TVゲーム情報ブログ

カメオ:エレメンツ オブ パワー

マイクロソフト
Xbox 360
昔ながらの謎解きアクション。★★★★☆
ゼルダの伝説やバンジョーとカズーイ等を
昔楽しんだ方には是非オススメしたい。
本当に昔ながらのレアらしい作品。
グラフィックも360初期の物とは思えない綺麗さ、
ゲーム部分も勿論良い出来です。

良い部分は書ききれないくらいあるので
不満点について語ります。

・ボールを狙った方向に飛ばさないといけないアクションがあるのですが、
ボールを飛ばす能力を持ってるモンスターの操作性が悪いのと
物理演算をちゃんとしすぎている所為で本当にやりにくい。

・水中での操作が斬新でやりにくい。

・キャラクターは一見気持ち悪いのですがやっているうちに愛着が沸いてきます
ただしそれはモンスターに限った話で、
変身前のカメオの顔やカメオの身内の顔は気持ち悪すぎる。

・無双みたいに敵がいっぱい出てくる場面があるのですが、
このゲームの敵はかなり固くて
馬で引いても倒れるだけ、爽快感があまり感じられません。

・攻撃力の高いモンスターが少ないので戦闘では
その攻撃力の高いモンスターを何度も使いまわしてしまうので
ほとんど戦闘で出番のないモンスターが出てきてしまう。

中ボス戦が全部使いまわしの同じ敵。

このくらいですね。
点数をつけるなら100点満点中80点ってところです。
日本市場向けの酔い対策をするべきだ。★★★★☆
日本語にするだけがローカライズでは無い。タイトーが業務用ハーフライフ2で酔い対策をやったみたいに酔い対策をするべきだ。酔いやすい人は慣れなど関係無い。三分ももたない。一度酔うと次の日まで気持ち悪い。アウトトリガーは酔わなかったので作り方しだいでかなり酔いは軽減出来るはずだ。やる気のある人が100万人いてもそのうち六割が遊べないようでは市場は広がらない。

30フレームなのは理解できない。セガサターンであるまいし。グラフィックの進歩は60フレームを維持して話だ。30フレームだと見た目だけだなく操作性がかなり悪くなるし、豪華なモデリング、ライティングなどが60フレームより効果があるとは思えない。いくら絵が豪華でも30フレームだと遊んでいて贅沢な感じがしない。グラフィック重視のゲームがあってもいいがそれはロープレや静止画を見せるゲームであってアクション性の高いゲームで30フレームはありえない。60フレームでもコール4、デビル4、バーンアウトぐらいの絵が出ているのでグラフィックを重視して30フレームにする意味は無いだろう。60フレームのよさを大衆に伝えるのがメーカーの仕事だ。VFや355と違い少々処理落ちしてもいいので60フレームでゲームを作ってほしい。まさか360ほどパワーのあるゲーム機で30フレームのゲームばかり遊ばなくてはいけないなど全く思っていなかった。

どのゲームにもアンチエイリアス、オン、オフ機能を付けてほしい。Xbox360は文字にはアンチエイリアスをかけることが義務化されているらしい。本当なら何を考えているのか分からない。今のゲームはせっかく液晶モニターに一対一表示で出力させても文字やチームロゴ、グラフィックに慣らしが入っていて輪郭がボケ全然綺麗に見えない。これだけボケているとデジタル出力する意味が無い。ドリキャスのVGAが方が輪郭がソリッドで綺麗に見える。分かりやすく言うとドリキャスのギルティギアとミスタードリーラーの違い。自分はギルティギアの絵に慣らしが入っていないほうが好き。フチがボケず1ドッドづつはっきり見えるパキパキのグラが好み。これは好き嫌いが有るようなのですべてのゲームでどちらか選べるようにして欲しい。
近年稀に見る良作ARPG★★★★★
程よい難易度、個性的なエレメンタルモンスター、単純ながらも奥が深いアクション、
刺激的なボス戦、等々アクションゲームとしては非の打ち所が無い仕上がりでした。
特に、エレメンタルモンスター毎にがらりと変わるアクションは、一つ一つの完成度が
非常に高く、強烈な爽快感を与えてくれます。

私が今までプレイしたARPGの中でベスト3に入るゲームです。
ARPGに興味がある方には是非プレイしてみてください。
360でNINTENDO?★★★★★
XboxとWiiで満足ゲームライフを送っているオッサンですがここの評価をみて買ってみたところ,すごく楽しめました
これはもっと評価されていいソフトだと思います
Xboxハードで任天堂が作り込んだソフトのような感じがしました
私は普段はXboxでFPSやレース中心で,Wiiではマリオ,ゼルダ等の任天堂ゲームをプレイ…という感じですがやっぱり正直Wiiもハイビジョン対応が欲しいと思っていました
その点カメオはHDTVで楽しめるNINTENDOチックなXboxゲームで貴重な存在です
ただ日本ではセールス的に厳しようですので今後こういった和と洋のうまくミックスされた良いゲームが日本で発売されないのではという心配は少しあります
いいゲームなんだけど・・・敷居が。★★★☆☆
 ゲーム的なシステムやユーザーへの配慮は最高の出来。
 さまざまなアクションを駆使してストーリーを進めていくのだが、フォローが的確で
難しいアクションの要求される場所についてはコンテニューポイントが至れり尽くせりの
状態で配置されておりアクションの苦手な方でも十分に楽しめる作品。
 又、日本向けへのローカライズに際しても吹き替えはきっちりしているし洋ゲーの
イメージにある難易度の高さを感じることが無い。
 ただ、問題点を挙げるならキャラクターデザインのグロさ。
 この点もローカライズの際にもう少し改善してくれれば非のつけようが無いほどの出来
であったのに残念。
 キャラクターデザインの敷居を超えることができれば十分に楽しめるゲームです。