TVゲーム情報ブログ

Kanon

インターチャネル
PlayStation2
   パソコンやドリームキャストで評価が高かった同名タイトルの、プレイステーション2移植版。
5人の女の子と知り合って、楽しくとも切ない恋愛を楽しむアドベンチャーゲームだ。
幻想的なストーリー展開と美しいグラフィックで、ほかの恋愛アドベンチャーとは違った味をかもし出している。

   主人公は、急な引っ越しで7年ぶりにおばの住む街に戻ってきた青年。
いとこの水瀬名雪との再会やさまざまな女の子との出会いが、ドラマチックな展開を巻き起こす。
今回の移植にあたって、それまでの作品になかったサウンドやセリフを新たに収録。
また、ソニー製モバイルデジタルフォトプリンターDPP-MP1に対応しているので、お気に入りの画面を高画質でプリントすることも可能だ。
(林田信浩)

傑作。★★★★★
Kanonはアニメが良かったのと、それを見て名雪が個人的に凄くツボだったので購入しました。

最初は勿論、名雪√に行くように選択肢を選びながら進めました。
まずやった感想としては、私はアニメを見てからだったので結構すんなりとストーリーを飲み込めたのですが、ストーリーを知らずに初プレイの方にはストーリーに謎が残り過ぎるのではないか?というものです。
まあ、それは全員を攻略していけばわかるモノなので、やり込んだ人的には何の問題もないのですが…

なので、まずアニメを見る事をお勧めします。
大まかなストーリーを知っておくと、理解しやすいと思います。

それに、自分の好きなキャラ(最初に攻略したいキャラ)が決まると思うので、すんなりと選択肢も決められるので良いかと(笑)

Key作品の絵が苦手って方もアニメを一通り見終わる頃にはきっと好きになってると思いますよ(私がそうでした(笑))

それでも、絵の好き嫌いはあると思うのでなんとも言えませんが、音楽は文句無しの最高品です。音楽だけでも感動出来ますよ♪

流石泣きゲーの名を持つだけあります。泣けます。
ただ泣けるだけじゃなく、その涙からきっと何か得られるはずです。

ストーリーを一通り終えれば、『Kanon』というタイトルの由縁も解ると思います。

女の私でも素直に感動出来る、良作でした。

進め方も、(雑な言い方ですが)選択肢が出て来たら好きなのを選択するだけなので、こういう系…所謂エロゲーやギャルゲーの初心者でも、すんなりとすすめられるかな、と思います。


とてもお勧めな作品です。
「冬」といえば「Kanon」★★★★★
恋愛アドベンチャーのストーリーに感動や泣き要素を加えた「泣きゲー」が
ゲームジャンルの1つとして広く認識されるきっかけになった作品として意義深い。
雪の降る街が舞台で、AIRの夏同様に季節感の強い作品である。

舞台となる街に7年ぶりにやってきた主人公と、5人のメインヒロイン、何人かのサブヒロインが主な登場人物。
主人公はなぜか7年前の記憶をなくしており、この謎はKanonのストーリーの鍵を握っている。
シナリオによってはあまり意識されずに進むこともあるが、とりあえず頭の片隅に置いておきたいところだ。

Kanonでは「奇跡」が1つのキーワードであると言える。
その奇跡の正体が何なのか、また、奇跡により何が起こるのか、そもそも奇跡は起こるのか。
これらはストーリーの進め方によって様々な結末に帰着するが、
主人公が7年前の記憶をなくしている謎と併せて注目してプレイしていきたい。
エンディングではきっと感動が待っていることだろうと思う。

音楽も雰囲気と世界観をうまく表現した優れたものが多いのでお勧めだ。
また、京都アニメーションによるアニメもよくまとまっている傑作なので、本作クリア後は1度視聴しておきたい。
AIRのアニメは12話しかなく、ダイジェスト的な構成にならざるを得なかったが、
Kanonは充実の24話なのできっと満足できることだろう。

この作品はボイスや年齢制限の有無でいくつかのバリーエーションがあるが、
これは全年齢版で、ボイスがついている。
PS2ではベスト版が出ており、価格が安いのでそちらを購入することになるだろう。
もっとも、どのバージョンでも1番重要なのはストーリーで、
その根本的なところは同じなので、好み次第でどれを選んでも構わないと思う。
天使になった女の子の話★★★★★
正直な所、私は感情が高揚すると「呼吸困難」に陥ると云う難病持ちなんで(笑…俗に言う泣きゲーの類はプレイを避けていた訳です。
今回全エンディングを迎え、呼吸困難になる事数回を経ても尚〜「またエンディングが見てみたい!
」と思わせるのは、やはりこの「Kanon」と云うゲームが如何に優れているという証拠なのでしょうね。
特に私の場合は「月宮あゆ」のシナリオが(予備知識が無く)たまたま最初だった為に、後のシナリオをすんなり受け入れる事が出来ました。
お薦めはやはり「月宮あゆ」「沢渡真琴」シナリオなのですが、私的に最初「月宮あゆ〜美坂栞」の連続クリアが最強だと思います。
あと「倉田佐祐理」のシナリオですが、腰を据えて更に練り込むとかなり泣けるシナリオに成った気がして残念ですね。
たかがゲーム。
でも本気の涙が流せる自分を認識させてくれた「Kanon」には感謝です…例えこの先、幾度となく呼吸困難を起こしてもね。
涙が止まりませんでした★★★★★
「CLANNAD」を最初にプレイし次にこの「Kanon」をプレイしました。
最初はやはり「CLANNAD」ほどじゃないと思っていましたが舞編と真琴編で号泣しました。特に真琴編ではこれ以上無い位に泣き、終わってからもしばらくは涙が止まりませんでした。
本当にKeyの作品は素晴らしいと改めて思いました
作り物の世界★☆☆☆☆
この手のゲームはいかに現実の世界からフィクションの世界にスムーズに入りこめるかにかかっていると思います。
その部分が致命的弱いといわざるを得ません。
また、いきなり主人公に好意を持ち、7年ぶり、もしくは初対面のはずなのに、異様になれなれしく主人公に接してきて「誰だよ。おまえは?」と思っていても、完全な知り合いのように女の子と話している主人公。
私と主人公はまったくシンクロしないでゲームはどんどん進んでいくので、まったくゲームに入りこめませんでした。感動もしませんでした。