TVゲーム情報ブログ

シャドウハーツ2

アルゼ
PlayStation2
   スリリングなバトルを楽しめる戦闘システムと怪奇ロマン的な世界観が人気を博した、秀作PRG『シャドウハーツ』の続編。
PlayStation2登場当初まだまだ面白いRPGが揃っていないと言われていた時期にタイトル充実に貢献した名作といえるタイトルだ。


   本作は、前作の半年後、フランス北部の小さな村「ドンレミ村」から始まる。
1915年、第一次世界大戦勃発後という設定にオカルティックで幻想的な雰囲気をブレンドした独特の世界観は健在で、ヨーロッパから極東へと駆け巡る壮大な物語を楽しむことになる。


   ボタンを押すタイミングが攻撃や魔法の効果を決定する「ジャッジメントリング」システムを採用しており、さらに「コンビネーション攻撃」という要素が加わったことで、より戦闘の戦略性と緊張感を生み出すことに成功している。
(冬畑耕作)
RPGの中で最高傑作!★★★★★
まず体験盤をプレイしたがウルという男を知りたくなり購入。
期待以上でした。
話は史実と絡め架空のキャラ達と旅をします。
話が素晴らしいし、かつ深い。
ウルは結局自分の死を選ぶ(GE)が最初は受け入れられない程ショックになる位ハマった。
ギャグを無理に入れるのでこの部分は好き好きが分かれますかね。
でも話の根幹はしっかりしてるので気にならなかったですよ。
1は後でプレイしたが2がややオカルト色は薄まり、万人向けな感じ。
ムービーが豊富でキャラや話により感情移入できる。
音楽もよかったですよ。
話も途中から号泣。
父と再会し戦うイベントでも号泣。
エンディングでも号泣。
ちょっとエロがありますが。
ヒロインカレンは今までプレイしたキャラの中で、最高の女性です。
もっと知られてもいいと思う作品。
あのF〇シリーズなど足元にも及びません。
未だ売らず取ってある作品。
最高傑作★★★★★
発売日にたまたまやりたいゲームがなくて手を出したのがコレ。
偶然買ったにしては最高のゲームでした。コンポーザーに光田氏や伊藤氏がいるというのも素晴らしい。
ムービーもぼちぼちあって、綺麗な映像でありながらすごく面白いゲームです。
キャラクター、ストーリー、システム、演出など、自分にとっては最高でした。
文句なし。

え?wて思ったのは「なんじゃこりゃああああ!」くらいでしょうかww
荒々しくも情熱を感じる作品★★★★☆
正直な話、大手メーカーの作品の様に万人向けではありませんし、システム(disc2のセーブ)に不備があり敬遠されやすい作品です しかしそれをカバーして有り余るほどの“熱”を持つ作品です

魅力的な登場人物、ある種異常とも言えるアイテムとモンスター解説と設定、軽快さと戦術性とある程度の緊張感を兼ね備えるジャッジメントリング戦闘及びシステム、やり込み甲斐のあるサブイベントとスコアランキング、そして各所にギャグ要素を散りばめながらもブレのないストーリー……………初期のFFやDQに感じたあの“熱”がこの作品にあると私は確信しています

惜しむらくはセーブデータが破損する可能性があることと一部ムービーのギクシャク感(ベスト版では改善されてるそうです)で☆4つです
今までで最高の作品★★★★★
2004年2月にこのゲームが発売されました。
CMで気になったため発売日に買いました。
1の続きだということに若干のショックを受けましたが、話の流れで大体のストーリーはわかったので問題ありませんでした。
それ以上に面白さがありました。
他の方は1からやったほうがいいと答えていますが、2からでも大丈夫だと思います。
友人数人に薦めましたが全員が2からでもかなりはまりました。
ですが、より楽しむのなら1からプレイしたほうが良いかとは思います。

いままで有名どころ、マイナーどころ、数々のゲームをプレイしてきました。
数100本のゲームはクリアしたでしょう。

ですが私の人生の中で今でもこのゲームを越える作品には出会えてません。

アルゼの開発チームであるノーチラスが解散し、続編の希望は薄いですが会社が潰れない限り何年経っても待ち続けます。

素晴らしい!感動した★★★★★
戦闘はあっさり過ぎず、こってり過ぎずでやり込めます。
前作もなかなか良かったですが、こちらは更に感動しました!
前作のヒロインが死んでしまってからの物語です。
私は前作のヒロインが良かったですが、2のヒロインは攻撃に対しても、魔法に対しても結構動けるヒロインなので扱い安いです。
設定もストーリーも文句無しです!
ただただ感動しちゃいます!
買って良かったです。