TVゲーム情報ブログ

F-ZERO CLIMAX

任天堂
GAMEBOY ADVANCE
内容充実、とてもお得、買って損することは、ほとんど無いと個人的には思う。★★★★★
とても中身ギッシリの内容でやりすぎなくらいお得感ある作品。友達には自信を持って面白いよ、と紹介できる作品。

一定の条件を満たし、使えるマシンが増えていく、最初は5、6体しか使えないが最終的には学校の1クラス分くらいのマシンが使えるようになる。で、終盤に使えるようになるマシンほど強力かといえばそうともいえない、カーブを曲がる時減速するマシンは、まずはじかれ(これが一番重要だと思う)、かなり絞られるが、耐久性に乏しいマシン、加速が遅めのマシン、曲がりにくいマシンとはじいていくと、結局は最初から使えるドラゴンバードが一番使いやすいんじゃないかな。自分は全マシン出したけど、そう思った。ゾーダやブラックサタン(だったっけ?)のマシンじゃ、少しレベルの高い大会になると全くついていけないのは、私だけ?特にブラックサタンのマシンは加速力が余りにも無く、かつ急ブレーキの反応も悪すぎ、このマシンだけはプロフィールすら出せず残念だ。

コースエディットはエフゼロファンなら誰もが夢見た機能だ。目茶苦茶なコースを作ろうと思ったが、ある程度制約があるのが残念だ。だがアイディアしだいでかなりヘンテコなコースが作れる。
ずっとダッシュ盤が続くコースは、2000km近くの超スピードで走り続けるスピード地獄でカーブするためには減速すらも許されない状況で必死にマシンの向きを変えなくてはいけない、超スピード感を味わうことができる。
逆走ダッシュ盤があるコースでは、ダッシュ盤とフェンスのわずかな隙間を走らなくては通過できず、少しでもダッシュ盤に触れたら逆走され、弾かれ、通ることが許されない。
(ダッシュ盤というのは、通路が全部ダッシュ板で埋まったパーツのことで、コースエディットはいくつかのパーツの中から選び、つなげてコースを作ります)
コースには名前もつけられる。
初心者から上級者まで、全ての人が楽しめる奥の深い作品★★★★★
この作品はF−ZEROシリーズの中では最も新しい作品というわけですが(まあ、個人的にはそろそろ続編を出して欲しいものですが、それはさておき)、GBAという(こういっては何ですが)小さな要領の中に、これだけてんこ盛りの作品を作れるのかと思うほどです。
このゲームの前作『F−ZEROファルコン伝説』から登場したゼロテストで、初心者も安心ですし、中〜上級者になれば、同じモードでタイムアタックにしのぎを削るという楽しみ方も出来ます。
待望のエディット機能も追加され、自分だけのオリジナルコースや、懐かしいコースの再現なども出来ます! テストランで自作コースを走ることが出来るだけでなく、コンピュータによるレースの観戦もでき、ますます充実のモードです。
また、新モードのサバイバルでは、いわゆる勝ち上がり形式でコンピュータと対戦することも出来ます(もちろんレベルも、初心者から上級者向けまで多彩!)。
オプションでも、諸設定以外にも、ストーリーラインやキャラクタープロフィールといった項目があり、総勢30人を越えるパイロットたちの経歴や、アニメ版『F−ZEROファルコン伝説』のストーリーも楽しむことが出来ます。
そして、忘れてならないのは、このゲームの醍醐味とも言えるグランプリとタイムアタック(タイムアタックには、ゼロテストも含まれます)! 30台近く登場するライバルとしのぎを削る優勝争いを繰り広げ、自分自身やその他の人たちのレコードとの白熱するタイムアタックバトル。
見所・やり所共に満載の、素晴らしいゲームです。スピード感あふれるF−ZEROの世界を、皆さんも是非楽しんでください!!
やはりいいものはいいですよ★★★★★
初めてF-ZEROをプレイしたのはたしかSFだったと思います。
それから一時期離れていた時期もありましたがやぱりいいですね、F-ZERO。
やりこみの要素もたくさんありますし、いままでになかったアクションも追加されて
いるのでコアなファンにも初心者にもオススメできると思いますよ。
これでF-ZERO自体が終幕してしまうのは僕としては非常に残念です。
個人的にはDSかWiiで新しいのがでないかなぁ、とも思っている今日のこの頃です。
女でも熱くなれるゲーム!★★★★★
エフゼロはSFCソフトしか持ってなく、このソフトは皆様のレビューを拝見して購入したのですが、これは面白いです!!
ただ説明書読まない人間なのでブースター使い続けて大変な事をしてしまいましたが(SFC版、ブースター使ってもゲージ減らなかったような…)

まだSFC感覚が手に少し残ってて操作が難しく感じますが、慣れると絶対楽しいです!

SFC版しか持ってなく、何か物足りないかな?と思う方は是非購入してはいかがでしょうか。

あのスピード感は病みつきになります(笑)。
個人的にグッド  まずFZERO初めての人は基本テクニックを知ろう★★★★☆
某がF−ZEROを始めてやったのはスーパーファミコン。そのときは・カーブが曲がれない・ジャンプ台は必ずミスする
楽しい。けど難しい・・・
それは、幼かったため説明書も読まず(見たことがないです)、マリオカートに、慣れていたからだと分かりました。

このゲームはカーブを曲がる方法が独特だと思います。基本テクを知らない人はグリップEのキャラでクリアできないと思います。そうならないよう、公式サイトの「基本テクニック」を見るか、ゲームのオープニングムービー(1分位すると出てきます)を見てみると良いです。知らないと、全部のマシンを使いこなすのは無理です。
次にジャンプ台。これも基本テクです。マリカーと違い(マリオカートも忘れているんですが確か)、十字キーの上を押していては駄目です。
マシンの重心が前に行き、落ちてしまいます。

基本テクを知ると楽しめるゲームです。