TVゲーム情報ブログ

プリンス・オブ・ペルシャ 二つの魂

ユービーアイ ソフト
PlayStation2
『移動』を意識した作りに★★★☆☆
プリンスオブペルシャ三部作シリーズの最終作です。
続編のゲームにありがちな初見プレイヤーには厳しい要素があるので、シリーズ未経験者は過去作「時間の砂」、「ケンシノココロ」とやってからやるのをおすすめします。
ストーリーも過去作をやっていれば「なるほど」と思える終わり方ですし。

さて、本作「二つの魂」は過去作と比べるとアクションが増え、よりアクロバティックな移動を楽しめるようになっています。
今から見てみると「時間の砂」は謎解き要素、「ケンシノココロ」は戦闘や一発死の恐怖と戦うゲームでした。
こんな感じで命名すると「二つの魂」は移動やイベントを楽しむものではないでしょうか。
難しい謎解きや嫌らしいトラップは少なく、進むべき方向は非常にわかりやすく作られています。
ゲームを進めていると特定の場面でダークプリンスに変身することもあります。
ダークプリンスは生身の状態よりも使用可能なアクションが増えていて、移動を楽しめます。
そしてイベントシーンが豊富なのも特徴です。
馬車に乗ったり、巨大なボスとの戦闘が単調になりがちなゲームに刺激を与えてくれます。

非常に欲で居ているゲームだとは思いますが、欠点はいくつかあります。
まず、三部作通して根本的なシステムが変わっていないので飽きやすいこと。
そして「二つの魂」は死の恐怖が薄れてしまい、ゲームとしての緊張感が失われていること。

単純な娯楽作品としてみるならば、本作は非常に完成度が高いゲームです。
多彩なシチュエーションや定期的に挟まれたイベント・ボス戦、三部作で一番面白いストーリー。
三部作の最終作としては十分な出来だと思います。
三部作も★★★☆☆
三部作もこれで終わり。
個人的に凄く好きだったリメイク版POPシリーズ三部作。
あまり取り上げられないのが悲しい。是非一度手に取って欲しい秀逸な出来です。

恐らく次回作は次世代機の発売でしょうね。一作目のヒロインファラが出てきたのが嬉しいです
3部作完結編★★★★☆
PoPシリーズ3部作の完結編です。
前作「ケンシノココロ」での不満点が改善され、今回は非常に遊びやすくなっています。特に、敵との戦闘が単調で面倒だった前作と違い、ボタンをタイミングよく押して敵を暗殺する「スピードキル」という技が採用され、ゲーム進行が爽快かつスピーディーになりました。
好評だったアクションシーンは、プリンスの暗黒面とも言える「ダークプリンス」が登場し、彼を操作するステージではよりアクロバティックな操作が楽しめます。
ゲーム自体は本当にサクサク進み、グラフィックもかなり美しい(特に光の表現が素晴らしい)のですが、その高画質なグラフィックのせいか、やや処理落ちが目立つのが残念でした。やはりPS2では限界があるのでしょう。次回作は、恐らく次世代機での発表になると思いますので、そちらに期待したいですね。
強引に完結編を。★★☆☆☆
プリンスオブペルシャ三部作の完結編と言う事で、かなり期待をしていましたが失望しました。
前2作をプレイしていないと面白さも半減、ストーリー、トラップや移動方法などもわかりにくい。

問題は今作の売り「スピードキルシステム」と「ダークプリンスへの変身」である。
スピードキルは敵に気づかれずに通常戦うより楽に倒せるシステムなのだが
これを使わないと問題となるザコ戦闘は少ない。
カッコいいフィニッシュ場面を見たい人はお奨めだが、タイミングでアングルが悪い時がある。
アクション要素が減ってるので、私はコンボなどを使いどんどん進んだ。
逆にBOSS戦ではタイミングさえ覚えれば、作業的に倒せてしまうのも残念。

シーンの区切りごとに「ダークプリンス」に変身し、攻撃、移動方法などが大きく変わっていく。
しかし「トゥームレイダー」の様に、鎖を使って移動する手段としての要素が大きい。
これだけの為に変身しているような感じもする。
新たなMAPの移動手段として採用したのだと思うが、使えるステージも少なく残念。

とりあえず難易度をハードにすれば、「スピードキル」のシステムも活きてくると思うが
何度もプレイしたい要素が少ない。とりあえず話の結末を見るために購入したような結果となった。
尚、バグも多数あり3作の中では最低。
プリンス・オブ・ペルシャ完結作★★★★☆
 プリンス・オブ・ペルシャは3作目で完結することになった。今回も時間の流れを操作する力と,多彩なアクションはそのままで,本作は主人公(プリンス)と主人公の心の闇の具現化したプリンスを交互に操作するようだ。
 ストーリーは,不老不死の力を得ようとする大臣によって,時間のダガーがうばわれてしまう。主人公の恋人であるカイリーナに秘められていた時間の砂の力を吸い出すために彼女の命も奪われてしまう。復讐を誓う主人公の前に記憶を失ってしまったかつての恋人が現れる・・・

