TVゲーム情報ブログ

探偵 神宮寺三郎 灰とダイヤモンド

アークシステムワークス
Sony PSP
探偵・神宮寺三郎がPSPに登場!
プラットフォームをPSPに移したことにより、圧倒的容量のシナリオと美麗な映像、そしてリアルなサウンドでハードボイルドな世界が演出される。
物語は、歌舞伎町のビル買収に絡む巨大な陰謀を軸に、遺産相続に絡む事件やホームレスの失踪騒動など、さまざまな出来事が複雑に絡み合って展開。
演出やキーポイントシーンにムービーとボイスが併用され、物語を盛り上げる。
多彩な選択肢を通して相手の表情・仕草・リアクションを読み取る1対1の心理戦TPS(トークプロファイルシステム)を駆使して、事件の真相をつかもう!


http://dol.dengeki.com/
声ひどすぎ★★★☆☆
神宮寺シリーズは携帯とDSでプレイしてきました。PSPは「夢の終わりに」をやりたくて買ったんですけど、ついにアーカイブではなくオリジナルのタイトルが出て、とてもうれしかったです。
・・・でも、全体のボリュームには不満が残ります。オリジナルの部分だけならばDSといい勝負なんでしょうけど、ケータイ時代のタイトルが抱合せではいっていたDSのほうが、過去の作品をやっていない私にはよかったですね。
ストーリーや分岐システムは◎。いつものことながら大人の雰囲気で落ち着いて楽しめました。ふつうにプレイしていればBad Endになることはまずないので、概ね安心していられました。ライバルの扱いには不満をもらす方もおいでのようですが、私はこれからの楽しみと思っています。
多くの方が触れているように、CVは最低。ムービーも画質はいいけど(さすがPSP)内容はまったくいらないレベルです。私の中では主人公の声は大塚明夫さんなんですよね(高望みだとはおもうけど)。またやってくれないかなあ。
やっぱり神宮寺はいい★★★★★
私は神宮寺シリーズは過去の作品全てクリアしてるフリークですが、
もちろん本作も例に違わず楽めました。

とにかく雰囲気がいい。マルボロ、ミニクーパー、新宿歌舞伎町、関東明治組、
ジャジーなBGM、カミュ・・・その他いろいろ。神宮寺を彩る全てのものに愛を
感じる。この神宮寺シリーズに出会えて本当に良かったと思う。

本作に関しては、選択肢によってはストーリー分岐がある点は良かった。1周クリアしただけでは
全てを楽しむことは出来ない。もちろん達成率100%にしました。
夢の終わりにのザッピングシステムに似てますが、いい試みだったと思います。
トークプロファイルもなかなか緊迫感があってよかった。追い返されないように、
どの選択肢を選ぼうか吟味する楽しみがあります。

イマイチだと思ったのは声優の交代。本作の神宮寺の声は私にとって違和感剥き出しで、
とうとう最後まで馴染むことが出来なかった・・・。
神宮寺はもっと渋い声なのに・・・。

ストーリーは神宮寺シリーズの中でも上位にいく出来だと思いました。秀逸で感動できます。

次回作期待してます!!


とても、楽しかったです。★★★★★
私はPS時代の作品すべてと、PS2の二作品しかプレイしてません。ちなみにすべて良作だと思っているので、ここのレビューを見る限り私は玄人好みのレビューは書けないのかもです。
まず、皆さんが言っているのでこれから買う方は気にしてらっしゃるでしょうが、声はたいして気になりません。
その理由は、ムービーのシーンはそんなに多くないからです。
別にフルボイスのゲームじゃないんだから気にしなくて大丈夫だと思いますよ。
もちろん初見の方なら逆に変な先入観を持たずに、こういう声なんだと思ってプレイしたほうがスッキリするかも!
絵は、洋子君がすごくかわいらしく描かれています。まぁ美人系だろうとかわいい系だろうとプレイヤー(そして神宮寺)の最強の味方洋子君は健在です。
ほかの登場人物もとてもよく描かれていると思います。
BGMはPS2「KIND OF BLUE」に入っていたものも多く入っており、ジャズ調のBGMが最高にマッチしてます!(KOBしかサントラ持ってないので、もしかしたらシリーズ通してのBGMなのかな?)
システムはちょっとめんどくさく感じる人がいるかもしれませんが、これが神宮寺三郎シリーズの醍醐味でもあるのでひとつひとつ丁寧にどうぞ。

新宿を舞台にした、誰もが一度は憧れるハードボイルドな探偵という仕事を体験してみましょう!きっと、わくわくどきどきしますよ!

