TVゲーム情報ブログ

牧場物語 Oh!ワンダフルライフ PlayStation 2 the Best

マーベラスインタラクティブ
PlayStation2
結局のところ、せっかちな人には不向き★★★☆☆
牧場物語は、結局のところ、せっかちサンには不向きなんだとつくづく感じます。
私はGC版で初めてプレイし、暫く他のシリーズをやってて、あまり面白いのに出会えず、再びPS2でプレイしてみましたが、こちらは他のに比べて現実味があり(時間経過など)、設定やシステムなどは良いほうだと思います。
キャラクターも結婚後の生活も新鮮味がありますし。
ただバグが多くて残念なので、星3つ。
バグのせいで惜しい!
と思ってる方は、GC版でのプレイをオススメします(^-^)
今流行の農業を模擬体験できる。★★★★★
自分が経営者となり、農業や畜産といったものを模擬体験できます。
基本的には家畜とコミュニケーションをとったりえさをやったり、自分の作物に水をやったりします。
個人的には家畜がなついてくれてるとかわいいです。
もちろん経営なので自分の牧場がどこまで稼げるかを極めるのも面白いでしょう。(花畑牧場みたいに)
有名な馬ゲーの「ダービースタリオン」がありますが、あれの牧場版と考えていただければわかりやすいです。

一応女の子との恋愛イベントもあります。結婚イベントもあります。でもそこそこです。

実際に農業に手を出す前にやっておくのもいいと思います。
まったり・のんびりに耐えれる方向け★★★☆☆
ぼくものシリーズでは珍しい制約のあるゲームです、
主人公が牧場で過ごす30年をそれぞれ『○○○の章』にくぎってあり、本当に牧場主として一生をすごします
主人公も年齢を重ね牧場を運営しつつ子どもの成長を見守る、ここに重点が置かれているようで牧場運営はかなり楽です。やりこみ要素は作物の品種改良のみでほとんどありません

シナリオも面白く、私はとてもハマってプレイしました
子どもの成長を見守るのはとてもほほえましいです


ただ他の方が書かれているとおりバグがかなり多いです・・・あとロードは長いです

有名なバグは
・はじまりの章〜たんじょうの章の合間に止まる
・搾乳小屋を増築すると牛のミルクが採取できなくなる(これは作らなければ問題ないです)

主人公の移動速度は遅いですが、馬が手に入ればどこでも移動出来るのであまり気になりませんが、牧場から町外れのお屋敷までゲーム時間で片道2時間かかるのはさすがに笑いました

ミルクを採るため定期的な種付け・出産が必要、(小屋が埋まるとドナドナ状態になります)キャラクターが年をとると可愛い女の子キャラにも白髪&シワが・・・などヘンな所が妙にリアルでした。


のんびりに耐えられる方ならばぼくもの初心者の方でもオススメです
まぁまぁだったり★★★★☆
動作やらロードが遅いのが若干痛いけど‥買って損はしないはず

泉で釣れるアーナが意外と安値だったりする‥やっぱりサメサメが1番。

景色が綺麗で清々しい感じが印象的かも。女の子版も欲しいかもwww
牧場物語初プレイの方には向かない★★★☆☆
牧場物語シリーズの中でもダントツではという程に膨大なプレイ時間。
ただ、ロード時間はそれほど気にならないのですが、とにかく一々の動作が緩慢過ぎてちょっと。例えば、クワを振り畑を一マス耕すのに一秒、重い時は二秒近くかかります。
パソコンのオンラインゲームをしている様に、その動作がいきなり軽くなったり重くなったりする点が若干ばかり苦痛。

牧場物語シリーズには付きまとう「まったり」感とは別物です。要注意。

キャラクターは皆個性があって好感が持てます。一定以上の好感度のキャラクターがいるのに他のキャラクターとデートをすると、結婚の時に「うっ」とくる台詞を言われたり、細かな部分が作り込まれていて楽しい。
よく書かれているバグというのも、私のところでは「何の不調も無い牛が、話しかけても鳴かなくなる」「何故か愛情度が上がらなくなる」といった程度にしか起こりませんでした。


書ききれないのでまとめてしまいますが、

良→キャラクターの魅力/高愛情度の家畜の反応の変化/ミルクや出産に関するリアルさ/子供の成長/一部ボイス付/綺麗なグラフィック/BGMの自然な切り替え

悪→緩慢な動作/イベントの少なさ/牧場に置ける便利なアイテムはやたら高いのに金は稼ぎにくい/夕方の真っ暗闇(場所によってはなにも見えない)/時間の経過が長い

個人差はあるでしょうが、私が感じた良・悪点はこんな感じですかね。
悪い点で言うなら「緩慢な動作」以外は人により全く問題無いでしょうし、良い点で言うならリアルさやBGMの切り替えにロード時間がかからない辺りは別段評価する箇所でも無いでしょう。

一つだけハッキリと言える点は、
良い意味でも悪い意味でも
「今までの牧場物語とは全く違う」
ということですね。