TVゲーム情報ブログ

クラッシュ バンディクー5 え~っ クラッシュとコルテックスの野望?!?

ビベンディ・ユニバーサル・ゲームズ・ジャパン
PlayStation2
   PSで華々しいデビューを飾り、その後さまざまなハードで知られるようになった人気アクションシリーズ「クラッシュ・バンディクー」の5作目。
お馴染みのキャラクター・クラッシュが今日も画面狭しと暴れまわる。


   本作最大の特徴は、なんといってもこれまで宿敵として対峙してきたコルテックス博士とタッグを組むことになったこと。
新たな敵“エビル・ツインズ”が登場してきたことで、これまでライバル同士だったクラッシュとコルテックス博士は凸凹コンビを結成することになった。


   これにともない、今までのクラッシュが繰り出すアクションはもちろんのこと、凸凹チームが生み出す愉快痛快なアクションが加わっている。
コルテックス博士と一緒にスピンすることでスピンの直径が2倍になる「スピンアタック」や、ふたりがとっくみあいのケンカをしたままゴロゴロと転がっていく「ゴロゴロファイト」など、アクションの幅がさらに拡がったと言えるだろう。
コンビネーションがいいのか悪いのか今ひとつ掴めないまま展開していくふたりの珍道中を見守っていきたい。
(梅 ひろひこ)
レーシングと並ぶ最高傑作★★★★★
駄作と言われていますが自分はかなりの完成度の高さじゃないかと思います。
まずステージが広大なフィールドになったことによりより冒険性が増え
ワクワクできるものになったんじゃないかと思います。
ムービーもアメリカンギャグが面白くてつい見入ってしまいます。
今まで敵だったコルテックスと手を組むという斬新なシナリオも好きですね。
また、コルテックスを操作出来るというのも良かったです。
ムービーがとばせない、アクアクが爆弾箱や二トロ箱から守ってくれない
難しすぎるなど理不尽な点もありますがそれでも星五つには変わりありません。
音楽もクラッシュ5は曲と言うより歌といった感じです。アカペラで歌っています。
特にラスボス戦の音楽は最高ですよ。
エビル・ツインズが復讐しようとしている動機も感動します。
とにかく面白いのでプレイしてみて下さい。
クラッシュ初心者にはいいよ★★★★☆
クラッシュのファンだった人はちょっと変わりすぎてしまってショックだろうけど、普通のアクションゲームとして見たらおもしろいよ
難易度の話ですが俺は10日で全ダイヤコンプリート、達成率100%出来ましたヽ('ー`)ノちょろいぜ
俺が上手すぎるだけかもしれませんが
決して理不尽な難しさではありませんよ
BGMがちょっとダサくなってたのはショックでした、クラッシュってもっとソウルフルなBGMじゃなかったっけ?と
ストーリー途中で笑える演出がいくつかあったのはマジで吹いたw
コルテックスがドラム缶の中でおならをして沈黙(笑)これマジで3分ぐらい腹痛かったw、クラッシュがスノーボードの代わりにコルテックスで雪山を滑る(ちょww)
もうちょっとコルテックス、ニーナが使えるコースがあればよかった
このゲームの真価を知るには根気よくやることです、本当に楽しいアクションゲームなんですよ
他の人のレビューなんですが最後までやらずに評価してる人がいます
ゲームは最後までやってからレビューしろと思います
世界観がガラリと変わった★★★☆☆
まず何が変わったかというと音楽ですね、この作品ではラップが多いです、それもゴスペラの
ボス戦の音楽はほとんどいいものばかりです。がっちゃんこワールドもそうですがゴスペラはやっぱりダサいので普通の音楽に戻して欲しいです。
ワープルームがなくなって、冒険性があふれてます。4つのワールドが舞台となっていますが行きたいワールドにすぐいけないということがあり、そのへんもっとちゃんとして欲しいです
もう少しがんばれば良い線いけるのにと思います。
やり込み要素は、ダイヤ集めるだけなので集めてるときは楽しいですがすぐに集まってしまいます
バンジョーカズイーのようなやり込み要素にすればよかったと思います。
あと1〜4のようにステージに秘密要素がたくさんあればなとおもいます
なんかパワーストーンの重要性も薄くなっています、もっと話が広がるかもしれないのに
アクアクも全然存在感ないです
もっとがんばれば冒険性あふれる良作になっていたと思います。
まあ個人的につまれなくはなかった
みんな世界観が変わりすぎて動揺してるだけです。
む、難しい……!★★☆☆☆
「クラッシュ」シリーズは「サルゲッチュ」シリーズと並んで好きなゲームだったんですが……「サルゲッチュミリオンモンキーズ」と同じく、今回のクラッシュは難しすぎて挫折しましたorg
子供でもできる親しみやすさが魅力だったのに……ゲーム下手には哀しいです!
6はいつでるのかな…★★★★☆
やって感じたことは、2が3そして4へと発展して行ったのに対して、この5は1が発展したものだなあということです。1にジョイスティックコントロールを搭載してリメイクした感じ。
 そして4と比較してレスポンスがかなり向上しています。ジャンプして着地する時の体の向きがまるでスティックを通して伝わってくる感じがします。PSにおいては3がレスポンスの向上を達成していましたが、PS2においては今作がそれを達成しています。
 林檎の箱を全て壊さなくても良くなったことに驚きました。また、ロングジャンプのボタン操作感が変わった気がします。
私の環境だけなのかもしれませんが、フリーズ、ダイヤスコア不一致、音など不具合がたまに見られます。攻略本が出版されないのはそのためかと思っています。
 シリーズを通して一番楽しくプレイできるのは3なのですが、一番印象に残るのはこの5です。