TVゲーム情報ブログ

零・超兄貴(限定版)

ガンホー・ワークス
Sony PSP
■あのバカバカしい兄貴達が帰ってきた!

伝説のはじまりである初代「超兄貴」をつきつめてさらに濃縮させようという
意気込みで制作されたシューティングゲーム。


イダテン・ベンテン・アドン・サムソンなど個性の強いキャラクターが
これまた個性の強い相手と世界観の中で繰り広げるハチャメチャな世界!


BGMを担当するのは超兄貴シリーズでおなじみ、「伝説の兄貴」葉山宏治。

しかもなんとBGMを全曲あらたに作曲という熱の入れよう!

葉山の兄貴の気合のこもった激アツBGMが貴方の心をわしづかみにします。


■初回限定版特典
ゲーム内BGMから厳選したサウンドトラックCDを同梱!


■零・超兄貴公式サイト
http://www.gunghoworks.jp/game/choaniki/
■超兄貴公式サイト
http://www.e-xtreme.co.jp/aniki/
私は買って良かった★★★★☆
前作の、「超兄貴」が好きだったので、「零超兄貴」にも興味を持ち、買いました。 一見難しいけど、ちゃんとフォローしてくれているので、親切ですね。

私は、個人的には 買って良かったと思っています。

限定版にはサントラが付いていますが、ゲームで使われた曲全部は入っていないのです。
(残念ですね)
シリーズのファンとして自分なりに冷静に判断してみた★★★☆☆
□良い点
・プロテイン共有制
従来のシリーズでは自機とオプションのパワーアップが個別だったが、今作は自機が強くなればオプションも強くなる。
・スコアシステムの強化
ボーナスやオプションによる倍率ボーナスなどプレイが熱い。
・葉山宏治氏による熱いBGM
初代兄貴による新録サウンド。ただし、特典CDにも記されている通り、一曲が短いのが残念。

□悪い点
・初期ショットの弱さ・ザコの固さ
コンティニューしても初期ショットが貧弱過ぎて、道中のザコを倒すのもてこずる。また、難易度ノーマルでもザコが簡単に倒せない。
・オプションが一体のみ
従来シリーズにはオプションを二体装備出来たが、今作は一体のみ。総じて難易度が上昇。
・ボス戦が弾幕シューティング化
以前は多少なりとて笑いながらプレイ出来た余裕があったのに、今作は昨今のシューティングを意識したのか弾幕化。初心者にはキツい。
・時々背景と敵弾が見にくい
一部ステージの背景色と一部の敵弾が似た色に。
・グラフィックの違和感
初代を意識したのなら、ポリゴンよりもドットでグラフィックを作って欲しかった。

□どちらともいえない点
・意欲的なシステム変更
メンズビームのゲージストック制や上記のオプションの変更点など、良くも悪くもゲームバランスを変化させた気がする。
漢のゲーム★★★★☆
超兄貴シリーズは前から気になっていたのですがなかなかやる機会が無く、
今作が初めてのプレイとなります。

まず悪い点から。
・敵弾と自キャラの視認性が悪い。 覚えゲーとはいえ、これはちょっと納得いきません。
・難易度が滅茶苦茶。 イージーだろうがハードだろうが大して変わりません。
 初心者はイージーで四苦八苦、慣れるとハードが簡単過ぎて物足りなくなります。

良い点。
・世界観、音楽が最高です。 異様に暑苦しい音楽があると思えば、急に切ないメロディが
 流れたりもします。 基本馬鹿ですが。「私のおいなりさん一丁!」とか。
 この世界観のおかげでゲームの楽しさが倍になってる感じです。
・基本覚えゲーなので、シューティングがそんなに得意じゃない人も敵の出現位置、攻撃方法
 等覚えることで対処できます。 苦手なボスの対処方法を考えるのが楽しいです。
 どうしても倒せないボスも、必殺技を使えばあっさり撃破できるので、必殺技の使いどころ
 を計算することで突破が可能になります。

ややボリューム不足な感じもしますが、携帯機としてはこれくらいが丁度良いのかもしれません。
久々に何度もやり込めるゲームに出会いました。
初代超兄貴2★★★★★
一作目から前作プレイしております。第一作目の超兄貴を思い出される内容になってます。
BGMの雰囲気、ゲーム画面、そして難易度、懐かしくもあり新しいものとなっています。
自機のスピードが変えれるシステムが無くなっていたのが少し残念でした。
ホラ見るだス!オラの異様なまでの筋肉を!★★☆☆☆
過去の作品をプレイしたことは無いので比較は出来ませんがこの「零」はイマイチでした、今時のシューティングゲームに比べグラフィックの迫力や敵を破壊する爽快感が皆無です。
キャラは立ってるものの過去作を再現したのか全体的に地味な上に難易度も高く残念ながら期待はずれでした。