TVゲーム情報ブログ

幕末恋華・花柳剣士伝 雅の玉手箱(限定版:CD「ドラマ+甘いボイス集」&「オリジナルカルタ」同梱)

D3 Publisher
PlayStation2
感想★★☆☆☆
このシリーズは初めてプレイしました。
歴史物は好きだし、乙女ゲームはもっと好きだしと期待大でやったんですが・・・
正直、歴史の説明がやけに多いし
主人公の子はやけに主張がないし・・・相手を好きだって気持ちが全然伝わらないし。
キャラ達もなんだか中途半端で印象に残りにくい。
全体的に浅くて薄い印象が強いです。
正直残念なとこが多かったです。

前作には劣るけど…★★☆☆☆
今回は諏訪部さんがいるので迷わずゲット致しました(笑)
ストーリーはキャラによってはまちまちですね。
大石や、中村さんそして、相馬さんのストーリーは、結構凝ってて私的に良かったと思います。
特に前作プレイ経験者で、土方ファンは相馬さんで泣かされます(笑)
ですが、他のストーリーは特にメインキャラのロン毛と、坊やがイマイチでした。
ヒロインも意志薄弱で、私は嫌いなタイプです。
edの曲も前作のと似てて微妙かな?(嫌いじゃないけどね)
あと、カップリング設定?あれは無い方が私的には良かったかも…
だけど、グラフィックは前作に比べ格段に良いです。
ヒロインの見た目もこっちの方が好きだったり(笑)
ですが、ストーリーだけなら全体的に星3つと相変わらず、評価は高めです。
面白いです!★★★★★
まず歴史>恋愛なので、乙女ゲームに甘さやちやほやされるのを求める方には向かないかと。
逆に言えばシナリオをじっくり読み込むタイプのゲームなので、男性にも楽しめるんじゃないかなと思います。
主人公のやたらと女の子らしいわけでもなく、ですがけして男まさりではない性格は本当に絶妙な匙加減。個人的には前作主人公よりも好きでした。

残念だったのは、スチルの使い回しが多かったこと。枚数は減っても、もう少し違うスチルも見てみたかったです。
硬派な作りですが大好きなゲームなのでさらに続編は無理かもしれませんが、移植に期待しています!
前作の方が好きです。★★★☆☆
主人公について。
前作が凛々しく中性的だったことと反対に、容姿も服装も可愛いらしい美少女になっています。
可愛くて良いとは思いますが、新撰組の仲間になった時などは女の子らしすぎて浮いているというか、場違いな感じがしました。
戦う女の子ではなく、町娘の方がしっくりきます。
目的も曖昧で信念が見えない為、なんだか可愛い「だけ」の主人公だなと思いました。
全体的に見て、システム以外は前作の方が良かった気がします。
前作で大石が気になった乙女は是非に!★★★★★
幕末恋華・花柳剣士伝 雅の玉手箱(限定版:CD「ドラマ+甘いボイス集」&「オリジナルカルタ」同梱)

前作「幕末恋華・新選組 DS」にハマって、こちらも購入しました。
PS2版という事で、お手軽さに欠ける点に不安がありましたが、
一気に全キャラを攻略してしまうほどに楽しめました。
一度読んだシナリオはスキップ機能ですっ飛ばせるし、
セーブもほとんど何処でも可能です。作画も前作より美麗で、
サブキャラで出てくる新選組隊士達もより男前になっていますw

カップリング設定は皆さんが書かれているように、過度な期待は
禁物ですが、ルートによっては前作の余韻が蘇る事もあります。
(カップリングの為に前作PS2版もプレイして臨みましたw)

甘さは前作よりも低くなっているように感じましたが、
恋愛対象のキャラが、志を持ち時代を駆け抜ける男達なので、
思想的行動に走りがち(ヒロイン置いてけぼり感)なのも、
このゲームの味ではないかと思います。

以前のレビューに書かれていた方がいらっしゃいますが、
幕末恋華は一人の人を「愛する」ゲームだと私も思います。
その傾向が、花柳剣士伝で更に強くなったのかな?と思いました。

攻略キャラ達の立場が、倒幕と佐幕に分かれている為、
ヒロインの立ち位置が難しいものになっていましたが、
思想からは一歩引いた「愛する人と共に…」という決意で
どこまでも愛する人に寄り添う女性となっており、また、
武芸をたしなみ情報収集能力もあるという設定もあるので
戦場へも付いていく事に、さほど違和感を感じませんでした。

私個人の好みで恐縮ですが、大石のシナリオがプレイできた
その一点だけで、花柳剣士伝を買って良かったと思うほどに、
彼とのエンディングは切なく、強く心に残りました。

前作で大石に興味を持った乙女に、自信を持ってお薦めします!
(あくまで彼が悪役である事だけはお忘れなくw)

ドラマCDはコミカルな内容でとても楽しかったです。
カルタは好きなキャラだけ抜いて飾っていますw

欠点をあげるとすれば、「新選組 DS」と比べてですが、
プレイバックは、もう少し前後を入れて欲しいと思いました。
ト書き(時代背景の説明文)の文字が小さく見えませんでした。
スチルが多いものの、表情が違うだけというものが何枚もあり、
アルバムに収納する意味があるのかどうか…(^^;
あと、最後のスチルが携帯サイトとの連動になっていて、
その携帯サイトに接続するには月額料金がかかるという事で、
対価を支払い済みのゲームなのに、スチルコンプの為に、
更なる支払いを要求するのはどうかと思いました。