TVゲーム情報ブログ

東北大学未来科学技術共同研究センター 川島隆太教授 監修 脳力トレーナー ポータブル

セガ
Sony PSP
どうしても★★★☆☆
DSのものと比較してしまいます。
実際にプレイしてみて、ボタン操作のみというのはプレイの幅に制限をかけている印象を受けます。
相手が悪い★★★☆☆
全国制覇まで一気に終えてしまいましたが、やってる途中はなかなか
楽しかったです。
でも、同じ川島教授の脳モノですがDSのベストセラーと比べると
どうしてもタッチペンの分が物足りなく感じてしまう。

DSの脳ブームに引っ張られて売れた部分もあるでしょうが、PSPに
とってはハード全体にネガティブな印象をもたれてしまったかも
しれませんね。
やはりタッチペンが無いと・・・★★☆☆☆
DSの某ソフトでははまったのに,PSPでは正直がっかり。
面白さが雲泥の差。同じ川島隆太教授の監修でもこんなに違う物なんですね。
DSのタッチペンによってバリエーション豊かなゲーム性が出せるんですね。
動いている数字をペンで指したり,場所を指定したり,漢字や英単語を書いたり・・・
DSを持っている人は買ったら後悔しますよ。^^;
確かに頭は良くなるが…★★☆☆☆
良いところ
○ユーザーを設定・選択できて多人数のデータがセーブできる
○プレイしていくうちに、できる問題の種類や難易度が増えていくのが楽しい
○問題数が多く、同じ問題に出くわすことがあまりない
○多少ながらコンプリートする要素があり、ある程度やり込める
○毎回の評価が蓄積され自分の苦手な分野などがわかりやすく確認できる
○少なからず脳を活性化している感覚が味わえる

悪いところ
●グラフィックが雑
●四択という限られた選択肢からしか回答できない
●効果音の種類が少ない
●毎日続けようと思わせる魅力的な要素が足りない
●上記の理由から最終的に飽きてやらなくなる

総評…購入後一ヶ月程度は楽しくプレイし続けられるが、それから後は個人の忍耐力が必要となってくる。脳の為とは言え、変わり映えの無い画面を眺めながら面白みの無くなった問題をコツコツと解いていくのは正直苦痛である。忍耐強い方で飽きっぽくない方ならガマンできるかもしれない。
脳を鍛えよう!★★★★★
最初は、「たし算」「ひき算」など、簡単な問題でしたが、やっていると、だんだん難しい問題が出てきます。よくIQテストに出てくるような問題も出ますので、その問題でA(一番いい評価)が出せたら、すごく頭が良くなった気がします。他に、「よん たす ご」「ごじゅうよん わる きゅう」など、簡単な「たし算」、「わり算」などが、ひらがなで出る問題や、「あか」と青色で、書いていて、文字ではなく、色が何色か答えたり、4つの数字のうち小さい数字から順に消していったり〜など、いろいろな問題が、あります。
※※都道府県別の問題も、ありまして、B評価まででしたら、合格できて、その都道府県を「制覇」!した事になり、さすがPSPといった、すごくキレイな風景写真が、Getできて、その写真は、セーブすれば、好きな時に、いつでも見れます!問題を、やって、疲れた頭が、すご〜く癒されますよ〜。    
学生さんは、集中力UP!、勉強の息抜きに!、大人は、記憶力、判断力、反射神経UPに!、ご年配の方は、脳の活性化で、ボケ防止に!年齢問わず遊べると思います。ちゃんと、ゲームソフトのパッケージには、「全年齢対象」と書いてますしね。