TVゲーム情報ブログ

いつかこの手が穢れる時に -SPECTRAL FORCE LEGACY- スペシャルパック(「設定原画集」同梱)

アイディアファクトリー
Sony PSP
スペフォ好きには最高★★★★☆
IFには散々裏切られ続けているので購入するつもりはなかったのですが愛邪の二人が出てると聞いてついに購入。
2Dのチビキャラはかわいいし単純作業が好きなので普通に面白いです。
あと、どうしてこうなったwwwww感が逆にすごく面白くてプレイ中何度吹いたことか。
OPの曲調からして盛大にウケました。
(曲が変なわけではありません。今までの世界観に合わないからです)
新規の方にはどうかわかりませんが単純作業のゲームが好きな方なら楽しめるかと思います。
あとキャラゲー好きにはたまらないと思います。
ファンは買って損なし!
今までのイメージブチ壊されたくない方には薦められませんが、まぁIFですものね。
欲を言えばDSみたいにイベント会話や必殺CGの保存が欲しかったです。
旧作のファンとしては・・・★★★☆☆
無印、2、愛しき邪悪、メイマイ騎士団をクリアしてきた
(GOCシリーズは未プレイ)者の視点から記述します。

正直、がっかりでした。
・必殺技が複数枚の絵からなる動画だったのがカットインになっている
・侵略するにはその隣接する国に武将を配置する必要があり、
 また配置を行える月が限られるため、
 武将同士の掛け合いを見るのに手間がかかる
・武将を国に配置する仕様のため、
 探索で武将が見つからないと配置できる武将がおらず、
 分散配置したら敵国に速攻で奪われる
・戦闘が大掛かりになったためプレイ時間が長くなる

国取りゲームとしての方向性を強くした結果、
従来のキャラと話で魅せる力は弱まっており、
何度もプレイしてみたくなる作品とは遠くなった気がします。

評価できるとしたらキャラが今風に可愛くなっているのと
イベントで音声がふんだんに使われていることくらいでしょうか。
到達した完成形★★★★★
随分と長くシリーズ化されてきた「スペクトラルシリーズ」の初代作品がリメイク版で登場しました。

続編が出る度にシステムが変わっていた本シリーズですが、本作品にてついに完成形へ至ったと私は感じました。
スペクトラルシリーズらしさと手軽さを両立させた「国とりシミュレーション」である本作は、シリーズファンは勿論の事ながらスペクトラルシリーズに触れた事の無い人にもオススメです。

近年の大作ファンタジー作品には無い「何か」がスペクトラルフォースにはあります。
王道でも奇でも無い、真の「和製ファンタジー」に触れたい方に特にオススメです。
キャラゲーです★☆☆☆☆
スペクトラルフォースを昔から好き・・・というよりネバラン信者のための作品です。
(それ以上でもそれ以下でもない)

普通のゲーム好きな方は、別のゲームをオススメします。

新たなスペクトラルファンを獲得したかったのでしょうが・・・これは無理。

ファンには良作、一見さんには普通。★★★☆☆
国取り物としてのデキは並じゃないでしょうか?
基本はフォース2のリメイクですがフォース3や愛しき邪悪のキャラも参戦してます。
難易度は選ぶ国次第ですが、優しすぎず、難しすぎない、といった感じ。
プレイ中、ストレスを感じることはあまりなかったです。
マイナス点はフリーモードのシナリオ投げっぱなし感。
主役が4カ国のみで、色んなイベントがあるシナリオモードに対して、フリーモードは本当に好きな国を選んでプレイするだけ、途中のイベントは殆どなし。
最低限原作のイベントの再現をするくらいは頑張って欲しかった、ここら辺は次回作に期待です。