TVゲーム情報ブログ

ストリートファイターZERO3↑(アッパー)

カプコン
GAMEBOY ADVANCE
スパ2Xリバには劣るが★★★★☆
元々、スーパースト2Xよりも複雑な操作を要求されるので、ボタンが少ないことは2X以上に不利です。
更にキャラグラはかなり小さくなっています。が、スパコンゲージの表示やキャラが動く範囲を考えたら妥当なサイズだと思います。

ガイルなどPS版での隠しキャラに加えて新たに三人ほど追加されています。特定キャラしか選べなかったドラマチックで全キャラ使用可能。
PS版同様のサバイバル有り。しかしワールドツアーは無し。

こんなところでしょうか。
サウンド面はかなり残念なことになってます。完成度ではスパ2Xリバイバルに及びませんが、キャラが多く再現度もそこそこなので、GBA使いで格ゲー好きなら買いだと思います。
根本はしっかりストZERO3になってます。
レビューを参考に購入したのですが…★★★★★
まず操作性ですが、スパ2リバイバルの方が操作性、ボタンレスポンスなどが良かったのは確かです。(開発が違う会社なのかもしれません…)

しかし、コマンドの入力受付時間を「LONG」にし、ボタンの割り当てを自分流にアレンジすれば、他の方がここで書かれているようなストレスはほぼ皆無でした。

「操作性が悪い」と評価した方は、一度でも説明書を読んだのでしょうか。

ゲームモードも多彩です。ドラマチック、サバイバル等ちゃんとあります。
スコアも残ります。
削られたキャラもいません。
マキ・ユン・イーグルもちゃんといます。

携帯機の格闘ゲームとしてこの内容なら十二分に遊べます。GBAなのにめっちゃ頑張ってます。
もちろんPSP版とは雲泥の差ですが、比べてはいけませんよね。(笑)

ストリートファイターシリーズのファンなら尚更です。
私は大満足でした。

パッと見はなかなかなんだが…。★★☆☆☆
アーケードで今尚根強い人気を誇る、同名作品のGBA版。

携帯機にも関わらず削られたキャラクターもいないし、グラフィック
もキャラクターサイズは小さいものの、なかなかいい再現具合なので
見たときはいい印象だったのだが、実際にプレイをしてみて愕然…。

既出の「ストIIリバイバル」のような小気味良い操作感が失われてお

り、技を出すだけでも一苦労…。確かに簡易コマンドなどもあるには
あるが、「リバイバル」のような出し易さは無く、どちらかというと
他社作品「K.O.F EX」の操作感に近い。

つまり携帯ゲーム機で遊ぶためのアレンジが不十分なのだ。
どうも海外で移植された作品を逆輸入してきたのではないか?と思わ

れる(EDスタッフロールに出てくる開発者が殆ど外国人の名前になっ
ている)。その為同じ会社の作品ながら操作感覚がまるで別物になっ
てしまったのだと推測される。

しかも極悪までな反応&攻撃力のCPUがプレイヤーのやる気を一気に
削ぎ落とす。アーケードで1コインクリアーをしている自分でさえも
ゲーム機ごと床に叩き付けたくなるほどの難易度だった。

「どうしても屋外で「ZERO3」がやりたい!」という人以外は、素直
にスルーして、他機種の移植版を購入したほうが得策だ。

前作と比べると・・・★★☆☆☆
グラフィックは特に問題はないのですが
その分、操作性が前作の
「スーパーストリート・ファイターⅡXリバイバル」
の時と比べるとなぜか悪くなっていたり
技も前作と比べると出し難くなっています。
各キャラの会話も無くなっていてストーリー的にも
何か物足りないと感じます。
前作と比べると出来が悪くなっています。
ちょいテク★★★★☆
hiro_to_shu様
操作性の悪さを嘆いてらっしゃるようでね。
ちょい便利なテクを一つ。
強パンチ、キックのボタン設定を、L,R,とA,B
同時押しに設定します。そして、例えば強パンチを連打したい時は、
『Lボタンを押しっぱなしにして』Bボタンををバシバシ押せば、
強パンチをブンブン連射出来ます。勿論トリガーキー

を押さなければ、弱パンチがピシピシ出ます。
お役に立てましたでしょうか。

金色のガッシュベル!! 友情の電撃 ドリームタッグトーナメント

バンプレスト
GAMEBOY ADVANCE
格闘アクションゲーム★★★★☆
・お手軽な操作とコミカルな動きでオモシロいです
・操作性も良く、シンプルです
・シンプルさを意識し過ぎたせいか、一般の格闘ゲームとは違う操作
  感覚になっており(ボタンでジャンプ、ガードは方向キー↓とか)
  慣れるまで大変でした
・攻撃ボタンを連続で押す事でコンビネーション攻撃になり、連続技も
  簡単でイイです。タイミングよくボタンを押す事でヒット数が増え
  たりするキャラクターもいました
・対戦中も、チームを組んでる魔物や、本の持ち主が乱入してきて騒が
  しい対戦が楽しい
・背景キャラにも動きがあって良い感じです
・対戦中もかなり喋ってくれるのが嬉しかった
・難易度が「易しい・普通・難しい」の3種類しか無い。慣れてくると
  結構勝てるのでもっと上があれば良かったと思う
・繰り返しプレイするのに、エンディングのスタッフロールがスキップ
  出来ないのは駄目だと思う
・お手軽にプレイ出来て携帯機用にウマく仕上がってると思いました
友情の電撃シリーズ 最新版!!★★★★★
ついに、友情の電撃の最新版が登場します!
しかも今度は魔物同士のバトルがメインになるようです!