拙いレビューでごめんなさい
感心しました。★★★★☆
 ファミコンディスクシステム時代からリアルにプレイしていた世代です。寺田克也さんの描画については、アニメーションシーンも含めて深く担当されていたのは「夢の終わりに」だけです。「未完のルポ」は完全に世界観に合わないアニメ画でしたし、「灯が消えるまで」からは段々と高橋光さんを始め、別の画家に交代していきました。売上が以前ほど期待できず、開発費が限られている現在、寺田さんの作画が拝見できなくなったことは大変残念なことではありますが。
 (逆に今、寺田克也さんが大分メジャーになり、CINGが倒産した今、「作画:寺田克也」「シナリオ:鈴木里香(ラストウィンドウ)」というような布陣をそろえプロモーションをするという方法もありますが・・・いかがでしょう?)
 シナリオについてはPS2以降の作品を批判されるかたが多いようです(自分もInnocent Blackには呆気にとられました)が、冷静に考えれば神宮寺シリーズは「雰囲気」を楽しむ作品であり、シナリオが緻密なものはそれ程無かったように思います。自分が最も好きな「夢の終わりに」でさえ、「犯人の動機が薄い」という感じが拭えませんでした。それが、今回は確かに最初は「お涙頂戴もの」に見えながら、小さな事件が重なり、ヤクザや公務員が程よく絡み、収束する展開は今までに無いもので、むしろ感心しました。「危険な二人」「未完のルポ」は医療や巨大企業の駆け引きに関する世界をしっかり勉強しないといけないのに、その節が無かったために粗が相当目立っていましたから。本作では最後のネタの持っていき方が少し急な感じも受けましたが、違和感を感じたのはその位です。
 今回、PSPというハードを得たことで、濃厚な神宮寺の世界が復活しました(でも、CINGの作品を見る限り、工夫次第でDSでも神宮寺の世界を表現できるのではないかな・・・とも)。
 これからも良質な作品をお願いします。
 それにしれも優斗君、いい人ですねぇ。
相変わらずのブレない作品♪★★★★★
最初は神宮寺の画に引いてたんですが、やってみるとストーリーもいいし

シリアスでなおかつ内容もあるので、何年もファンで、出れば絶対買います♪

次回作も期待。

もっとはやいスパンで出してくれればうれしいのですが・・

AREA-51

サクセス
PlayStation2
ヒドい…★☆☆☆☆
ひどすぎます。
画質から音楽から字幕までどれもこれもひどいです。
画質はプレステレベルです。

操作設定が変えれないし、銃にスコープがついてるので覗けると思いきやずっと肩越しで少し命中精度が上がるくらいで、普通のFPSに慣れてる人はやりにくいです。

字幕は黒い帯に白地の字幕でPS2でこんなのがありなのかと思いました。

正直安いですが暇つぶしにもなりません。
アクションFPS。★★★★☆
エリア51(ドリームランド)を舞台にした人間とエーリアンの戦いを描いたFPS。
やった印象はヘッドショットを意識せず敵を倒せるのでアクション的なFPS。
絵は並みレベル。壊せるものは少なく、爆破に敵を巻き込んで倒す演出は少ないです。

ストーリーが長めで分かりにくかったです。終わって見て解決していない内容も残されているので、続編が出ると思います。

特徴は、スキャナーの装備と主人公がウィルスの影響でモンスターになれる事です。
スキャナーを使い、事件の謎を解くサンプルを採取する事がやり込み要素になっています。
モンスターに変身したら強靭な肉体とドレイン攻撃が出来るようになるので、厳しい状況を打開するのに役立ちます。
武器は基本的なものからエーリアンの武器まで登場し、特に使えない武器は無く、初心者にも難無くプレイできると思いました。

可もなく不可もなく★★★☆☆
エリア51を舞台としたB級臭さはなかなか良い。
FPSとして欠点はないが特に秀でた部分もなく、いたって普通。
弾がヒットした時のエフェクトなどが無く(カット?)、全体的に演出は大人しめ。
ゲームとしては充分遊べるレベルで、難易度は低め。
しかし、相変わらずFPSは酔うなあ・・・。
バイオハザードよりこれ(^o^)ノ★★★★☆
宇宙人やUFOに興味があったので発売日に購入しましたが、はっきり言って面白い!!

