TVゲーム情報ブログ

魔導物語1 MD 【メガドライブ】

コンパイル
Sega Megadrive
単なるキャラ萌えゲーじゃない★★★★★
メガドラ最後のソフトで容量も16メガと十分、しかも当時はゲームアーツ、トレジャーなどと並んでトップクラスの技術力を誇っていたコンパイル制作ということで、大変完成度の高いゲームに仕上がってます。ハードを完全に使いこなしている。グラが緻密で発色も鮮やか。操作性、処理速度も快適でストレスは皆無。ぷよ通などと違い音声もクリアです。GGでもこのシリーズはいっぱい出たけど、やっぱりこれが一番です。

もちろんアルルの可愛さは反則レベルだけど、本作は単なるキャラゲーではないと断言できます。3DダンジョンRPGとしてなかなか本格的な仕上がりです。基本システムがしっかりしてるし、仕掛けや謎解きなども意外と凝ってる。戦闘は格闘ゲームみたいに簡単なコマンド入力で攻撃するんだけど、これが直感的でテンポが良くて凄く楽しい。バランス調整も見事。

キャラ萌えしたい人、面白い3DダンジョンRPGが遊びたい人両方におすすめできる優良ゲームです。古さも感じないと思う。
良作!★★★★☆
メガドラ最後のソフトだけあって、システムやバランスの良さ、ボイスなど充実している3D型のRPG。
戦闘の時は、特殊なコマンドをいちいち入れるのが面倒だが、マップを埋める楽しみや、滑る床の攻略など面白い。
でも世界が塔の中だけなので小さいのが不満(続編が出る予定が、GGのみで終わった)なのと、アニメ声全快なので恥ずかしい。
「ぷよぷよ」のキャラが総出演しているが、こちらが本家とのこと。
「ぷよぷよ」を知らなくても楽しめます。