TVゲーム情報ブログ

ベストプレープロ野球

エンターブレイン
GAMEBOY ADVANCE
 『ベストプレープロ野球』は、プレイヤーがプロ野球チームの監督となって、出場選手の決定や、試合中の作戦の指示などでチームを勝利に導びいていくプロ野球シミュレーションの決定版だ。
大ヒットタイトル「ダービースタリオン」シリーズの生みの親・薗部博之氏が手がけたプロ野球シミュレーターの傑作が、GBAでいつでもどこでも気軽に楽しめようになった。

   本作の特徴は、いわゆるプロ野球アクションゲームではなく、初めから用意されているプロ野球チームの各選手のリアルなデータに基づいて試合を行い、試合の状況によってプレイヤーが監督となってさい配をとることが可能なところだ。
これにより、まるで実際のプロ野球選手の監督になったようなリアリティーを堪能することができるのだ。
長いペナントレースをとおして、チーム順位や各選手の個人成績を争っていくのだが、各選手のデータは「打率」や「防御率」など、非常に細かく分けられ管理されており、その再現率も極めて高いといえるだろう。

   もちろん、プレイヤーの任意で選手のデータを書き換えたり、オリジナルの選手を作ることもできるので自由度が高い遊び方ができるのも『ベストプレープロ野球』のキモである。
夢の対決シーンや、夢のオールスターチーム結成など、リアルなデータだからこそ説得力のある「if」の野球界も堪能してみたい。
(荒沢有紀哉)

半永久的プレー★★★★★
今まで色んなゲームをプレイしてきたけど、その中で一番多くの時間を割いたのが
このベストプレープロ野球シリーズです。

とにかくエディット機能のおかげでその気になれば一生遊べるし、チーム成績等も
あるていど現実的な結果に収まるような絶妙のバランスなので、野球ファンなら
1本持っておきたいゲームではないでしょうか。

特にこのGBA版は携帯機という事もあっていつでもお手軽にプレイできる点が
魅力です。

ただ、前述したようにエディットのおかげでずっと遊べるのはいいのですが、
さすがにそろそろ各機能を強化した新作を出してほしいものですねえ。

やっぱり面白い★★★★☆
ファミコン版からプレーしてきた自分にとっては根本的に変わらないベスペレで良かった。
良いところは試合のテンポや展開は相変わらず楽しいし、日程をエディットしたら交流戦も楽しめる(両リーグの成績にも不備なく対応)不満なところはバントを少ないにすればノーアウト1、2塁のような場面でも強攻策にでるし、投手に代打を出さずに無得点で終わっても次の回の頭から投手交代するという理不尽さはあるが笑って許しましょう。
携帯ゲーム機でこそ行きるゲームではないでしょうか
ファミコン版 命!★★★☆☆
私の理想はファミコンの’90年度版。
あれはベストプレーの完成系だと思う。
ファミコンなので選手名はひらがなで入力しやすい。
2、30分もあれば1チーム作れます。
そもそもシミュレーションなんだから、戦略を楽しむシステムにするべきなのでは?
余計な演出は全く必要ない。
ファミコン版のリメイク程度の解釈でいいじゃないか。
あと、これから続編を作るのなら、絶対シーズン終了後に出してほしい!
開発者が勝手に選手データをつくるのはおかしいよ。
そのへん、’90版は良く出来ていた。
携帯ゲームで最高のベストプレーがやりたい。
かなり楽しめるが、改良を望む★★★★☆
自分でデータを変える事ができ、結果がきっちり残せるのはとてもよい。また、ゲーム内容もかなりスリリングでマジになってしまう時もあるので面白い。ただ、コンピューターがかなり頭が悪く、何度も初球に盗塁をしてる
のにもかかわらずウェイストをしない。たまにするが、その頻度が非常に少ない。監督の設定でバントをするを普通にするとノーアウト1塁バッターが投手でもほとんどバントをしない。エンドランをした時に明らかにフライのアウトになるのに戻りが非常に遅くダブルプレーになる。満塁でピッチャーゴロを打ってもダブルプレーが取れない。ピッチャーとキャッチャーの動きがトロ過ぎ!ゲームを途中で終了し、やり直すと全く同じ結果になる。つまり先頭バッターがセカンドゴロでエラーだった場合。守備力が同じ2塁手に入れ替えると全く同じエラーをする。成績の中に対左や得点圏打率が欲しい。一番思うのは野手の力がD以下の右打者は良い打率を残せない。これが一番解決してもらいたい事である。和田、飯田、波留、川相、井端など良い選手であるがベスプレではどうしても活躍できないのが難点。

まあ、野球ゲームを作るのは並大抵の事ではないので十分合格点を出せるゲームだと思う。

「仕様」と言う便利な言葉に乾杯!★☆☆☆☆
PC版でおなじみæ-¥æœ¬ã®ãƒ-ロ野球のシミュレーションゲームの主役の移植だã'ど、GBA版にé-¢ã-ては「GBAのãƒ'フォーマンスã‚'考æ...®ã€ã-てè¿'未来の平成不況下のãƒ-ロ野球ã‚'再現ã-ています。まず自分のチームの試合がä¼'みでも、同じæ-¥ã«ä»-球団の試合があるå '合「ä»-人が働いてるã‚"だからä¼'ã‚"でã‚"じゃねぇよ!」とばかりにä¼'みと認められず投手のスタミナは回復ã-ませã‚"。ローテーションの谷é-"に悩む監督のæ°-持ちã‚'ä½"é¨"ã-たいユーザーのみなさã‚"、ä¼'みがないばかりに投手のスタミナが回復せず同じä½"é¨"が出来ます。また監督は自分のチームの選手の事ぐらい把握ã-ていなã'ればなりませã‚"。そã"で本ゲームではあえて試合中は防御率ã‚'表示ã-ていませã‚"。試合前に覚えるå¿...要があります。またåŠ'働ç'°å¢ƒã®æ‚ªåŒ-で投手の規定投球å!
›ž!!
数は試合数に1.066ã‚'かã'た数å­-が規定投球回数となっています。リリーフエースのみなさã‚"、149回と1/3投ã'ないと防御率のタイトルはとれないぞぉ! さきほどメーカーに確認いたã-まã-たが、ã"れらはGBAのãƒ'フォーマンスã‚'考æ...®ã-て意図的にã-た「仕様」です。ローテーションの谷é-"ã‚'頻繁にä½"é¨"出来き、試合前に防御率ã‚'æš-記する事で脳ã‚'æ'»æ€§åŒ-させ、サーãƒ"ス残業が一般的になりつつある現状で投手にその役割ã‚'与え厳ã-い現代ã‚'GBAのãƒ'フォーマンスによってä½"感出来るベスãƒ-レ史上最高å‚'作のゲームです。架空の設定ã‚'大胆にも本ゲームに採ç"¨ã-たメーカの英æ-­ã«æ„Ÿæœï¼