TVゲーム情報ブログ

夢想灯籠(初回限定版)

日本一ソフトウェア
Sony PSP
夢想灯籠は日本一ソフトウェア×フォグ×ブロッコリーの3社協力プロジェクトとしてお届けする、伝奇アドベンチャーゲームです。
従来の「背景とキャラクター立ち絵」で大筋が展開するアドベンチャー形式ではなく、全編「カットイン」と「イベントCG(背景含む)」で表現することを試みています。
CGの総枚数は500枚を超える大ボリュームです!


物語の舞台は、山間に存立する小さな集落・栄重村。
主人公の阪守鷲志は村に住む剣術を心得た青年です。

ひと月後に迫った村の伝統行事『灯籠流し祭り』の準備を終えた帰路、鷲志は全身に深い傷を負った村人と出くわします。

不穏な雰囲気を感じて、刀を構えた鷲志。
その前に現れたのは、異形のバケモノ"鬼"でした――
鬼との戦いに身を投じることとなった鷲志は、その渦中に意識を失い、灯籠世界と呼ばれる場所に行き着きます。

そこで待っていたのは、鬼を連れた謎めく女性・各務(かがみ)でした……

輪廻転生を題材として、平安時代から続く鬼と人間の因縁を描いた完全オリジナルの伝奇アドベンチャー『夢想灯籠(むそうとうろう)』にご期待ください。
久遠の絆、ミッシングパーツ…★★☆☆☆
…みたいなのを期待すると裏切られますし、流行り神よりも見劣りします。
シナリオが短かすぎるんです。
最初は引き込まれるような導入部分だったんですけど尻すぼみで終了。
これで終わり?
というのが正直な印象。
600枚のイラストは多少荒々しいが目まぐるしく変わり、視覚で楽しませてくれるが、膨大なイラストのせいで短くなったのなら本末転倒だと思う。
また、選択肢が好感度上げにしかなってない点が気になった。
イエス・ノーどちらを選んでも結果が同じ。
また、脇役を助けることが出来てもその後その脇役は登場せず事実上死んでも死ななくてもストーリーには関係ない仕様はどうかと… あとシナリオが駄作。
展開が急すぎで、しかも描写不足。
それに登場人物の性格が一貫されてない。
特に将一との特訓時どっちが主人公の台詞か分からなくなることがある。
稚拙な表現が多々ある。
一番これはないだろと思ったのは「奥義、○○斬!
」「そこから××斬!
」という説明口調すぎる台詞。
酷評しましたが、面白そうな素材を上手く調理出来なかった。
そんな印象を受けたゲームです。
少し時間ができたときに遊ぶゲーム★★☆☆☆
ゲームショップで見かけ、少し迷ったが、『久遠の絆』等で有名なフォグが関わっていたので購入。

少なくともハズレではないだろう、と思っていたが、見事に裏切られた。

他の方のレビューにもあるが、中身がスカスカ。最近のPCのアドベンチャーでも滅多に見られないような出来。初回は3時間弱で終了。

カードバトルも思ったほど戦略性はなく(相手の手札が丸見え)、まず負けない。

キャラも好き嫌いが出るのでは。

・・・悪い事ばかり書いたが、逆を言ったら、あまり時間の取れない人や本格的なアドベンチャーゲームはちょっと・・・という方にはオススメの作品と言える。

個人的にはハズした、というのが正直な感想。
レビューを参考に。★★★☆☆
皆様のレビューを参考に、購入させて頂こうと思ったのですが、賛否両論で私自身がどちらに転ぶのか分からないためいまいち踏み切れません。
元々限定版に付属のドラマCDの方がゲームより目的としています。声優の前野くんが好きで、CDの為に購入しようかと思ったのですが、やはりどうせならゲームも面白いほうがいいに決まっていますので・・・。
ドラマCDの内容について、どなたかに良いか否かの感想を頂きたいです。
(私的レビューにて大変申し訳ありません。コメント頂ければ幸いです。)
普通に面白い★★★★★

アドベンチャーゲームとしては異例の立ち絵無し、
全シーンCG、使いまわし等も比較的少なく
絵事態も非常に独特で私の好みでした。

ストーリーも主人公だけの視点から描かれるものばかりではなく
数千年前の過去の人物によるものが描かれており、非常に深い設定だと
思います。30分程度話を進めれば先が気になり一気にラストまでいけると思います。伝奇ADGというジャンルを考えれば一般受けするストーリーだと思います。
各シナリオに入るのにも変に裏を考えないで選べば簡単に入ることができます。
ゲームとしての要素は少ないかもしれません、読んで見るゲームだと思います。

