TVゲーム情報ブログ

F-ZERO FOR GAMEBOY ADVANCE

任天堂
GAMEBOY ADVANCE
   スピード、臨場感、操作性、そして世界観。
そのすべてにおいてハイレベルなレースゲームである本作は、スーパーファミコンから始まった人気シリーズで、第3作目を飾る。
1作目からのシステムを継承し、グラフィックや画面構成なども第1作目をほうふつとさせる。
ただし、登場するキャラやマシンはすべて一新され、また新たな気持ちでトライできるようになっている。

   プレイヤーは性能の異なる4台のマシンの中から1台を選び、3つのグランプリ制覇を目指していく。
0.1秒を争うタイムアタックが熱く、クリアするごとに新たなマシンとグランプリが出現する。
対戦ケーブルを使うことで、友達との白熱したバトルも楽しめほか、本作はゲームボーイアドバンスの機能を活かした1カートリッジ4人同時対戦も楽しめる。
このほか、友達が持つタイムデータの共有もできるようになっている。
(池村慎一)

ものたりない★★★☆☆
スーパーファミコン版の面白さが強すぎて、ちょっと不満。
コースが難しくなりすぎたんかな?
ファルコンがいなくてもやっぱりF−ZERO!★★★☆☆
このゲームを始めてみたとき、あれ?なんでファルコンやドクタースチュワートがいない!?
って思ったけどこれってその時代から4世紀半もたった話なんですね。二人そろって伝説の
ドライバーになってる!
そして、ゲームの評価ですが、やっぱりF−ZERO!面白いです!
あの名作であるSFC版を引き継いでいるだけあってすごい。初代でも良く使うアクセルボタンを連打して曲がる方法もブラストターンというテクニックになってさらに使いやすくなっています。マシンも個性豊かないろいろなマシンがあり、どのマシンもそれぞれ性能がぜんぜん違うので面白いです!
欠点といえば初心者の方にはとっつきにくい所とマスターのコンピューターが異常に速い所でしょうか。クレイジーホースの速さは半端じゃないです!あと、ゲーム上ではまったくストーリーがない所でしょうか。どのキャラが仲がいいのかライバルなのかが分からない!みんな新キャラだから多少でもストーリーは欲しかったです。
それでも、F−ZEROにはまった人ならば絶対に楽しめるので、是非激買してくれ!!
はまったよ。デートもキャンセルしたよ。軽く殴られたよ。★★★★★
スーパーファミコン版に夢中になった思い出から購入しました。
また、夢中にさせていただきました。

様々な星にサーキットを作り、マシンを走らせることができる世界。
プレイヤーはパイロットのひとりになって難コースに挑む!!といった設定です。

ブースト(一定時間スピードアップ!!)の威力、カーブの曲がり方、
最高速度を越えたスピードの落ちにくさ(個人的にはスピード保存力とよんでます。)、
加速力、耐久力、ジャンプ時の飛距離、安定性が組み合わさって、
マシンの個性が際立ちます。

始めは、上記のことを走らせながら身体で理解します。
そのうち、マシンに合わせた走り方を研究します。走るコースを模索します。
ショートカットができるかどうか。どこでブースト使うか考えます。

頑張るうちに、新キャラが!!!!そのキャラで走ると新しいマシンの要素を発見して…
と、どんどんはまっていきます。

これ、本当に面白いです。極めようとしたらものすごく熱い気持ちになる。
面白くない★☆☆☆☆
中古でやたら安かったので買ってみたのですが、ストーリーなど全くありません。
ただひたすらレースで優勝して車種を増やすだけです。
レースゲーム大好きな人は楽しめるかもしれませんが、それほどでもない私はすぐに飽きてしまいました。
これは…★☆☆☆☆
子供向けの作品です。まず、敵のレベル最大にすると、敵の車は絶対に説明書に書いてある最大時速以上のスピードを普通に出してきます。
しかも敵は普通に後ろから横からバカンバカン車体をぶつけまくってくれるのですが、こちらからの防御手段は「ぶつかってくる敵を利用して速度を上げる」という不思議な方法しかありません。
確かに車の種類は多いけれど、性能差がありすぎるために遅い車種は敵のレベルが低い時にしか使えません。