TVゲーム情報ブログ

【Amazon.co.jp限定】デススマイルズ 対応スティック

ホリ
Xbox 360
結構厳しい評価だが★★★★★
ベースのリアルアーケードPro.EXと違って、ボタンレイアウトがファイティングスティックEX2に準拠したものになっています。
これは実は、かなり重要な部分で、ボタンエディットの時に綺麗にLR部分に主要ボタンが来ないような設計になります。
おまけにメインの4ボタンに主要機能を割り当てるように組めるため、ハードウェア的な部分や外見的な部分、値段の面を除けば、リアルアーケードPro.EXより、実は有利な点を持つことになります。
格ゲー用に買うと…★★★☆☆
痛い目にあいます。

まず配列を見てください。Bボタンが左上に来てます。

Bボタンは殆どのゲームで、キャンセルボタンとして使われる事が多いので、
慣れるまで誤操作する事が多いかと思われます。

あと、天板の絵です。この天板絵はとても剥がれ易い仕様です。

何を血迷ったか、保護コーティングが全くされてません。
自分で保護フィルム付けるなりしないと、痛い目にあいますよ。

後は値段です。正直、値段相当ではありませんね。
レバー三和はいいとしても、ボタンは自社製とか。換装必須ですよ。

以上な感じで、あまり格ゲー用としてはオススメできない代物です。
ファンアイテムとしてはいいんじゃないでしょうか?
でもせめて、デスマ用ならセイミツレバーで出すべきだと思いました。
ファンアイテムとしては微妙、素体としても高価だが…★★★☆☆
ホリのリアルアーケードPro.EX SEの色違いでレバーが三和、ボタンがホリといったファンアイテム。
しかし天板は印刷がむき出しでリアルアーケードPro.2や2SA・3SAのように表面がコーティングされておらず使用していたらおそらく印刷が削れてくると思われます。
それってファンアイテムとしてはどうなのよ?という感じです。
おそらく雰囲気的につや消しの表面を狙ってのことなのかと好意的に解釈してもいいのですが、それならつや消し素材でコーティングすればいいわけで、印刷むき出しはないわ、と思いました。
それからボタン配置はリアルアーケードPro.EX SEと同様なのですが、レバーが三和、ボタンがホリという…シューティングをプレイするにはおおよそ向かない仕様です。
レバー三和はまだアーケードでも現在の主流が三和になりつつあるので仕方ないかという範囲ですができればセイミツ製に換装した方がいいですし、ホリボタンは出荷時の状態でもぐらついていて使用するのに難ありでホリボタン自体の操作性がどうにも…というところなので、これもセイミツなり三和なりのボタンへ交換必須です。
そして、レバーとボタンを換装することが前提の素体として買うにも、新品の定価は高すぎます。ノーマルのEXやEX SEが手に入るならそれで十分なのですが、残念ながらホリが生産しないので、今回はやむなくこのデススマイルズ対応スティックを買ってみたのですが…マーケットプレイスなどにも出てるかと思われますが、定価でさえ高いと思えるものなので、定価を超えてる状態なら、タイアップの絵柄つき天板に価値を見出せないなら、オークションなどでノーマルモデルのリアルアーケードPro.EXかEX SEを狙った方が無駄がありません。
せめて天板の印刷面にRAP3SAのようなコーティングでもしてあれば、もうちょっといい評価ができるんですけどね。それでセイミツレバーとボタンでこの定価なら、ちょっと高いですが満点あげてもよかった。そういう意味での星3つです。
ちなみにセイミツレバーとセイミツボタンへの換装は金属を削ったりの加工が若干必要になりますが、さほど難しいものではありません。落ち着いてやれば誰でもできる工作レベルの作業なので、ファンアイテム兼アーケードのパーツが使えるジョイスティックの素材がほしいというなら、手に入れてみてもいいのではないでしょうか。
セイミツ&サンワならよかったなぁと★★★☆☆
一般的なシューティング筐体に使われている
セイミツレバーとサンワボタンの組み合わせなら
この価格でも良いんですけどね……

ここまでお金出して買うなら同社のRAPEX-SEかなぁと思います。
RAP EX★★★★★
よほどデススマイルズのファンでも無いかぎり、HORIのサイトでノーマルのRAPEXを買ったほうが良いのでは?。