TVゲーム情報ブログ

真・女神転生 デビルチルドレン 炎の書

アトラス
GAMEBOY ADVANCE
 「真・女神転生 デビルチルドレン」シリーズの第2弾となるのが本作『炎の書』だ。
同時発売の『氷の書』と合わせて悪魔合体も可能なほか、前作の『光の書』、『闇の書』から仲魔のデータを引き継ぐこともできる。

   プレイヤーは主人公「ジン」となり、天使と悪魔の争いで滅亡に至った世界を救う旅に出る。
襲いかかってくるデビルは、倒すだけでなく交渉によって仲魔にすることもできるので、仲魔を増やしてパーティを強くしよう。
『炎の書』では予定外に強力な仲魔が合体してできる場合があり、『氷の書』よりも新種が生まれやすいように設定されている。

   通信ケーブルを使うことで『氷の書』の仲魔を交換して『炎の書』だけではできない新種の仲魔を作ることができる。
もちろん対戦プレイも可能だ。
(林田信浩)

育てるっていい!!★★★★☆
光の書、闇の書の主人公だったジンとアキラが続いて主人公に。
システムは、敵と話したりしてナカマにして、ナカマ同士を合体さしてより強いデビルを作り出すというものです。
前回の主人公の役割は指示を出すだけだったが、今回はカードを使って戦闘に参加できるようになりました。
前回のデビル+100体以上で、なんと480体以上になりました。

しかも、光の書、闇の書とも通信が出来るのでVERY GOOD!