難易度は高く、ストーリーは難解な部分がありますが、スピーディーな戦闘と敵に先に見つからない様に攻撃しなければというドキドキ感があり、SFホラー的な要素や演出もあります。

画像もPS2のスペックにしては充分満足出来る範囲です♪

ゲームオーバーになっても、自動オートセーブ機能もあり、そのステージのチェックポイントから何度もプレイできます。

ストーリーの途中からは、主人公がウイルス感染で半エイリアン的な能力が使える様になり、それがこのゲームを最後まで飽きさせません♪

個人的な意見ですが「バイオハザード」より楽しい♪

ちなみに私は、いまだに時々プレイしたくなって遊んでますョ(^o^)ノ

最後にまとめですが、「ストーリーが難解」で「宇宙人やUFO、それにホラー系に興味の無い人には向かない」と思いますので★4個です♪






B級映画の様:方向性は個人的に好きだが…★★★☆☆
☆良い点
・ありがちで微妙ではあるが一応、許容出切るストーリー(でも微妙)
・当然に上はあるが、観賞用としては…まぁ、充分に綺麗なムービー
・「BLACK」の様にきめ細かく綺麗ではないが、標準には達しているグラフィックレベル
・ステージ移動等のロード待ち時間は洋ゲーにしては「普通」、イライラする程では無かった筈
・難易度は、イージー‾ミディアム(ミディアムをクリアするとハード出現)から選択出来る仕様
状況によってはミディアムでもそれなりに死ぬので、個人差はあれ難度は標準と…?
・中盤辺りから主人公が「ミュータント」に変身できるようになる点
ミュータント化のデメリットは特に無く、射撃や手榴弾が使えなくなる…が
それを補い防御力や素手での攻撃力が大幅に上昇(ミュータント時は素手攻撃で敵を倒すと変異ゲージが回復)し、
体力の回復が出切る「病原体放出」(変異ゲージを大幅に消費する)が可能になる
・戦闘時の銃器等のスコープに先の視界が映っている点や、ピストルの照準モード時の構えがちゃんと狙ってるぽくてリアルな点
・ピストルの発射エフェクトや発砲音、リロード時のマガジン内の弾丸が見える等の小演出
・特別に珍しいモノって訳ではないが、スキャナーを使い物体をスキャンするシステム(実は物語の進行上、それ程重要でも無い)
・タイトルメニューの「データバンク」や「シークレット」で、集めた(ステージ中にスキャンした)資料等の情報を回覧出来る点

