TVゲーム情報ブログ

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 炎上!京都輪廻(特典無し)

バンプレスト
PlayStation2
今更だけど★★★★★
暇潰しに久しぶりにプレイしてみたら…うん、やっぱり面白い!
また原作を読みたくなってくるな。
戦闘も物語も原作を忠実に再現しているし、剣心や斎藤で敵をズバズバ斬り倒していくのは爽快です。
ロードの多さ、使用できるキャラが少ない(志々雄や師匠も使いたかった!
)など不満点もありますが、キャラゲーとしては十分な出来だと思えました。
自分が一番気に入ったのは左之助を主人公としたIFストーリーです!
倒れた剣心や斎藤に代わり、決死の覚悟で志々雄に立ち向かって行く左之助はカッコイイの一言!
まさに男、相良左之助ここにあり!!
という感じです。
『拳がぶっ壊れようが身体が灰になろうが志々雄…テメエだけは……テメエだけには絶対に負けねえ!
この心だけは…絶対に燃え尽きはしねぇ!!!
痒いところに手が届いていない★★★☆☆
良い点は他の方々のレビューの通りなのですが、私はそれ以上にあまり良くない点の方が目立つように感じたのでその部分だけを書きます。

この作品はフルボイスではないのですが、
「何であんなどうでもいいシーンにボイスがあったのに、このシーンではボイスがないの?」
というところが多々ある上に、映像で観たいと思っていたシーンがナレーションで読み上げるだけで終わったりと、なんとも痒いところに手が届いていないと感じました。
中途半端なオリジナルストーリーやオリジナルキャラを入れるくらいなら、そのあたりをちゃんと補完して欲しかったです。

他にも無駄に多いロード時間、カメラワークの悪さ、使用可能キャラの少なさがちょっと引っかかりました。

もう少し費用や時間をかけて制作していればこれ以上ない作品になったと思われるだけに、残念で仕方ないです。
感動した(>_<)★★★★★
久しぶりに漫画を読み返して懐かしくなり、思い切ってゲームを購入してみたのですが、すごくおもしろかったです!!
まず感動したのが、京都の町並み。
自分も一緒に町を探索している気分が味わえて、とてもよかったです。
ただ、町を歩いている人の数が少なく、所々お店の前に人が立っているだけだったのが、少し寂しい感じがしました。
たまに発生するイベントも、おもしろかったです。
(維新志士の亡霊には苦しめられましたが…。
)そして最も感動したのが、新撰組の沖田総司が出てきたときっ!!!
何回も戦いたくてわざと負けたのですが、一回きりで消えちゃいました。
たまに聞こえてくるやけに甲高い声が気になりましたが、大満足です(*^^)vるろうに剣心が好きだった方は、満足するのではないでしょうか。
私は、絶対買いだと思います。
借りたけど★★☆☆☆
すんなり進めることができるのはいいけど
なんかクリアしたときの物足りなさ?
かなりあったので
この評価で☆
買うほどでも
ないかなって感じですね。
爽快感抜群!★★★★★
「るろうに剣心」で人気の高かった京都編が物語の舞台。
メインはストーリーモード。
ストーリーモードでは、剣心、斉藤、左之助、(クリア後は蒼紫も)から1人選んで動かし、
イベントをこなしたり街中を移動してアイテムや情報を集めたりするアドベンチャー的な部分と、戦闘の部分から成る。
グロテスクな表現は避ける方針を採ったためか、本来あるべき派手な出血シーンはない。
そのため比較的年齢の低い子どもから楽しめる作品となっている。

ばっさばっさと敵を切り倒していく爽快感がいい。
ストレスが吹っ飛んですっきりする。
ただし、複数の敵に囲まれて身動きできないほどに切られ続けると逆にストレスが溜まるので注意!

原作の名勝負が再現されるのも魅力の1つだが、
個人的には斉藤と沖田の共闘などのオリジナル部分が光っていると思う。
ストーリーモードの進め方によっては剣心VS沖田などの夢の対決が実現したり、
剣心らが原作では戦っていない十本刀と対決することもある。
制作者はファンの求めるものをしっかりつかんでいることがうかがえる。

ストーリーモードを遊び尽くしたら「剣客激闘モード」で腕試しだ。
50戦連続で勝ち抜ければクリア。
最終戦のあのお方の奥義は一見の価値あり。

原作の再現性も高いので、原作ファンはぜひ1度やってみるとよい。