ONE PIECE グラバト RUSH

バンダイ
PlayStation2
面白いけど…★★★★☆
キャラ数とステージが少ない…

でもミニゲームがけっこう楽しめた

しばらくはハマりそう
ワンピファンなら買いです
もうちょっとキャラやステージが欲しいのが正直な所ではあるけど★★★☆☆
良い点
・前作の3よりグラがアニメっぽくなりよりワンピらしくなってる(前作より綺麗になったかと聞かれるとそれは違うかなと思う)

・前作では空島編のキャラがメインだったが今作では新旧様々なキャラが揃っており人数も前作より3人多い。

・サポートキャラの数も豊富でメインキャラよりも愛着が湧くような懐かしいキャラも多数登場(操作は出来ないが)

・各キャラのイラストやデータ、カード・隠しキャラ等追加要素がふんだんに盛り込まれている。

・各ステージは今作も様々なギミックが施されていて、ギャラリーにはこれまた懐かしいキャラも沢山いたりする。

悪い点
・キャラが前作より多いとは書いたけどそれでも19人 やはりちょっと少ないかな、あと隠しステージは前作とは多少リメイクが施されているも同じステージとはちょっと目新しさに欠けるのではないかと。

・隠し要素は多いのだけど、できれば対戦等で活用できるものでの要素がもっと欲しい。
 システム周りの要素ばかりで肝心のゲーム中での変化は乏しく、最後には隠し要素を出すた めに何度もプレイさせられてる感がある。

なんだかんだ書きましたが、対戦アクション?ゲームとしては上出来だと思います。
別なゲームで例えるとカプコンのパワーストーンが近いかな・・・
あとワンピファンであれば楽しさ倍増!!
今からワンピのゲームを始めたい人はこれ★★★★★
ワンピのゲームも色々ありますが、
その中でグラバトシリーズは安定してそこそこ面白いものが出来てると思います。
今からワンピのゲームをどれか一つやりたいという人は
グラバト最新作のこれにしておけばまあ良いでしょう。
デービーバックファイトにハマりました!!★★★★★
バトル前後のキャラの掛け合いが面白かった。
そしてナミやミホークを使用してデービーバックファイトの箱を壊すやつをするのは
とてもストレス解消になりました。

カードやシステムボイスも沢山あって良かったです。
このゲームはおすすめです!!
爽快感があっていい★★★★★
ゾロの煩悩鳳、竜巻がすげえ快感だった。
ミホークとかもDMCのSpadaみたいな強さでよかった。
自分のハンデを最低にしてCOMのハンデを最強にしてフォクシー島でやるのがおもしろかった。
ぜひやってみてほしい。

プリンス・オブ・ペルシャ~時間の砂~

ソニー・コンピュータエンタテインメント
PlayStation2
   1989年に生み出されたアクションアドベンチャーの草分け的タイトル「プリンス・オブ・ペルシャ」を、現在の最新技術を使って新たに作り直した作品。
北米、欧米などで先立って発売され、各国で数々の賞を受賞している。
オリジナル作品の「モーションの滑らかな美しさ」「ゲーム性を重視したステージ構成」「ゲーム性と物語の融合」といった点を重視し作られたのが大きな特徴だ。


   プレイヤーはペルシャ国の王子となり、「時間のダガー」と「時間の砂」の秘められた謎によってモンスターと化してしまった父や人々を元の姿に戻すため、その謎を解き明かす戦いへと身を投じていく。


   主人公の行える基本アクションは大きく分けて5つ。
歩く、走る、ジャンプする、剣で攻撃する、駆け上がる、防御するがそれにあたり、さらにそれぞれの基本アクションを組み合わせることでさらに多彩なアクションを行うことも可能。
敵の攻撃を逆に利用して大ダメージを与える「カウンターアタック」、ジャンプでは飛び越えられない大きな穴を飛び越すも可能な「壁走り」など、あまたのアクションが本作には用意されており、それらを駆使しながらトラップを切り抜けたり謎解きを行ったりしながら、真相の究明に挑んでいく。
(田村 雅)
アクションゲームでは他に類を見ない時間を操るシステム★★★★★
アクションゲームではありがちな穴に落ちてしまったり、敵から強力な一撃を受けてしまっても大丈夫。
時間を巻き戻して何事もなかった事に。

