TVゲーム情報ブログ

山村美紗サスペンス 京都鞍馬山荘殺人事件

マーベラスエンターテイメント
Sony PSP
トリックの女王、山村美紗原作の本作推理サスペンスAVGがPSPに初登場!
登場人物たちの愛と憎しみが交差する奥深いストーリーが、プレイヤーを作品世界へと誘う。
本作はLEVEL(章)ごとに設定された物語を読み解く設計になっているので、誰でも手軽に推理に没頭できる。
またプレイヤーの行動はゲームスコアという形で評価される仕組みになっており、行動の積み重ねによってスコアが変動。
その結果に応じて3種類のマルチエンディングに到達する。
グラフィックは、"MGS(ムービング・ジェスチャー・システム)"搭載によってつねに動き続け、まるでドラマに参加しているかのような臨場感を実現。
舞台となる京都の美しい町並みは、約100枚のCGで美しく再現されている。


http://dol.dengeki.com/
まあ暇つぶしに何もゲームが出てなければ買ってもいいのでは?★★☆☆☆
山村作品は何を買ってもなぜかつまらないので、これも他に遊ぶのがなかったので

しょうがなく買った感じ

案の定ひねりも意外性も個性もないストーリーで

小説的にもゲーム的にも(アドベンチャーゲームだからゲーム的ってのは面白いも何もないですが・・)

ただボタンを押すだけ、寝る前に楽しみにやるとかトイレ要員とししても厳しいが

通勤電車で本当に暇ならできる作品でした
お勧めしません★★☆☆☆
うーんイマイチ。
大体言いたい事は西村京太郎と同じ。
シルエット表現はやっぱり違和感がある。
ストーリーもベタで意外性に乏しく、新作として出す程の内容ではないと思う。

DSで出てたやつの方が面白かった。
何でPSPでこんなゲームつくるんだろう?

一応クリアしましたが、つまらないゲームでした。
チープ★★☆☆☆
実写ではなく痩せこけた顔のシルエットなのが感情移入できない。
シナリオもBGMもなんかぱっとしない。
残念
お粗末なサスペンスドラマに辟易★☆☆☆☆
西村京太郎「悪逆の季節」に続き、3DO版からのリメイク作品。

リメイク版「悪逆の季節」同様、今作も登場人物が全員シルエットになっており、名前も美扇、華扇、陽扇、麗扇、幽扇と似たものが多いので、最初のうちは誰が誰だか混乱する。「サスペンスドラマ」として割り切って実写を使っていたオリジナルの方がはるかに真っ当な作りだった。

内容は日本舞踊の一門の後継者争いに絡む殺人事件で、この手のサスペンスにありがちなパターンで、何の捻りも深みも無いシナリオ。二時間サスペンスとしてもベタベタだが、謎解きミステリーとしても突っ込み所が満載。密室殺人の証拠のご都合主義や、アリバイ作りのあまりのお粗末さには笑ってしまった。ボリュームも少なく、普通にプレイしてもクリアまで3時間も掛からない。

山荘内を3Dで探索するシーンが出てくるが、これも何のためにあるのか意味が分からない。各登場人物の部屋を見つけたら終了で、その後二度と出てこない。

「悪逆の季節」に比べれば探索に回数制限が無く、いつでも自室でセーブが出来るので遊びやすくはなっているが、そんなものは特筆するような部分ではなく、AVGとして当然のもの(特に携帯機では)。

とにかく古い作品のリメイクとは言え、シナリオがベタだしゲームとしてお粗末すぎる。中古で安く買ったが、それでも損した気分。
DSに比べると・・・★★☆☆☆
PSPでのサスペンスシリーズは、いまいち盛り上がりにかけるというか、運が左右することが多い気がする
同じマーベらス作品でもDSで出しているものは、調査したり、調べる機能がゲームをしている気分にさせるが、PSPになるとさらっと終わってしまう感じがいなめない
また、人物をシルエットにしている分、感情移入がしにくくますますゲームを面白くなくさせてしまっているんだと思う

今回はストーリーにひねりがなく、予想通り終わり、ゲームそのものも短いものだった。