☆悪い点
・協力プレイや対戦等のモードが無い点、期待してもいなかったが…やはり良い気はしない( '_ゝ`)
・オプションの操作設定で視点の感度の変更やボタン配置変更等が不可能な点と難易度がその場(ステージ中)で変更できる点
・最初に渡されるのがピストル一丁だけなのが少し、気になる
実際にピストルを渡してくれる彼の背後の壁に突撃‾散弾‾狙撃銃等、色々と掛けてある訳だし
散弾、狙撃銃は無くても突撃銃くらいは…ねぇ?('ω`;)
・序盤のクリスピー(同じ隊の仲間)との射撃勝負で負けた時に
「ほんとヘタクソだな、コール。次は目をつぶって撃ってやるよ。」…等と言われるがクリスピーは殺せない件
それと無視して勝手に進んでても勝手に一人で射撃大会してる体たらくorクオリティ…
「ほんとヘタクソだな、コール。次は目をry」
・序盤の基地内にある開いたコンテナに入ろうとすると直前で閉まるというプレイ
少しするとまた扉は開くが、近づくと再度閉まる('A`)いっそ殺せ
・序盤の破壊工作員が曲がり角で明らかに不自然な距離を移動し、ワープしている件(急げば肉眼で確認可)
・そして破壊工作員のフラグが立つと、いつの間に動いたのか邪魔だったコンテナは消え…無人のフォークリフトが移動する
そして来た時は確実に置いていなかった爆発物が設置されている(破壊工作員が死ぬ為に必要)が、その時点で撃っても爆発しない
なんという御都合主義…( '_ゝ`)
・一応に15才以上対象(CERO C)なのに敵や味方に対して血液のエフェクトが無く、
攻撃を受けた者はよろめくだけ…(死体に至っては痕すら残らない)血が出るFPSに爽快感を持っているユーザーならば要注意事項
その上…その為に、
中‾遠距離でズーム能力の弱い‾無い(ズームが無いのは散弾銃等の一部の武器)銃器だと弾が命中しているのか視認し辛い事がある
・上記の血液エフェクト系宜しく、オブジェクトの破壊が浅い点
「BLACK」の様にオブジェクトが綺麗で破壊の演出も良ければ問題ない訳だが、本ゲームは両方とも宜しくない
FPSでは無いが、破壊の演出を単品として見てACT/STGの「フリーダム・ファイターズ」にも劣る
個人としては…プレイしていてほぼ一切、オブジェクトの破壊による爽快感が得られなかった('ω`)
・何か装備している状態で所持している他の武器が
「例:拳銃(0発)+突撃銃(0発)」だとした時に所持している前記の「例」の銃器の弾薬を拾う、
そして「例」の武器を取り出すと何故か自動でリロードされている
良く言えば便利…ではあるが、コレは オカシイ 
・中盤にもなると武器が多く(銃器は全6種)一方通行な武器変更の為にスキャナーを出すのが面倒になる点
そしてそのスキャナーが使用可能になるまでの時間が武器の中で一番長い為…多少、イラっとします
尚、スキャナーが「武器」に含まれている事も(-)
多少、時間が長いのは目をつぶるとして…武器とは別に空いたセレクト(等)にでも振り分けて欲しい次第であります('・ω・`)
・それなりの確立で敵を倒した時、物理的にあらぬ方向へ吹き飛んだりする点(例:ピストルで攻撃→何故かトリッキーに真上に吹き飛ぶ敵)
・何故か片手でも撃てる筈のピストルだけが両手で扱えない点、突撃銃や散弾銃は出切るのに何故か不可能
そして「Perfect Dark」の様に両方の銃のリロードが出来ない(撃ち終えた銃は放棄される)
リアルと言えば確かにリアルではあるが…あえてココを現実的にした意味とかメリットの詳細を…
・「BBG」(エイリアンの技術により人類が作り出した光学兵器)
「光学兵器=最先端+カッコイイ+強い」…等が恐らく光学兵器‾レーザー銃に抱くプレイヤーのイメージだと思われる訳だが、
「AREA-51」でのレーザー銃は、そんなに強くもなければ特別に格好良い代物でもない
その威力は武器の中では高い部類に入り、
近未来的‾光学兵器的な感じに撃ち出された弾が有機物以外に当たると反射する特徴がある(物によっては無機物でも反射しない)…が、
接近してくるタイプの敵の方が多かったりと使える機会が限られており、正直微妙な出来
「Perfect Dark Zero」の「MAGSEC 4」や「METAL GEAR SOLID 3 : SNAKE EATER」の「S.A.A」みたいにもう少し兆弾能力が良ければな…と
それと射撃間隔が中々遅めな事と何故か三点バーストなのが実用性‾爽快感を削っていて非常にいただけない
射撃に一定の時間を要するが(別に時間はかから無くても良い訳だが)、一発に威力を持たせた
「新世紀エヴァンゲリオン」の「ポジトロンライフル」、「ARMORED CORE」シリーズのレールガンの様にするか、
エネルギー弾を高速で射出するが冷却に時間がかかる(同じく別に冷却は無くてもry)「エネルギーマシンガン」とかって手もあると…
その上、射撃エフェクトも「光学兵器」にしては地味…突撃銃のがまだ撃ってて楽しめる始末…
そして追加(副)装備の「インテリジェント」(ビームを照射して不可視の敵を探知する)もあってもなくても(ぶっちゃけ無くても見えちまう為)…な微妙さ加減  ついでに言えば、ゲームの操作性向上の為にもズーム可能に変えてL3押し込みの方で「インテリジェント」を起動出切る様に変更するべきだと思う
・「MESON CANNON」(エイリアンの武器で、バズーカの様な存在)
説明文によると「威力:大 命中精度:高 射程:長距離 装弾数:1発 スコープ:なし 追加装備:なし」
威力の単位が「中‾大」と非常にアバウトな表記なので正確には分からないが、
扱える銃器では最高の威力を持ち、その上に装弾数1発で入手できるのは後半‾