難易度も高くなく初心者でも大丈夫。

上級者はかっこよく敵を倒して爽快にプレイ。

こんなゲーム見たことがない。
流石プリオブペ★★★☆☆
初代 プリンスオブペルシャが大好きな妹に楽しんでもらおうと思って購入。

結局彼女はせずにおれがやることになるのだが…



アクションが面白く縦横無尽にマップを駆け回る感じがとてもよく、いざという時も時の砂で戻せばOK

何度も失敗して成功パターンを見つけるという昔からある概念の中でPLAYできるのはいいです。

グラフィックも結構細かくて洋ゲーらしいテイストでよい。

ヒロインは微妙ですが弓で援護してくれるのはいいですね。

今でも時々PLAYしたくなる良作です。

「プリオブペ」は多分うちしか使わない略語w
素晴らしい★★★★★
今をときめく人気声優三木眞一郎さん、朴ロミさんが出演されてます。

「海外のゲーム会社が作ったなんて絶対面白くないだろう」と思ってました。
この手のアクションゲームにしては珍しく中東って言いますかアラビアンな雰囲気。
ゲーム中の主人公、ヒロインの顔・・・・。
日本のゲーマーにはちょっと受け付けないんじゃないのかなと思ってましたが。

なんなんだこの爽快感!!普通に敵を切るだけじゃない!タイミング良く
×ボタンと十字キーを使うと敵の後ろにジャンプ!カメラ位置まで変わって敵をザックリ!
簡単操作でスタイリッシュアラビアン!

様々なアクションに繋げる壁走りもスタイリッシュ!体力を水で回復するってのもなんか砂漠っぽさが出てて良い!!
ストーリーも主人公が物語を語るような感じでナレーションをしていて、
例えばゲームオーバーになると主人公が「いや、そうじゃない。もう一度話そう」なんて演出がしびれる!!
(ボソボソで若干聞こえづらいですが・・・・)

・・このくらいの高さから落ちて人は死ぬのですか?なんてちょっとスペランカーでシビアな所もありますが(笑)とても面白い。..
海外のゲームなんて今までしようなんて思わなかったけど、このゲームでそれが間違いだと言う事を思い知らされました。
主人公とヒロインの顔を雑誌なんかに載ってるイラストの顔に近づけたらもっと良いんじゃないかな。
主役もヒロインも悪人顔に見えました。でもほんと、純正統派「アクションゲーム」って感じ。舞台が中東、で元が海外のゲームって事で、
抵抗がある人が多いと思うけどそんな事は言わずに絶対一回はやってみて欲しい
アクションとしては・・・★★★☆☆
アクロバティックな主人公や世界観がまるでディ○ニーのア○ジン
を思い起こさせる、新しいようで懐かしいようなアクション。

壁走りやロープアクション、時間操作などの要素が極めて特殊で
魅力的である。

が、いざ物語を進めていくと、限られた場所や状況
でしか効果を発揮できなかったり、
時間操作のように、死に直面しそうになっても時間を戻せたり
使い方によっては死の運命を変えられなかったりと、
中途半端な部分が多いように思う。

しかし、光、水などのエフェクトの美しさ、戦闘のスムーズさ、
ロード時間の極小さなど、見方を変えると非常に完成された
作品であることも分かる。

ただただ爽快なアクションを求める方にはあまり面白く感じられな
いかもしれないが、ゲームを様々な視点から見て全体的に楽しめら
れる方には意外と満足できる作品かもしれない。

自分はもう手放してしまったが・・・。


面白いゲームとは?★★★★☆
初代プリンスオブペルシャ。知る人ぞ知る伝説のゲームである。その3D別バージョン。
実は2作目の「ケンシノココロ」をプレイしたくて、3部作だからと購入した1作目である。

正直アクションは苦手である。それに戦闘が加わると、苦手を通り過ぎてしまう。
昔、同様のゲームをプレイしたが、洋ゲーの難易度に挫折し、以来殆どプレイする事は無かった。
今作を実際プレイしてみて、作り方一つでこんなに戦闘や謎解きが楽しいのか。と思ってしまった。
謎解きに関しては、セーブポイントで今後の展開が簡単に見れるようになっているので
何をすれば良いか迷った時の目安になった。
また、単調なプレイにメリハリをつけたのは、途中から謎解きや戦闘をフォローしてくれる
サポートキャラの存在である。
会話のやり取りが楽しく、また戦闘でも心強い助けとなる。(ならない時もあるが)

リメイクとなると、やたらと力が入ってしまう事が多いが、今作で成功したのは
初代が持ち合わせた移動アクションや一撃死なども、時間が戻せるアイテムで緩和し
さらにストーリーを重視し、アクションの爽快さなどを強くした事で
ライトユーザーを取り込めたことが要因かと思う。
勿論、おまけで付いている初代プリンスオブペルシャは難しすぎて挫折しました。