TVゲーム情報ブログ

ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド

エレクトロニック・アーツ
NINTENDO GAMECUBE
ニード・フォー・スピードシリーズ最高★★★★★
アンダーグラウンドからアンダーカバーまでで一番面白いです。
操作性もよく、文句なしです。
バグ★☆☆☆☆
今は3000円ですが、購入した時は1500円でした。
あまりの安さに驚いた友人が買ったので、見せてもらうと…
ゲーム開始の30秒後、ゲームがビープ音を上げてフリーズしました。
何度繰り返しても同じ結果だったので腹が立ちました。

GC本体が悪い訳ではなかったので、すぐに返品しましたが…

安いのはバグが頻繁に起こっているからかもしれません。
買うのには注意して下さい。
レースゲーム★★★★☆
前作との比較で良い部分は、昼間のレースなのでコースが見易い。警察から爆走して逃げるのが快感。ショップを探す必要がなくなった。ストーリー要素が全面に出たシナリオモード。お手軽なチャレンジシリーズで遊べる。

悪い部分は、車種の減少。バウンティイベントで時間がかかる。(そのうえ逃げ切れず捕まると更に最悪)
何よりも一番残念なのは、このシリーズのウリであったハズの車をドレスアップする必要性がなくなり、パーツも各段に減少。こだわってドレスアップしても警察から逃げる為に、カラーリングを変更しなければならないことも…。

色々カスタマイズした、こだわりの車を走らせたい人は前作を。
外見はこだわらず、このシリーズならではのスピード感あるレースがしたい人はこちらをオススメします。
警察が・・・★★★☆☆
普通に町を走っていると、何の前触れも無くいきなり警察が出てくるところにストレスを感じた。
それだけならさほど問題は無いが、警察とのカーチェイスなどによって上昇するヒートレベルを下げるために、
気に入っていた車の外装を変えなければいけないのは嫌だった。
しかしレース部分の出来は非常に良く、レース中のカーチェイスにはとても興奮させられる。
また、警察とのカーチェスはGTAのようにさまざまな場所を走れればとても楽しいものになったと思われるので、そこが残念でならない。