TVゲーム情報ブログ

忍道 匠

スパイク
PlayStation2
あなた次第・・・・・★★★★☆
このゲームは忍道−戒を極めた上級忍者向けのソフトです。
素人が作ったゲームの寄せ集めで、お遊びミッションから理不尽で鬼畜ミッションまで様々な物がありました。自分は、素人が作った各々の世界が遊べて非常に満足だった。
ミッションを作ることができるミッションエディター匠は、創作好きな方には堪らないと思います。
ピタゴラスイッチ的なモノを作って楽しむも良し、適当にキャラ配置して、戦うだけでも何故か面白い。
まずは、様々なアイデアの詰まった作品集を遊び、それから自分だけのステージを作るのもこれまた楽しい。
購入して大分経ちますが、久しぶりにプレイしても忍者らしく操作できるだけで爽快でした。
最悪だね。★☆☆☆☆
忍道・戒の派生ゲームなので、まず忍道・戒をやらないと分からないし、楽しめないゲーム。
その証拠にゲーム中のミッションも好意的コメントを寄せてる人も皆、戒のユーザーである。

まず大前提として、忍道・戒を面白いと感じハマった人なら、そこそこ遊べるゲームであろう。
逆に言えば、忍道・戒愛好家の自慰ゲームになってる感もあり、初心者がいきなり楽しめるかは、大きな疑問。

まずは、忍道・戒をプレイして、楽しめた場合に限り、このゲームをやってるみるべき。
その順序を踏まないで、いきなりこのゲームから始めると、やらされてる感だけのゲームで終わるであろう。
このゲームに限らず、一部のマニアだけが楽しめて、初心者が楽しめないゲームは大いに疑問。

「忍道戒」との違い★★★☆☆
「忍道戒」とは似て非なる部分

・操作キャラの変更機能
戒→キャラの外見、持久力、標的度等が変わるだけで、モーションはゴウのもの
匠→攻撃モーション諸々、全てがそのキャラのものになる(例えば、喪巣忍者なら喪巣忍者の技が使える)

・蹴り技
戒→単発の蹴り技は無し
匠→「↓+□」

・連続斬り
戒→「□、□、↑+□」の3連
匠→「□、□、↑+□、□」の4連

・しゃがみ斬り
戒→「R1+□」の単発
匠→「R1+□、□」の2連

・採点
戒→基本的に目撃者を残さないことを前提とし、出来るだけ短時間且つ正確にこなすと100点
匠→目撃者なんて残しておいてもいいからとりあえず目に付く敵を全部斬り殺しておけば100点

・任務
戒→全ての任務は1〜10分程度で終わらせることができ、難易度もそれほど高くない
匠→バグに近い裏技を利用しないと先に進めない任務や、ただ長いだけのグダグダな任務もある

・処理落ち
戒→特に問題無し(作り込んだ裏庭、自作任務は除く)
匠→3人ほどの乱戦になっただけで、かなりの処理落ちが発生する
(匠は全てが自作任務(戒の裏庭と同じ処理方法)なので、非常に処理落ちしやすいです)

・ストーリー
戒→有
匠→皆無

あくまでもファンディスク的なものです。
それを踏まえたうえでの購入をオススメします。
戒には無い機能が色々と追加されていますが、
ゲームの完成度についてはイマイチと言わざるを得ません。
個人的には処理落ちの酷さが一番のネックになっています。
極めろ!忍道匠★★★★☆
戒では、あくまで"モデルチェンジ"というだけで 技のモーションは全てゴウさんのままだった忍道。
しかし、今作"匠"では塔を攻略してく事で使用可能となるキャラクター独自の 技と体術で任務を遂行する事が可能。
個人的には用心棒と毛伸衆が好みです('∀`*)

任務も高難易度のものが多く、また、お遊び感覚の楽しい任務も多し。

ただ、忍殺…ゲフンゲフッ、血祀殺法は飛鳥忍者でなければできない…という所が少し残念。
それぞれのキャラクターの血祀殺法ができるよう作り込んで欲しかった…!

それでも、自分の好きなキャラクターで任務を進めていく楽しさがたまりません。
何度でも遊べるゲームだと思います。
ファンは妄信的★☆☆☆☆
天誅の二番煎じですね。
グラフィックはかなり荒いレベルなのに
頻繁に処理落ちしてグダグダな展開になります。
カメラワークも悪いです。

また攻撃が非常に当てづらく敵の攻撃は正確で強力です。
(私はアクションゲーム上手いほうです)

素人が作ったステージのみで構成されているので
信者には良いかもしれませんが、普通の人は「金返せ」の出来ですね。
内容とシステム共に低レベルでした。