TVゲーム情報ブログ

プリンス・オブ・ペルシャ~時間の砂~

ソニー・コンピュータエンタテインメント
PlayStation2
   1989年に生み出されたアクションアドベンチャーの草分け的タイトル「プリンス・オブ・ペルシャ」を、現在の最新技術を使って新たに作り直した作品。
北米、欧米などで先立って発売され、各国で数々の賞を受賞している。
オリジナル作品の「モーションの滑らかな美しさ」「ゲーム性を重視したステージ構成」「ゲーム性と物語の融合」といった点を重視し作られたのが大きな特徴だ。


   プレイヤーはペルシャ国の王子となり、「時間のダガー」と「時間の砂」の秘められた謎によってモンスターと化してしまった父や人々を元の姿に戻すため、その謎を解き明かす戦いへと身を投じていく。


   主人公の行える基本アクションは大きく分けて5つ。
歩く、走る、ジャンプする、剣で攻撃する、駆け上がる、防御するがそれにあたり、さらにそれぞれの基本アクションを組み合わせることでさらに多彩なアクションを行うことも可能。
敵の攻撃を逆に利用して大ダメージを与える「カウンターアタック」、ジャンプでは飛び越えられない大きな穴を飛び越すも可能な「壁走り」など、あまたのアクションが本作には用意されており、それらを駆使しながらトラップを切り抜けたり謎解きを行ったりしながら、真相の究明に挑んでいく。
(田村 雅)
アクションゲームでは他に類を見ない時間を操るシステム★★★★★
アクションゲームではありがちな穴に落ちてしまったり、敵から強力な一撃を受けてしまっても大丈夫。
時間を巻き戻して何事もなかった事に。

難易度も高くなく初心者でも大丈夫。

上級者はかっこよく敵を倒して爽快にプレイ。

こんなゲーム見たことがない。
流石プリオブペ★★★☆☆
初代 プリンスオブペルシャが大好きな妹に楽しんでもらおうと思って購入。

結局彼女はせずにおれがやることになるのだが…



アクションが面白く縦横無尽にマップを駆け回る感じがとてもよく、いざという時も時の砂で戻せばOK

何度も失敗して成功パターンを見つけるという昔からある概念の中でPLAYできるのはいいです。

グラフィックも結構細かくて洋ゲーらしいテイストでよい。

ヒロインは微妙ですが弓で援護してくれるのはいいですね。

今でも時々PLAYしたくなる良作です。

「プリオブペ」は多分うちしか使わない略語w
素晴らしい★★★★★
今をときめく人気声優三木眞一郎さん、朴ロミさんが出演されてます。

「海外のゲーム会社が作ったなんて絶対面白くないだろう」と思ってました。
この手のアクションゲームにしては珍しく中東って言いますかアラビアンな雰囲気。
ゲーム中の主人公、ヒロインの顔・・・・。
日本のゲーマーにはちょっと受け付けないんじゃないのかなと思ってましたが。

なんなんだこの爽快感!!普通に敵を切るだけじゃない!タイミング良く
×ボタンと十字キーを使うと敵の後ろにジャンプ!カメラ位置まで変わって敵をザックリ!
簡単操作でスタイリッシュアラビアン!

様々なアクションに繋げる壁走りもスタイリッシュ!体力を水で回復するってのもなんか砂漠っぽさが出てて良い!!
ストーリーも主人公が物語を語るような感じでナレーションをしていて、
例えばゲームオーバーになると主人公が「いや、そうじゃない。もう一度話そう」なんて演出がしびれる!!
(ボソボソで若干聞こえづらいですが・・・・)

・・このくらいの高さから落ちて人は死ぬのですか?なんてちょっとスペランカーでシビアな所もありますが(笑)とても面白い。..
海外のゲームなんて今までしようなんて思わなかったけど、このゲームでそれが間違いだと言う事を思い知らされました。
主人公とヒロインの顔を雑誌なんかに載ってるイラストの顔に近づけたらもっと良いんじゃないかな。
主役もヒロインも悪人顔に見えました。でもほんと、純正統派「アクションゲーム」って感じ。舞台が中東、で元が海外のゲームって事で、
抵抗がある人が多いと思うけどそんな事は言わずに絶対一回はやってみて欲しい
アクションとしては・・・★★★☆☆
アクロバティックな主人公や世界観がまるでディ○ニーのア○ジン
を思い起こさせる、新しいようで懐かしいようなアクション。

壁走りやロープアクション、時間操作などの要素が極めて特殊で
魅力的である。

が、いざ物語を進めていくと、限られた場所や状況
でしか効果を発揮できなかったり、
時間操作のように、死に直面しそうになっても時間を戻せたり
使い方によっては死の運命を変えられなかったりと、
中途半端な部分が多いように思う。

しかし、光、水などのエフェクトの美しさ、戦闘のスムーズさ、
ロード時間の極小さなど、見方を変えると非常に完成された
作品であることも分かる。

ただただ爽快なアクションを求める方にはあまり面白く感じられな
いかもしれないが、ゲームを様々な視点から見て全体的に楽しめら
れる方には意外と満足できる作品かもしれない。

自分はもう手放してしまったが・・・。


面白いゲームとは?★★★★☆
初代プリンスオブペルシャ。知る人ぞ知る伝説のゲームである。その3D別バージョン。
実は2作目の「ケンシノココロ」をプレイしたくて、3部作だからと購入した1作目である。

正直アクションは苦手である。それに戦闘が加わると、苦手を通り過ぎてしまう。
昔、同様のゲームをプレイしたが、洋ゲーの難易度に挫折し、以来殆どプレイする事は無かった。
今作を実際プレイしてみて、作り方一つでこんなに戦闘や謎解きが楽しいのか。と思ってしまった。
謎解きに関しては、セーブポイントで今後の展開が簡単に見れるようになっているので
何をすれば良いか迷った時の目安になった。
また、単調なプレイにメリハリをつけたのは、途中から謎解きや戦闘をフォローしてくれる
サポートキャラの存在である。
会話のやり取りが楽しく、また戦闘でも心強い助けとなる。(ならない時もあるが)

リメイクとなると、やたらと力が入ってしまう事が多いが、今作で成功したのは
初代が持ち合わせた移動アクションや一撃死なども、時間が戻せるアイテムで緩和し
さらにストーリーを重視し、アクションの爽快さなどを強くした事で
ライトユーザーを取り込めたことが要因かと思う。
勿論、おまけで付いている初代プリンスオブペルシャは難しすぎて挫折しました。