CG絵とは言いましても結構工夫が凝らされておりSE(効果音)などに合わせて
絵が動きます。

音楽もループの感覚が少し短い気もしますが結構耳につきます。
主題歌,挿入歌ともに素晴らしいです。

カードバトルという戦闘要素がありますが
これはオン、オフ選べて2周目以降とても楽です。
私は楽しめたのでずっとオンにしていました。
カードバトルといっても一瞬でルールを把握できる簡単なものなので
苦になりませんし、意外と面白いです。

ストーリーの短さが指摘されておりますが、確かに1シナリオ10時間ぐらいで
終わります。ですが短い=不完全というわけではなくその中で主人公の葛藤、
1日の過ぎていく感覚、人のつながりなど含め起承転結が出来ていると思います。

ただもう少し選択肢形式で何処にいくかなどの自由に動ける
7月の期間を増やせばよりその世界に浸る事が出来たかなとも思います。

システム面はロード含め快適ですし
タイトルからBGM,各シナリオのEDなど鑑賞できます。

ボイスはありませんが無くても全然私は気になりませんでしたし
元々無いと公表していたのでそれを評価に含めるつもりはありません。

非常に良作でした。
テンポが良いのが魅力ですが…★★★☆☆
まるで少年コミックを読むような感覚でテンポよく話が進んで行くのが魅力です。

しかし、絵・音楽・システムに非の打ち所はないのですが、とにかくシナリオが悪い。

全く感動する場面もなく最後のボスを倒してあっさり終了。せめてボリューム不足の短いシナリオでも最高に盛り上がる内容なら良かった。

大神(OKAMI)

カプコン
PlayStation2
うーむ★★★★☆
ストーリに関しては素晴らしいの一言でした。
ただ問題は戦闘ですかね。シンボルエンカウントという形をとっていますが敵を倒した後に結果が出るのも少し時間がかかり、出た後のところも少し時間がかかったりしてちょっとテンポ悪いかなあみたいな感じでした。戦闘も無駄に時間がかかるボスもいますし楽しいよりもめんどくさいなあというのが強いですね^^;
あとイッスンあんまりしゃべんないで^^;

ふわふわのほほんな神様★★★★★
明日からも頑張ろうとか、太陽に感謝しようとか、そんな風に思える優しいゲームです
キャラたちも個性的で敵キャラたちもおっちょこちょいな所があって可愛いです(*^m^*)
感動したり悲しんだり泣いたり笑ったり、優しい幸せをくれるゲームです

アマテラスにもふもふしたいです
これ以上の神ゲーはない★★★★★
優しさ、感動、切なさ、様々な人の感情を兼ねそろえたゲーム。
今の日本ではなくなくなってきた信仰心を押し付けがましい感じではなく『少し敬ってみよう』って感じにさせられる。

時間をかけてやればやった分だけラストバトルのシーンでは号泣せずにはいられない。

もちろん和風テイストで独特な雰囲気をもったゲームなので好き嫌いはあると思いますが私はこれ以上の神ゲーは知りません。

大神伝という続編も出ますがプロデューサー兼スタッフはまったく違う人が作るので楽しみにしてる人ももしもの時の為に期待半分でいる方がいいかもしれません。
人生の目標になったゲーム★★★★★
私が知る限り、最高のゲームです。
迷ってるなら買ってください。
値段以上の価値は十分にあります。

キャラ、世界観、ストーリー、操作性、戦略性、音楽、全てにおいて素晴らしいです。
ゲーム内のいたるところに制作者のこだわりが感じられます。
このゲームは、ゲームではありますが、他のジャンルの制作物と比べても全く遜色なく、言わば芸術作品であると思います。
業界は違いますが、私は同じ制作業ということから、人生で一度でもいいからこのゲームのような作品を生み出せたらどんなに幸せだろうと思う、それだけすばらしいゲームです。

ただ、一点だけ、戦闘の戦略性はありますが、大味で、後半は力押しでいけて仕舞う点は非常に残念です。
しかし、この点を考慮しても、他の点が素晴らしすぎて総合的には5点満点です。というか、このゲームを5点にしないと他に5点にするゲームなどありません。

この作品は、発売はカプコンですが、制作したのはカプコンの子会社だったクローバースタジオで、この会社は他にも良作を多く制作しています。
また、大神のほかバイオ2でも知られるディレクターの神谷氏は現在、プラチナゲームズの代表です。
久々に全クリしたゲーム★★★★☆
良い点は他のレビューで挙がってるようなので一部省く

難易度も丁度よくサクサク進めるし、全クリアするのにありがちな理不尽すぎる条件もない(壁との対決は詰みかけたが携帯で録画すれば問題はない)

ただ一つ残念だったのがラスボス
今までの世界観を一気にぶち壊されたようでクリア後の感動が薄れた