…とまぁ、早い話が期待させといて演出が悪くもないが別に良い訳でもなく、要は宜しくないって事('A`)

・一番弱い筈のピストルを撃った時が一番爽快感がある件、ゲーム的に如何なものか…
・説明書の兵器解説の「XM-32 VIPER」(突撃銃)の発射機構にセミ‾フルオート切替可能と書いてあるがどうやっても切替が出来ない点
そしてついでに言えば、「AN/PEQ-61 QuicFix」(スキャナー)の説明文に
「あまりヘンなものをスキャンして無駄にバッテリーを使うなよ。」と書いてあるが実質、使用制限が無い点
良い目で見れば翻訳がオカシイのかもしれんが、
出来ない事、あまり意味の無い事は書くな…と言いたい( '_ゝ`)
・このゲームで使えるグレネードは、フラグ‾プラズマグレネードの標準的な2種類
それ自体、種類はまぁ…普通だし良いとする(欲を出せばスモークも欲しい訳だが)…が、上記の突撃銃と同じ様にその切替が出来ない件
・登場する銃器が少ない件
使用可能な「銃器」は具体的に、「拳銃+突撃銃+散弾銃+狙撃銃+光学銃+宇宙人銃」の6種
個人的には大型拳銃に短機関銃や小銃、地球人側のバズーカやガトリングガン等の重火器類
敵兵‾宇宙人側の武器類の追加や、近接戦闘用武器やオプション的な装備(防弾服等)の追加を希望
・ミュータント化するとある意味バランスが崩壊する点
防御力の上昇は常に「HALO」のシールド50%かそれ以上になり、射撃は体力を吸収する事ができる「病原体放出」と変わる
その為、敵が超々遠距離の場合かハルクでもなければ
「素手攻撃→変異ゲージ回復→体力が減ってきたら病原体放出→体力回復〜」の∞ループで
例外を除いてゴリ押しで通用してしまう件(※このゲームにハルクは出ません)
・敵系のデザインが全体的にダサい、センスが余り感じられない件
近いイメージでニュアンス的な例を挙げるならば「シャドウタワー」系の怪物や「ガンパレード・マーチ」の「幻獣」の様な出来
もう少しリアルを感じさせ、プレイヤーに恐怖を煽るようなデザインにして欲しかったと思う次第
・説明書が何故か白黒(表紙のみ色付)
説明文の内容に関しては特に問題は無いが、やはり少し考えさせられる所ではあったりする…(;'ω`)

「FPS」が得意で好きで、現実的なこだわりがある様な ヘビーユーザー には楽しめないゲームだと思う。
自分がそのソレなので「AREA-51」が舞台だという事、以外は正直な所…特別に面白いと思えなかった。
何よりも中途半端、「ミュータント化」が致命的。
「変身」なんてアレなシステムを実装させるくらいならもっと周囲にも気を配るべきだと思う。
馬鹿路線に走るか、基本的なシステムに気を配ってもっとプレイヤーが快適に動ける様にするとか…
・移動速度の上昇
腕の筋力(素手の攻撃)だけ強化されてるってのは、ちょっと何か…
・視覚演出の強化
悪くないけど何処かで見た様な物をまた見せられても…
・変身時の操作の追加
素手‾攻撃力+防御力の上昇は…別として、専用操作が体力を回復出切る「病原体放出」…だけって('ω`;)
せめて素手攻撃の攻撃‾殴り方なんかに変化があればまだ良かったんだけど、ちょっと詰めが甘過ぎる。
・「変身時の専用のアクションを使わないと進めないステージ」等の追加でミュータント化に戦闘以外の役目を…
「変身時の操作の追加」が無いとしたら、
実質、新(専)アクションが「病原体放出」だけ…って事になる訳でこうゆう物の存在も有りではないかなぁ…と。

…今更だが、「糞ゲー」とは思ってないし、売る気も無い。
買って損かは書くまでもない訳だが、自分以外には分からない。



でも…まぁ、ぶっちゃけ、
ネタだよ……。これはネタだ( '_ゝ`)