TVゲーム情報ブログ

ゼロパイロット 第三次世界大戦 1946

グローバル・A・エンタテインメント
Sony PSP
架空戦記の第三次世界大戦を題材にしたシューティングゲーム。
プレイヤーは、日本軍またはドイツ軍のパイロットとなって、80種類もの歴戦の戦闘機を操縦しながら多彩なミッションをこなしていく。
命令・指示に従って任務を遂行する「キャンペーンモード」には、敵機の撃墜や味方の護衛など30種類以上のミッションを収録。
与えられた任務の条件を満たしてクリアすれば、プレイできるミッションや搭乗できる機体の種類が増える。
「フリーミッション」では、キャンペーンモードでクリアしたミッションの設定を自由に変更してプレイが可能。
「コレクションモード」では、獲得した戦闘機を鑑賞したり、ミッションごとの戦績を閲覧したりできる。


http://dol.dengeki.com/
歴史上の空戦場を見物するには最高★★★★★
零式艦上戦闘記のシリーズと比べて、まじめに戦わなくても味方が勝っていくので、
簡単にステージを見ることができます。
戦いの様子や、その地形とかを空から見物できます。
これがよい点だと思います。まじめに戦うこともできるし、敷居を下げてくれたのは
素直に評価したいと思います。
ゼロ・パイロットとうたってはいますが★★★☆☆
この作品、初代ゼロ・パイロット〜銀翼の戦士〜とはもはや別作品です。
初代の雰囲気などを期待していると、後悔することでしょう。
この作品は初代の、ゼロ・パイロットシリーズとしての面影はかけらもなく、零式艦上戦闘記シリーズ同然です。
ゼロ・パイロットの名を使った零式艦上戦闘記シリーズです。
こんなものなの?★★☆☆☆
〜レビューするにあたって〜
・私は太平洋戦争時代の機体を使用する(プロペラ機を使用する)、フライトシミュレーター系シューティングは初プレイです。
・私は太平洋戦争時代の兵器は、名前を覚えている程度の知識で、深い愛着や思い入れはありません。
・4ステージ(1時間くらい)ほど勧めたところでレビューを書いています。
以上を踏まえた上で参考にしてください。

〜ゲームの内容〜
太平洋戦争時代の仮想戦記シナリオにそって、世界各国の戦闘機や爆撃機等を操るフライトシミュレーター系のシューティングです。
プレイヤーは、さまざまな機体に乗り込み、作戦内の与えられた任務をこなしてゆきます。
基本的には編隊を組み、護衛戦闘や爆・雷撃等をおこないます。

〜プレイしての感想〜
・まず、第一印象として爽快感が感じられない
シューティングの一番の醍醐味は、敵の攻撃をよけたり、撃墜したりして興奮や爽快感を味わうことだと思います。
しかし、エンジン音や射撃音等があまりにもショボく、グラフィックもショボいので、臨場感に欠け、いまひとつ世界観に浸れません。
ドッグファイトにしろ爆撃任務にしろ、戦闘に集中する時間に対して移動する時間が長く、非常にかったるく感じられます。
無線もあるのですが、字幕表示だけで現実味がありません。

・壮大すぎるシナリオ
仮想戦記ですので、当然シナリオなんてご都合主義なんです。
それはかまわないのですが、上記の理由で爽快感が感じられない上に、自国万歳みないな流れでシナリオが進んで行くのでウンザリしてきます。

〜評価できる点〜
・作戦内容が基本的に編隊を組んでの任務になるので、それぞれのポジションを楽しめる。護衛戦闘隊と、爆撃隊にわかれての編隊飛行など、ちょっとワクワクする。
・機体が多く、ファンにはたまらないかも。


一言で感想を表現すると「もっさりしたシューティング」。
自分は世界観にひたれず楽しめなかった。
今後の発展に期待して星ふたつの評価とします。
面白い!、が・・・★★★★☆
グラフィックも綺麗で概ね満足しています。
ただ、いい加減ゲームキューブの「撃墜王」の機体グラフィック流用するのはやめて欲しいです(-"-;)。

僕はキューブの撃墜王とPS2の零式艦上戦闘記弐しか持ってないのでPSP版は今までどうだったかわかりませんが、このシリーズは前々から飛行機のエルロンの動きが逆でした。それに加え今作ではエレベーター(昇降舵)の動きさえも逆になってます。
他のフライトシューティングではそこら辺はしっかりしてますが、このゲームはその点適当ですね( ̄▽ ̄)

