TVゲーム情報ブログ

キノの旅II

メディアワークス
PlayStation2
アドベンチャーパートが★★★★★
素晴らしく改善されました。
前回プレイヤーは正体不明の旅人になってゲームが進みましたが、今回はしっかりキャラがつくられています。
これによって感情移入がしやすいと思います。
残念なのは、キノが暗いです。
呟くような話し方は良いのですが、やり過ぎでオバケみたいで怖いです。
あと、ナレーターの読み間違いが多いです。
例えば、「三度」。
状況的にはみたびが正しいのですが、さんどと読んでいました。
気になります。
他にも「パンツ」。
ズボンの事を指しているのですが、ナレーターの読み方は下着の方のそれです。
気になります。
今作も・・・★★★★★
 前作と比べると、ゲームオリジナルの話が多く、それがうまく原作とリンクしています。
 基本的には前作と同じですね。でも、原作ファンとしては何回やってもあきません。原作が深いですからね。

 ミニゲームもついていますが、それはなんとなく簡単すぎるかなぁと思いますが、まぁ別に文句の言うことでもないかなぁとも思います。
 
 原作の選び方がけっこううまいですね。キノのルーツに焦点を当てながらも、作者の哲学というか素朴な意見を一番強く出していると思われる作品を間に挟みこんでくる構成には感心しました。

 音楽も前作よりもいい感じだと僕は思いました。ピアノ調がとてもいいです。僕の個人的な好みなのかもしれませんが・・・。ノベルスパート(原作)の音楽はかなり気に入っています。サントラ欲しいくらいです。

 全体的には良作だと思います。理解できる人できない人がいる作品を扱っているから両極端な意見も出てくるかもしれませんが、僕は気に入りました。ゲーム性は期待してはいけません。原作を愛する人たちのためのゲームだと思いました。
前作以上★★★★☆
前作と同じく原作を読んだ方はノベルパートが少々だれますが、ミニゲーム、アドベンチャーパート等、作りこまれていて面白かったです。前作のネタも満載で楽しめました。確実にパワーアップしています。
一応値段相応だとは思いますが、コンプリートした後はやや物足りなさを感じました。BGMは前作よりも気に入った曲が少なかったです。前作からの使いまわしやアレンジが多く、少し残念でした。ミニゲームも少々簡単すぎる気が…。
しかし、それでも充分楽しめる内容ですので、ファンならば是非。