある朝、玄関には鎖がかけられ部屋の外に出ることができなくなってしまった…。


   ヘンリーの部屋に繋がる異世界は一つではない。
複数の「裏」世界が待ち受け、クリーチャーとの戦闘が繰り広げられる。
シンシアという謎の女性、そして新たな敵ゴーストの存在、複雑に絡み合う複数の裏世界にサイレントヒルの恐怖の謎解きが始まる。
(岡田幸司)
これはこれでありじゃないか★★★★☆
レビューがひどく低かったのでおそらく勝手にハードルが下がっていた分おもしろく感じたのもあるかもしれませんが,雰囲気は違えど楽しめました。
生理的な気持ち悪さが減ってその分不気味さが増えた感じです。

おそらく死なない敵という怖さを狙った部分が大きいんでしょうけど,サイレントヒル3をやったユーザーなら逃げながら進むことになれていると思うので別に何とも思わないはず。

ボスにとどめを刺すアイテムをいくつ持っているかでゲーム難易度が大幅に変わります。私は探索能力が乏しいので2個しか手に入れれませんでした。なので歴代で最高の難易度でした。(すべてのボスを倒すと非常に簡単)

というかこのゲーム新要素がものすごく多いのにほとんど説明がないので1週目は苦戦する人が多いのではないでしょうか。
これはこれで★★★★☆
これはこれで、良かった。でもゴーストはいらないかな。
駅のエスカレーターの壁から出てくる化け物が面倒くさかった。
シリーズで一番心霊要素が強いかも★★★★☆
なにかと賛否両論が多い4作目でありますが、やはり今までとは異なった作りになっていることが大きいでしょうね。
例に出すと、●サイレントヒルの街が出てこない●懐中電灯が無くなり、暗闇を照らしながらの探索が無い●敵のデザインがいまいち(2作目の三角頭に並ぶものを出してほしい)●無敵のゴーストが出てくる●アイテムの所持数が限られており、しかも困るぐらいに持てる数が少ない●UFOエンドが無い、など。
グラフィックはさすがに綺麗ですが、3作目と同時進行で制作されたそうで、前作との大きな差が無いのは残念。
主人公の部屋のみ主観視点になってますが、操作性が良く、どうせなら全編主観視点でも面白かったかもしれませんね。
あと、今回出てくる登場人物や舞台は、2作目と3作目をやっておくと、ニヤリとさせてくれる関連ポイントがありますよ。
ちゃんとサイレントヒルです。★★★★★
自分がプレイした感じでは、ちゃんとサイレントヒルでしたよ。
むしろ、前作までの作品に対する開発者の愛すら感じました。
1,2,3をプレイしていると、話がつながっているのがわかります。

ただ、今回の主人公は、いなくなった子供を全力で探したり、死んだはずの奥さんを探したり、父親の仇うちに必死になったりはしません。
ただ部屋から出たいだけです。
ヒロインを助けようというくだりもありますが、ただの隣人なので深い愛情があるわけでもなくて、必死になる動機に欠けてしまう。
主人公の行動力の元になる愛が足りないなぁと思いました。

その代わりと言っては何ですが、敵さんは愛情満載で登場します。
愛によって突き動かされています。渇望とでも言いましょうか。
敵の気持ちに感化されて、肩入れしたくなる人もいるんじゃないかな。
被害者には申し訳ないが。

被害者の皆さんであるゴーストはホントに怖いです。寒気がします。ボスゴーストなる強いやつもいて、非常に厄介です。

PS.前半は回復薬は節約するか、使わずに温存しといてね。詰んじゃうから。

良い★★★★★
個人的には良いと思えましたね。
とにかく尋常じゃないホラーっぷりは流石の一言に尽きる。
倒せない敵のゴースト、部屋の中では自分視点(結構操作しづらい)、特にゴーストが初心者にも古参の方にも受けが悪いかと思います。
追われる緊張感を持てるのはいいが、度を越すとストレスに変わるもの。
シリーズ中1、2を争うくらいの不気味さとダークさを兼ね備えた本作は別に駄作とは思わない。
むしろ、過去作が優秀すぎるグロテスクさとドラマの対比があるからこそ本作が劣って見えるのでは?
個人的にシリーズ中傑作とは呼ばないが、充分満足出来る内容でした。
このゲーム毎度思わされるが体力使いますね(笑)