TVゲーム情報ブログ

サモンナイト クラフトソード物語 はじまりの石

バンプレスト
GAMEBOY ADVANCE
シリーズ最新作にして最悪作品★☆☆☆☆
ストーリーとキャラと言えば、ゲームの評価をする上でとても大事な部分だ。

しかしこの作品はその両方が最悪なレベルなのだ。

プレイしてから1年経つが、印象に残っているのはメガネ女のウザさだけだ。
それほどまでにダメなストーリーなのだ。
ラスボスなんて目もあてられない。

逆に3年前にプレイした1の内容は全て鮮明に覚えている。

クラフトソードというシリーズは、1、2、3と進むにつれ、
システムは進化しているが、
ストーリーは劣化を重ねている気がする。

まぁシステムが洗練されていたのも、2の話しで、
3では色々と余計な要素がついてしまった気もするが。。。
キャラは駄目★★☆☆☆
やってみて一番駄目なのが主人公と護衛獣以外のキャラクター。まず名前が半分適当(ロブ ボスタフ アニス以外)次が設定、特にミューノは性格が暗過ぎる、あと主人公には冷たい。あと敵キャラは少ない(3・4人しかいない)それ以外の感想を1〜3にまとめます
1、ストーリーが単純、短い 2、武器が多い
3、戦闘での要素が多い
以上です。ちなみに俺が使ってるのがリッチバーンとルフィールです
システムは良いのに…★★★☆☆
個人的な好みもあるけど、キャラがウザい。

空気読まない銭ゲバ
明らかにやり過ぎてただの変質者の敵
最後までキャラが定まらなかったラスボス

それらとの絡みが少ないクリア後の世界は凄く楽しいです。


やっぱり2が一番かな
主人公の真っ直ぐさ★★★★★
DSでサモンに触れたのでこのシリーズにも興味を持ちプレイしました。
他のレビューを読みましたが、ヒロインが悪く言われてますね…私はそうは思いませんでした。
ミューノは自分に関わると不幸になるという理由で詳しい事情はしばらく話してくれません。
それは、事情を話してしまうと主人公たちの居場所もミューノの村のように壊滅させられると考えたからでしょう。
自分に親しくしてくれる人たちに秘密を持つということは、彼らの信頼を裏切るということ。
話してしまえばどんなに楽か…何度もそう考えていたと思います。
そして、主人公はどんな理由でミューノを守りたいと思ったのか。
それは序盤、彼が自分の口から教えてくれます。
「困っている人をほっとくのはカッコワルイから」それだけです。
ただそれだけの理由で自分の命をも危険にさらして彼女の力になろうとします。
その真っ直ぐすぎる考え方は大人から見たら「現実を知らない甘ちゃん」でしょう。
しかし、そんな子供らしい真っ直ぐな彼の姿は次第に沢山の人々を惹き付けていきます。
みなさんも真っ直ぐな彼らを見守ってみませんか?
…あと、主人公が何度か殴られてたのはキツかったです…が、逆にまったく折れない心と体に関心しました(笑)。
シナリオが・・・★★★☆☆
システムは本当に1のころと比べると良くなってます。
武器の強化もキャラボイスの種類も2に比べて充実していると思います。

ただ、タイトルにもあるように一部の伏線が明らかにされなかったり、キャラの性格が合わなかったりとシナリオに関してはお勧めできません。
1とはシナリオライターが違うとはいえ、ちょっとひどいと思います・・・(汗
ストーリーを楽しみたいという方にはお勧めしにくいです。