TVゲーム情報ブログ

ハヤテのごとく! ナイトメア パラダイス(特別版)

コナミデジタルエンタテインメント
Sony PSP
結構楽しめます。(>,<)★★★★☆
自分自身としては、フルボイスでキャラの動きもよく、内容も充実していてとても面白いと思います。
BGMも多く聞けてとてもいいです。
唯一の欠点は、CGが少ないことと完全攻略が難しく好きなキャラに行き着くのが難しいことで。
ただ楽しみたければ、十分に楽しむ事ができます。
武装神姫ナギをバトルロンド対応にして下さい!!★★★★★
コナミさんにお願いがあります!!ナギをバトルロンドに対応にして下さい。ナギファンには UMDビデオ の方が本体かも。ゲーム本編より、UMDビデオの方がナギはよくしゃべります。

同梱カード:
【お嬢様型MMS】,Cカード, /title 三千院ナギ, /PW 10000, /JB 姫, /iluus. 島田フミカネ, /DS:4 PS:5 ,/TXT このカードが場に出た時、あなたのデッキの上からカードを20枚捨場に置く。置いたカードの中にある【お嬢様型MMS】の枚数1枚につき、あなたに10ダメージ。 /FT お嬢様勇者にお任せなのだ!

楽しめるかはプレイする人による★★★★☆
一週目が終わった者です。シナリオ的には納得でき楽しめました。人によっては泣ける話もあるかもしれません。システムで話の分岐が分かれるときの攻略に最初は戸惑いますが最終的に面倒になります。探索パートもクリアまでの時間を延ばすために無理に追加したかんがあり面倒。DSの「ボクがロミオで…」等みたいに「天の声」の人のハッチャケが少ないのもハヤテファンとしても残念。


良かった点はBGMとフルボイス。BGMは聞いている分にノリのいいもの、癒されるもの色々有り聞く音楽としてはいいできだと思います。フルボイスも中々楽しめる。あとも少しアニメーションのパターンとイラストがあったら良かったのに…。3Dのポリゴンが使いまわしなのは制作費の切り詰めが見えてきて残念になる。あと、フルボイスでも次の場面等に移る際にも生じるタイムロスがストレスになってきます。おまけのUMDも面白要素は期待しないで見た方が懸命かと思います。


まとめると、面倒な作業・漫画は読んだらすぐ売る派の人には合わず、ハヤテのごとく!!が心底好きなら楽しめるかもしれません。

他のレビューの人も批判の声が多いですが、値段が一番納得いかないのは同感です。

プレイすると1000円〜2500円ぐらいの商品にしか感じませんから。

オークション等で中古で購入した方が妥当です。

オリキャラ・フルボイス・話はそこそこ面白いのに、価格と場面転換での遅さでゲームユーザーを獲得できないのがこのゲームの欠点だと感じました。
レビューで最低限の攻略をしてみた ★★★☆☆
DS版とは違ってフルボイスでキャラがしゃべりまくるのは嬉しいですね。
シナリオは「ハヤテのごとく!」らしさが出ていて良好。
各ヒロインの夢ごとに画面デザインやフォントが変化する仕様は芸が細かくて良い。
この無駄なこだわりがいかにも「ハヤテのごとく!」らしい。
ポリゴンモデル及びそのモーションはDS版2作目の流用なのでちょっと残念。
ウリのバストアップイラストはよく動くがアニメーションの種類がそう多くなくセリフと合っていない動きもしばしば。口パクのズレも気になる。

オートやスキップ機能の効果はメッセージが終わると解除されるので何度も入力しなければならず面倒。
また場面転換が遅くてプレイしてると地味にストレスがたまる。
テキスト・背景・イベントイラスト・バストアップイラスト・ポリゴンモデルという各要素の整合性が甘く色々な場面で違和感がある。
テキスト上は「テニスウェア」でバストアップイラストは「制服」、イベントイラストは「ジャージ」というシーンもあった。
キャラゲーでこういう部分をおろそかにするのは正直どうかと思う。
ファンなら脳内補完でなんとかしろということなのか?

今作のオリジナルキャラ渡良瀬ミカゲはどうにも存在感が薄い不遇なキャラ。
攻略ヒロインには含まれていないし、よく見たらパッケージイラストにも居ない。
せっかく原作者がデザインしてくれたのにこんな扱いって…。