ただ、そんな事関係無い人は全く気にならないと思うので人によりますね。

効果音はPS2とは断然いいです。BGMも雰囲気バッチリだと思います。

ただ、そのグラフィックの事を踏まえて評価は4にさせていただきます。
そこそこ面白かった★★★★☆
ZERO PILOTとなっていますが実質零式艦上戦闘記弐の続編です。
操作性やゲーム性は洗練されていて結構楽しめました。
またドイツや海外の戦闘機が大幅に増え、ミッションも前よりIfの要素が多く盛り込まれてると思います。
しかし前よりはマシになったものの未だに効果音やエフェクトがしょぼく、盛り上がりに欠ける部分がありました。
第二次世界大戦が好きな方やフライトシューティングが好きな方は十分に楽しめるゲームだと思います。

パロディウス ポータブル コナミ・ザ・ベスト

コナミデジタルエンタテインメント
Sony PSP
出来は上々★★★★☆
稼働当時と比べて一部楽曲が差し変わってますが、
それを気にしないなら十分楽しめます。
なお、オリジナル曲が気になる場合は、プレステに
「極上パロディウスだ!!デラックスパック」と
「セクシーパロディウス」が移植されてますが多分、手に入らないかと思います(>_<)

システムは『グラディウスポータブル』と同様で
「復活ポイントから中断セーブ」が搭載されてます。
あと、親切設計で「難易度上昇速度調整」と
「敵パターンの実機仕様とPSP仕様の切り替え」があってやり尽くせるかと思います。
あとはPSPの性能なら『PSP&ソフト2本必要という条件で2人同時プレイ』が実装できたのではないか?と
そこが残念で仕方ありません。
シェアリングでは無理がありと思いますので・・・

パロディウス好き、集まれ〜!!★★★★★
昔からよく、ゲームセンターでやっていました。私はPSP初心者で、この作品があるのを知ってすぐ購入しました。パロディウスが好き、と言うことで買った人ならば、必ず満足の行く作品だと思います。画質は勿論いいですし、タイトルごとに可愛いキャラが選べレベルの設定もでき、ライフの数もいじれます。ゲームセンターと違い、100円を追加しなくてもいくらでも遊べる、最高の作品です!
買って損はしません!!
非常に細かい作り★★★★★
本当に名作です。
パロディウスだ!しかプレイしたことなかったので、良い機会だと思い購入し全て遊んでみたのですが、同じ敵が姿を変えて登場してきたり、プレイヤーのテーマミュージックみたいなのもシリーズを追うごとにカッコよくなっていてすごく感動しました。

物凄く細かい背景、美しいBGM、なじみやすいキャラが魅力的だと思います。
実況!〜パロディウスでは実況ボイスが何かとヒントをしゃべってくれたり…是非ヘッドフォンをしてプレイしていただきたい作品です。

読み込みもほぼ良好、すさまじい弾幕(敵の攻撃玉みたいなやつ)があるところは若干動作が重くなりますが、それ以外は全く問題なかったです。
移植作品のなかで一番満足しているかもしれません。
STG★★★★★
コナミのSTG集4作はオリジナルの再現云々抜きで買いです。

パロポタは曲は差し替えになってますが違和感は感じないです。

極上パロなら難易度下げ、コナミコマンドを打ち込めば初心者でも進める作品です。

この作品も音楽鑑賞が出来ますし、サントラにゲームが付いてると思っても安いです
一部の曲が差し替え。★★★★☆
クラシックは一部を除き大体著作権はフリーだったりしますが
都合により。なのかPSP版では差し替えになってるようです。
個人的に曲が差し替わっても問題無かったりしますが、
今更ながら購入の御参考までに。

パロディウスだ!
日本面BGMが、ブラームスの『ハンガリー舞曲 第五番』に。

極上パロディウス!
UFOキャッチャー面BGMが『オクラホマミキサー』に。
お菓子面ボスBGMが『おもちゃの兵隊の行進』に。

実況おしゃべりパロディウス
ディスコ面BGMがDDRの『Brilliant 2U』に。
サーキット面のBGMが別の曲に。

セクシーパロディウス
牧場面BGM『北海道はどこにある?』がカット。
竜宮城面ボスBGMが『コロブチカ』に。
コンテナ面BGMがモーツァルトの『交響曲 第40番』に。