TVゲーム情報ブログ

プリンス・オブ・ペルシャ 二つの魂

ユービーアイ ソフト
PlayStation2
『移動』を意識した作りに★★★☆☆
プリンスオブペルシャ三部作シリーズの最終作です。
続編のゲームにありがちな初見プレイヤーには厳しい要素があるので、シリーズ未経験者は過去作「時間の砂」、「ケンシノココロ」とやってからやるのをおすすめします。
ストーリーも過去作をやっていれば「なるほど」と思える終わり方ですし。

さて、本作「二つの魂」は過去作と比べるとアクションが増え、よりアクロバティックな移動を楽しめるようになっています。
今から見てみると「時間の砂」は謎解き要素、「ケンシノココロ」は戦闘や一発死の恐怖と戦うゲームでした。
こんな感じで命名すると「二つの魂」は移動やイベントを楽しむものではないでしょうか。
難しい謎解きや嫌らしいトラップは少なく、進むべき方向は非常にわかりやすく作られています。
ゲームを進めていると特定の場面でダークプリンスに変身することもあります。
ダークプリンスは生身の状態よりも使用可能なアクションが増えていて、移動を楽しめます。
そしてイベントシーンが豊富なのも特徴です。
馬車に乗ったり、巨大なボスとの戦闘が単調になりがちなゲームに刺激を与えてくれます。

非常に欲で居ているゲームだとは思いますが、欠点はいくつかあります。
まず、三部作通して根本的なシステムが変わっていないので飽きやすいこと。
そして「二つの魂」は死の恐怖が薄れてしまい、ゲームとしての緊張感が失われていること。

単純な娯楽作品としてみるならば、本作は非常に完成度が高いゲームです。
多彩なシチュエーションや定期的に挟まれたイベント・ボス戦、三部作で一番面白いストーリー。
三部作の最終作としては十分な出来だと思います。
三部作も★★★☆☆
三部作もこれで終わり。
個人的に凄く好きだったリメイク版POPシリーズ三部作。
あまり取り上げられないのが悲しい。是非一度手に取って欲しい秀逸な出来です。

恐らく次回作は次世代機の発売でしょうね。一作目のヒロインファラが出てきたのが嬉しいです
3部作完結編★★★★☆
PoPシリーズ3部作の完結編です。
前作「ケンシノココロ」での不満点が改善され、今回は非常に遊びやすくなっています。特に、敵との戦闘が単調で面倒だった前作と違い、ボタンをタイミングよく押して敵を暗殺する「スピードキル」という技が採用され、ゲーム進行が爽快かつスピーディーになりました。
好評だったアクションシーンは、プリンスの暗黒面とも言える「ダークプリンス」が登場し、彼を操作するステージではよりアクロバティックな操作が楽しめます。
ゲーム自体は本当にサクサク進み、グラフィックもかなり美しい(特に光の表現が素晴らしい)のですが、その高画質なグラフィックのせいか、やや処理落ちが目立つのが残念でした。やはりPS2では限界があるのでしょう。次回作は、恐らく次世代機での発表になると思いますので、そちらに期待したいですね。
強引に完結編を。★★☆☆☆
プリンスオブペルシャ三部作の完結編と言う事で、かなり期待をしていましたが失望しました。
前2作をプレイしていないと面白さも半減、ストーリー、トラップや移動方法などもわかりにくい。

問題は今作の売り「スピードキルシステム」と「ダークプリンスへの変身」である。
スピードキルは敵に気づかれずに通常戦うより楽に倒せるシステムなのだが
これを使わないと問題となるザコ戦闘は少ない。
カッコいいフィニッシュ場面を見たい人はお奨めだが、タイミングでアングルが悪い時がある。
アクション要素が減ってるので、私はコンボなどを使いどんどん進んだ。
逆にBOSS戦ではタイミングさえ覚えれば、作業的に倒せてしまうのも残念。

シーンの区切りごとに「ダークプリンス」に変身し、攻撃、移動方法などが大きく変わっていく。
しかし「トゥームレイダー」の様に、鎖を使って移動する手段としての要素が大きい。
これだけの為に変身しているような感じもする。
新たなMAPの移動手段として採用したのだと思うが、使えるステージも少なく残念。

とりあえず難易度をハードにすれば、「スピードキル」のシステムも活きてくると思うが
何度もプレイしたい要素が少ない。とりあえず話の結末を見るために購入したような結果となった。
尚、バグも多数あり3作の中では最低。
プリンス・オブ・ペルシャ完結作★★★★☆
 プリンス・オブ・ペルシャは3作目で完結することになった。今回も時間の流れを操作する力と,多彩なアクションはそのままで,本作は主人公(プリンス)と主人公の心の闇の具現化したプリンスを交互に操作するようだ。
 ストーリーは,不老不死の力を得ようとする大臣によって,時間のダガーがうばわれてしまう。主人公の恋人であるカイリーナに秘められていた時間の砂の力を吸い出すために彼女の命も奪われてしまう。復讐を誓う主人公の前に記憶を失ってしまったかつての恋人が現れる・・・