とは言えもちろんパートナーの人間もゲージ部分でアクションを行い
術を使う際に顔がアップになったり、バトルフィールドに登場して
一緒に戦うことも出来るみたいです。

現状、雑誌やCM等で確認できた使用可能キャラは17体!
(おなじみのキャラからビクトリーム、レイラ、テッドやアースやカルディオと
いった最新のキャラも登場します。)
さらに隠しキャラもいることでしょう!

こうなるとアドバンスでは考えられない程の凄いボリュームですね。
おなじみのガッシュコレクションやミニゲームもあるでしょうから
たっぷり遊べること間違いなしです!!!!

ファミコンミニ クルクルランド

任天堂
GAMEBOY ADVANCE
   クルクルランドに隠された金塊を探すため、グルッピーという自機を操っていくアクションゲーム。
固定画面のステージクリアータイプで、1984年に発売された作品の復刻版。


   プレイヤーは、一度進んだら勝手に前進を続けてしまうという特性を持っており、立ち止まったり後退したりすることができない。
方向転換は、画面上のポールに手を差し出してそのポールを中心にくるっと回る形で行う。
その特性を踏まえた上で、画面上の金塊をすべて出現させてつぎつぎとステージをクリアーしていくというタイプのゲームだ。


   表向きは協力プレイとなる2人同時プレイも搭載されており、ひたすら先に進むことを一致団結して目指すこともできれば、スコアアタックや殺し合いという裏の楽しみを満喫することもできる。
(田村 雅)
非常にシンプル…でも楽しい!★★★★★
初めてこのゲームをやると、ただ絵を描いていくだけなので、物足りないと思うかもしれない。
最初はかなり難易度も低い。しかし、徐々にレベルは難易度が上がっていく。急激に難易度が上がるのではなく、本当に少しずつ上がっていくのが、このゲームの魅力だと思う。難しくなってくると、クリアできそうなのにできないもどかしさが出てくる。そうなると、自然にゲームをする時間も増える…とっいった具合になり、このゲームに引き込まれてしまう。
非常にシンプルなゲームだが、再販される理由はここにあると思う。
敵はエヘン虫?★★★★★
スクロール無し一画面タイプの
二人同時プレイ可能なアクションで、
極めてシンプルな構成。しかしハマる!

なんとも言えない操作感覚が癖になる
中毒系ゲームの代表格だ。
サウンドもかなり良い感じでノリノリ。

この頃の任天堂は名作が多いんだけど、
特にこのゲームは
『他の追随を許さぬゲームバランス』と
『「慣れ」を必要とするも適度な難易度』が
魅力を高めているのである。

後にディスクシステムの書き換え専用ソフトとして
再発売されたが、やはり面白さは健在だった。
しかもカートリッジ版では出現しなかった
ボスキャラが登場したりして、
かなり驚かされたのを今もハッキリと記憶している。

ちなみに僕の場合は
この「クルクルランド」と「デビルワールド」を
週末によく徹夜でやり狂ってました。
当然月曜には目の下にクマです(当時小5くらい?)
ちょっと違う感じ?★★★☆☆
回転中の微妙な角度で敵と接触したりするとムキーッとなっちゃいます。
これは対戦というより協力(型)かな。
でもなーんかFC版で遊んだ時の楽しさが甦ってこないんですよねー。
自分だけかな? バルーンファイトとかは楽しいのに・・・('・ω・`)
私の今に影響を与えた3番目ぐらいのゲーム★★★★★
ファミコン買ったときに抱き合わせでついてきた2本のうちの1本(もう1本は「ギャラクシアン」だった)。購入した本人である兄貴様は同時購入した「ゼビウス」(これがファミコン購入の理由だった)にそれこそ寝る間も惜しんでのめりこんでいたが、兄貴様が帰ってくるまでのブランクに私が死ぬほどハマってたのがこの「クルクルランド」でした。

当時は全マップが頭の中に叩き込まれており、どのステージでも最低2箇所も通ればどんな形か判るほどでしたが…。いや、今やると難しいわぁコレ。

実はある程度金塊を出したら、漠然と形が思い浮かんできたりもするのですが、それ以前に操作感覚が思い出せなくて、エキスパートモード(既に出ている金塊の上をもう一度通ると裏返ってしまう猛者向けのモード)どころか1周もクリアできませんでした。

私の当時の印象では「マイナーな名作」なのですが、その後もディスクでアーケード版が移植されたり、「どうぶつの森」でも遊べたりしているようで、実は結構知られたゲームだったんですね。こうしてファミコンミニのラインアップに載るくらいだし。
操作も奇妙ならキャラクタも奇妙ですが、面白いゲームです。

よみがえる名作!★★★★★
個人的にとても好きなソフトだったので、ファミコン版を持っているにも関わらず購入しました。
ゲーム内容、操作ともに独創的で、ゲーム自体もいたってシンプルなんですが、慣れてしまえば、その楽しさにのめり込み、何度プレイしても飽きない、といった感じです。
1人で楽しみたい方は、ちょっとした暇つぶしや寝る前のひとときに、友達と楽しみたい方は、2人同時プレイで白熱すること間違いなし!
古き良き時代に生まれた名作だと言えるでしょう。
是非とも多くの方にプレイしていただきたい1本です。