TVゲーム情報ブログ

ラーゼフォン蒼穹幻想曲 Plusculus

バンダイ
PlayStation2
   TVアニメやマンガ、小説、映画とさまざまなメディアで評価を得た「ラーゼフォン蒼穹幻想曲」を題材にした3Dアクション&アドベンチャーゲーム。
アニメ版と異なる展開のifシナリオも、原作者自身の手で練り込まれている。

   21世紀初頭、突如出現した「TOKYO JUPITER」と呼ばれる木星に似た不思議な膜に覆われ、外界と隔絶された東京。
そこに住む人々は外の世界が消滅したと思っていた。
そのうちの1人である「神名綾人」は、絵を描くことが好きな17歳の高校生だ。
彼はある日、瓦礫と化した街で、自分が描いた絵にそっくりな少女「美嶋玲香」と出会う。

   ゲームは、神名綾人を取り巻く登場人物とのコミュニケーションによって情報を集めるアドベンチャーパートと、ラーゼフォンに乗り込んで、敵ドーレムと戦うバトルパートに分かれている。
アドベンチャーパートは、従来のコマンド選択型ではなく新しいインターフェース「ロックオンシステム」を考案したことにより、プレイヤーの選択を思考的ではなく直感的に判断させるようにしている。

   ゲーム中のアニメーションシーンは新作部分を含め20分以上が収録されている。
原作では「TERRA」所属として「MU」のドーレムと戦った綾人だが、本作では選択次第で「MU」側、あるいは「バーベム財団」の一員となるifシナリオも用意されている。
さまざまなメディア展開をする「ラーゼフォン」の集大成ともいえる作品と仕上がっている。
(岡田幸司)

至高のキャラゲー、ラーゼフォン好きははまるが・・・★★★☆☆
このゲームは所謂キャラゲーとは一線を駕しています
作りこみが深く、アニメ版にないストーリーを楽しめたりとファンは納得の傑作と言っても良い。
大まかにルートは三つに分かれ、キャラ毎のエンディングも見れるので、原作に不満があった人には本当にありがたい仕様です。
戦闘は至ってシンプルな基本的に攻撃するだけ、武器も多い?が攻撃法方は少なく戦略性はないので飽きる。
ただしこのゲームはあくまで原作ファン向けに作られており、アニメを見て無いと展開に着いていけません。
100%楽しみたいなら必ずアニメを見ておく事をオススメします・・・(経験者談)
不満な点を言えばもう少し移動できる場所が多ければ良かったな、と思うくらいでしょうか。
ファンならかなり買いかも。★★★★★
アニメを基にしたこの手のゲームは多いですし、その完成度は本当にピンキリです。
このゲームは全体的な完成度の質としては平均的といったところ。

ただ、男女問わずほとんど全登場人物と親密な関係になれるif的な面はすごすぎ。確かにオチが止め絵一枚とはいえ、ルートのことも考えると、ここまでやるか。という人数です。

あと、やはり特筆すべきはルートによって、恐ろしいまでの長さと展開を持ったストーリーが展開することでしょう。
ファンサービス的なこの手のゲームにしては、ここまでやってるのはかなり貴重かも。
他のこの手のゲームに見習って欲しいくらいの、ちゃんとした長編ストーリーが展開します。
フルボイスでここまで長い話を作るのは殆ど異例かも知れませんね。このルートがやれるだけでもコアなファンには買い要素は十分かも。

付属のDVDに入ってるストーリーと質はちょっと???なところもあるのですが、絵は綺麗ですし、ないよりはいいか。といったところ。

ラーゼフォンのファンなら、買えばそれなりに楽しめるとおもいます。
これは…★★★★☆
ラーゼフォンのゲームということで買ったワケですが…
このゲームにはDVDがついており、アニメ、映画、小説etc...などを見たあとにこれを見ることで全ての謎が解き明かされ、本当の意味でラーゼフォンを知ることになると思います。
冊子もついているのでラーゼフォンファンには堪らないと思いますし。

ゲームの方はガンダムSEED 連合VSザフトのような感じとは違うながらもそれに近い戦闘でシミュレーション系が苦手な人でも簡単にクリアできる難易度です。
なので強いCPUが良かった!という人は少しダメかもしれませんが。

シナリオパートでは同じ会話を何度もしなければならない面倒さやポイントの貯まりにくさなどがありますがやっていく内に気にならなくなりますし、サブシナリオなどやバーベム財団ルートやムールートへ行くことが出来るだけでなく、遥以外にも恵とかキムを攻略していくことも出来るのでラーゼフォンファンには堪らない作品になっていると思います。

そしてフルヴォイス(のはず(うろ覚え)なので声が途中で切れている心配もないですし。

TVとは異なるシナリオが面白い★★★★☆
TV準拠のストーリー展開をなぞることもできるが、ムーリアン
として生きる展開(ムーリアン編)やTERRA及びバーベム財団と
全面対決して独自の活路を見出す展開(バーベム編)のシナリ
オが面白い。
バーベム編では、べルゼフォン(クオンゼフ
ォンとは違う)や最強の敵ゲラルパウゼも出現するし、イシュ
トリとの新たな関係も見出される。

アクションもいいが、各種キャラクターとの会話を楽しむゲー
ムとして、ラーゼフォンの世界を堪能できるのが良い。

システム★★★★☆
プレイした感想は、ストーリーに関係の無い話が多い
何度も同じ会話を聞かなくてはならない
しかし、戦闘システムはよいとおもう
ロックシステム、敵に叩けるなど
よってお勧め度は4にした
これはラーゼフォンファンのための1本といっても
過言ではないソフトでしょう