TVゲーム情報ブログ

サクラ大戦V ~さらば愛しき人よ~ ショウタイムBOX限定版

セガ
PlayStation2
食わず嫌いはもったいない作品★★★★☆
私はSSの1の発売日からナンバリングは全てプレイしてきたのですが
Vは多くの人も書いてるように買うのを躊躇いました。主人公が変わるとかはどうでも良かったのですが
ヒロインの中でジェミニしか攻略したいなと思う女の子がいなかったからです。
まあ結局買ったんですが、目的のジェミニの参戦時期があれなのとミニゲーム無し、話数少ないなどの不満はありますが
他のナンバリングタイトルよりも多く周回していました。
隊員の個性も強いし、隊員たちと共に成長する新人隊長の「物語」を感じることが出来ました。
星が1つないのは、確実にもっとよく出来た点が多いからです。
新次郎に感情移入できないって人が多いみたいですが、完璧熱血超人の大神さんより新人の隊員の新次郎の方が感情移入できると思いますが、大神さんに感情移入できる方はみな大神さんみたいな性格なんでしょうか?
期待はずれ★☆☆☆☆
サクラ大戦は1〜4まで全てやりました。
4の手抜きは、まぁ1〜3の出来に免じて許してやるとして
5の酷さは勘弁ならない。

まず主人公に感情移入できない。
なんか情けなくてウジウジしてあんな子供になりきれるか。

やはりサクラ大戦は大神のような人でなければ勤まらないのだ。
ノリが良くてスケベで優しくてそして常に己の正義を曲げない
そんな大神にプレイヤーは成りきってゲームをしているのだ。

ストーリーも面白くない。サジータ編がなんとか楽しめるぐらいで
後は駄作。全く記憶にも残らない。ミニゲームもない。
キャラも花がないよなぁ。名前すら覚えてないキャラもいる。

ストーリーも短いしね。
これ開発の途中で開発費が足りなくなって未完成のまま売りに出しちゃったんじゃないの?
やったら面白い★★★★★
今まで出演キャラが変わるという事でもうサクラ大戦ではない様な気がして買う機会も無
くやって無かったのですが。やれば案外面白いとの話を聞きやってみました。
普通にサクラ大戦ですね。今までとは全く関係ない全くの別世界の別な話だと思ってたの
ですが違います。
(宇宙世紀ガンダムからWやSEEDになったみたいな)
時系列的に4の続きです。これをやらないと実質サクラ大戦6であるDS版の話が繋がりません。
サクラ大戦好きならやらないと損です。
ガンダムで言うならZやZZ、逆シャア、UC、閃光のハサウェイ、V、F91みたいなものです。

宇宙世紀ガンダムが好きな人が宇宙世紀以外の話なガンダムがガンダムと認められないような
(ガンダムブランドを使ってるだけで別の話なロボットアニメ的印象)
印象を持っていたのですが。一安心です。これなら受け入れられます。
主人公が大神一郎から甥の大河新次郎に変わるのはガンダムの主人公がアムロからカミーユに、
カミーユからジュドーに変わるようなものなので受け入れられました。
さくらや大神も出てきますよ。
霊子甲冑も今まで変形もしなければ空を飛びもしなかったんですが今回は飛びます。
益々ガンダム(1〜4)からZガンダム(V)になったみたいな印象を持ちました。

自分も含め食わず嫌い的に4以降やってない人が多いので低評価になりがちですが作りこみも
しっかりしてますしやって損は無いです。今なら値段も安いですしね。
普通に良ゲームだと思います。
素人声優・エセ感動シナリオ・ダラダラ戦闘★★☆☆☆
 1から4までプレイ済みですが、本作はシリーズ中最低でした。
 まず、声優。ラチェット役はミュージカルの大御所らしいですが、声優としては素人以下のレベルです。棒読みの悲鳴なんて滅多に聞けるものではないです。ダイアナ役は演技力は問題無いのですがハスキーで厚みのある大人びた声で、儚いキャラ設定とはミスマッチで強い違和感を感じました。あと、病弱キャラが興奮すると土佐弁って誰が得する設定なんですか?

 次にストーリー。1話につき数カ所くらいづつ「どうしてその状況でそう考えるの?」とツッコミたくなる場面があります。過去のシリーズでも決しておかしな所が無かったわけではないですが、今作は頻度が高すぎます。キャラが全体的に浅い、血が通っていない。ネタバレになるので詳しく書けませんが、ある集団に入るため懸命に努力していた人が、自分の努力や実力とは全く無関係の理由で棚ぼた的に集団入りを許され、そのことについて葛藤も無く、素直に喜んでいる、という場面は特に理解できませんでした。

 戦闘は、耐久力だけはやたら高いボスとの緊張感の無い「殴る&回復」の作業が長時間続きます。
 
 次回作に期待します。 
面白いのにもったいない★★★★★
すごく丁寧にレビューされている方が沢山いるので


やらないのに評価して黒歴史と馬鹿にするには惜しすぎるもったいない作品。
ぜひ一度やってもらいたいです。