このゲームは6人のヒロインの夢の本を探し出して一通りクリア→最終イベントという流れになっている。
各ヒロインの夢は要所で発生するイベントで正解を選択する(○)か時間切れになる(×)かでストーリーが分岐。
各夢をクリアすると到達したエンドのヒロイン(バッドエンドは無し)が夢の本の表紙になり、この表紙の揃え方によってエンディングが変化する。(最終イベント前なら何度でも夢を繰り返すことが可能)
以下はそのルート表。
・ナギの夢(バッド2はイベントイラスト付きなので見落とさないよう注意)
 ○○○○咲夜 ○○○×マリア ○○×歩 ○×○or×○○ヒナギク○××○or×○×○伊澄
 ○×××or×○××バッド1 ××○バッド2 ×××○バッド3 ××××ナギ
・マリアの夢(2回目のイベントはストーリーが若干変わるが分岐しないので−と表記)
 ○−○○伊澄 ○−○×咲夜 ○−×○or×−×○ヒナギク ○−××or×−××歩
 ×−○○マリア ×−○×ナギ
・ヒナギクの夢
 ○○○○or○×○or××○or×○○○マリア ○○○×or○××or×××or×○○×ヒナギク
 ○○×○歩 ○○××ナギ ×○×○咲夜 ×○××伊澄
・歩の夢
 ○○○○or○×○○ナギ ○○○×or○×○×咲夜 ○○×○or○××○伊澄
 ○○××or○×××マリア ×××○ヒナギク ××××歩
・咲夜の夢(4つ目のイベントで「咲夜が心配」を選ぶと○の演出なのに×ルートになるので注意)
 ○○○○ヒナギク ○○×○or○××○or×○×○or×××○ナギ
 ○×○○マリア ×○○○伊澄 ××○○歩 4つ目のイベントで×咲夜
・伊澄の夢
 ○○○○or○×○○or×○○○マリア ○○○×or○×○×or×○○×ナギ
 ○○×○or×○×○or××○○歩 ○○××or×○×××or××○×ヒナギク
 ×××○咲夜 ××××伊澄 ○××バッド

エンディングは大きく分けてノーマル・トゥルー・ノーマルヒロイン・トゥルーヒロインの4つ。
・ノーマル
全ての夢の本とその表紙の顔をを一致させないことで到達できる。
ルートを知らないと条件を満たすのにとても手間がかかる。(ナギと伊澄のバッドエンドを混ぜるのがコツ)
実質的にはバッドエンド。
・トゥルー
全ての夢の本とその表紙の顔を一致させることで到達できる。
マリアの夢を×−○○、他のヒロインの夢は全て××××にすると簡単に揃えられる。
実質的にはノーマルエンド。
・ノーマルヒロイン
表紙の顔が一番多いヒロインが最終イベントのパートナーになる。
エンディング自体はトゥルーと共通。
全ての要素がトゥルーヒロインに含まれているため見る価値なし。
・トゥルーヒロイン
表紙の顔を1人のヒロインに統一することで到達できる。
共通エンディングの後にイベントイラスト付きの後日談(各ヒロイン個別)が見られる。

おまけ。
各夢をクリアするとそのエンドに対応したオブジェが各ヒロインの部屋に追加されていく。
その中にはアイテムとして取得できる特殊オブジェ「服」があり、対応するヒロインの部屋に設置して入り直すとイベントイラスト付きのコスプレ(各ヒロイン個別)が見られる。
ナギ&マリア、ヒナギク&歩、咲夜&伊澄が対になっているので(例えばナギの夢でマリアエンド→ナギの部屋にマリア用の服が追加)見逃すな。

ちなみに特典ディスクは女性声優へのインタビューなので声優が好きな人じゃないと楽しめないと思う。
私も最後まで見てないし、ってか飽きる。
OVAのプロモーション映像も収録されているので、あらかじめデキの悪さを確認できるという意味では有用と言えなくもないが。
ワゴン逝きを待つべき・・・★★★☆☆
自分は原作全巻読破&アニメ1期も全話見てリアルタイムで原作もチェックしてる者です。
予約購入してゲ−ムをプレイした結果、エンディングまでは5時間弱でした。やはりこういう原作つきのキャラゲ−にあまり期待をしてはいけなかったのでしょうか。発売前情報では6人分+マルチエンドのシナリオ+フルボイス=結構なボリュ−ム的な宣伝もしてましたが、案の定、ガッカリでした。一人分シナリオは約30分弱とかその程度で終わります。各所に挿入されるわけのわからんコミュニケ−ションパ−トとか、はっきり言って必要ないです。(某社の有名法廷ゲ−ムのような・・・)最近はこのような駄作なADVが多いのでしょうか。なんか無駄にマルチエンドにするためにこのような機能を付けたせいで話がピンボケしてますね。特典のUMDビデオも出演声優のインタビュ−とOVAの紹介映像だけの内容でなんだか正直いらないです。(OVAは既に見てます・・・・)正直今購入を考えている方は、ゲ−ムショップのワゴンセ−ルに放り込まれるのを待つか、覚悟の上購入してください。私のようなファンの方
でも楽しめるか微妙です・・・・むしろ原作殺しです。 

長々とレビュ−すいませんでした。それでは。