TVゲーム情報ブログ

星のカービィ 鏡の大迷宮

任天堂
GAMEBOY ADVANCE
   プププランドの上空にある「鏡の国」の平和を取り戻すために、かわいいカービィたちが活躍するアクションゲーム。
複雑で広大な迷宮を舞台に、豊富なアクションを駆使して謎に挑もう。


   今作では4つの色のカービィが同時に登場して、お互いに協力しながらさまざまなしかけを突破するのが特徴。
1人プレイ時にはコンピューターがほかのカービィを操作してくれるし、もちろんマルチプレイも可能だ。


   カービィたちはそれぞれに冒険することができ、めいめいに大迷宮を駆けめぐったり、ほかのカービィに出会ったり、アイテムを取ったり取られたりと、おのおのが同時進行する不思議なリアルさと奥深い攻略感を味わえる。


   迷宮には倒すのが難しいボス敵や、4人一緒でないと解きにくい謎などの難所があり、そんなときには「携帯通信機」を使って仲間のカービィを呼ぶことができるようになっている。


   吸って吐いて、敵を倒したりブロックを壊してゆくアクションのバリエーションが追加されたほか、多彩なステージに合わせて羽が生えたり水中メガネをかけたり、かわいい姿もたくさん見せてくれる。
(江口 湊)
良作★★★★★
カービィ楽し過ぎです!!
まずはボスを倒して、エリアを広げて、
後半はマップでクリアできてないところを確認しながら100%にしていくというスタイルがよかったと思います。

後から夢の泉デラックスをプレイしましたが、間違いなく、今作の方がやり込めます。
個人的に良い出来である★★★★☆
桜井さんが居なくなってからのソフトで、今作のまったく新しいGBAソフトを待っていました。

やってみたところ、出来はなかなか良い出来。
今回は大迷宮というところだけあって、散々迷って道を見つけたときは結構うれしいものがある。宝箱という発想もいい感じ。個人的にはもう少し考えさせる宝箱が欲しかったが。

しかし、難易度的には初心者の域を超えて、中級者ぐらいである。
ファンにはちょうどいい難易度だろうか。

コピー技にコマンドが付いたこともあり、1つのコピーで多彩な技を使えるのはSDXを思い出して良かった。
しかし、コピー技の強さが偏りすぎているので、最終的に使うコピーは少なくなってしまう。
特に最後のコピーがとても強い。それもあるからだと思うが。

何よりも最高の得点を挙げたいのは4人プレイが出来る。
やはり1人でやるより2人、3人となると面白さが全然違う。
ボスや中ボスの体力も強化されているので、多人数でそのボスを討伐するのがいいだろう。
4人時の中ボス:バウファイターの体力はものすごいので、やってみる価値あり。

このゲームにはプレイヤーやCPUと関係ない「もうひとりのカービィ」が出てくるのだが、
個人的にはこいつの存在意義がいまいちよく分からなかったのかある。
所々にムービー付けて、コイツの活躍などを見せるとストーリー性は高まったかもしれない。

以下減点対象。

・クリア後のおまけも前に比べてボリューム不足。
・大砲で新しいマップにいければ良かった。
・一部の中ボスとボスが結構レベルが高い。(もちろん俺的には大歓迎だが、バランスが;)
・CPU居なくてもいい(マップ切り替わってもついてこない。得するのはアイテムとコピーか?)
・ミニゲームが微妙。。(新しいミニゲームをやらせてくれ・・・)

個人的にはこれはお勧めできるゲーム。
迷ったりするし、難易度が初心者向けではないが、それだけやりがいがある。
アクションとしては良作だろう。
カービィなのに複雑すぎる。★★★☆☆
面倒くさいゲーム。マップを見ながらじゃないと攻略できない作りは問題アリ。

従来通りのステージクリア型のカービィのゲームを遊びたかった。
カービィで駄作っぽい作品になっているなんて珍しいこともあるものだ。任天堂でも百発百中というわけにはいかないんだね。
やっと!★★★★★
子供がずっとほしがっていたのですがずっとこづかいをためて買いと言っていたのでやっと買えて届いたときは嬉しそうでした。
きちんと写るのかちょっと不安もありましたが全然大丈夫でした。
ありがとうございました。
いいです★★★★☆
マップが全て繋がっていてどこへいけばここへ出るなど覚えようと思えばかなり大変です。

夢の泉みたいに短い通路で区切った方が分かりやすいといえば分かりやすいです。

なんとな〜く敵を倒したくてプレイするならちょうどいいです。

コピー技とかは楽しいですよ!

ふたりはプリキュアマックスハート マジ?マジ?ファイトdeINじゃない

バンダイ
GAMEBOY ADVANCE
かなりマックスハートいいです。★★★★☆
面白いです。正統派アクションといっていいと思います。
なんとなくロックマンぽい感じ。
アクションは移動・ジャンプと通常攻撃のみですが、三角飛び(ジャンプし壁を蹴って更に高い所へ登る)や、空中蹴り(飛距離をのばす)を駆使しないと進めないところもあり、慣れないとちょっとつまってしまうかも知れません。

自キャラは3人いますが、ステージによって固定で、性能に差はありません。

全体的に難易度は易しいですが、後半はザコキャラが強かったりで結構苦戦します。ボスはパターンがわかれば楽勝です。

ステージに散らばった『へやのかけら』を集め、プリキュア部屋を完成させるというやり込み要素も一応あります。

ボスを倒すところやオープニングでは声入りのデモが流れるのもいいです。
ステージごとにいろいろなアトラクションが用意されてるので、全部クリアするまでは飽きないと思います。

プリキュア好きでもそうでなくても楽しめる、良い作品だと思います。
お店によって値段がだいぶ違う(実際に店頭で見たなかでは最高3980円から最低1344円・どちらも中古、完品状態良好)ので、いろいろ探してみるといいと思います。

キャラ固有の技が無いことや、ステージ数が物足りないので星-1です。

ぜひとも次回作を期待したいです。

脱?キャラゲー★★★★★
全作に比べてキャラゲーのイメージが強くなった。
終盤は結構難しかったが、コツさえつかめれば誰でもクリア可能。
ゲームバランスが結構いいためキャラゲーというイメージからははずれるかな・・・。
内容は文句なし。
娘は大満足!★★★★★
 このゲームは、4つのワールドに5つのステージがあり、最後のミステリーワールドが少し難しいけれど、小学生でもコツさえつかめれば、スラスラと進むので、すごく楽しいです。
攻略本も一緒に買えば、どこにアイテムがあるのか分かるので、攻略も早いかも。
改善されてる?★★★★☆
プリキュアのゲームです
前作よりはアクションがふえてよかったです
ただ必殺技カットイン時だけではなくフルボイスであってほしかった
それいがいは子供対象のものにしては簡単すぎず難しすぎずなので大人子供関係なく楽しめると思います
プリキュア好きにはグッド!★★★★★
4歳の娘がプリキュアにはまっているので、このゲームはすっかりお気に入りです。
幼児でも意外とサクサクすすめると思います。
かわいい!

bit Generations [ビットジェネレーションズ] BOUNDISH(バウンディッシュ)

任天堂
GAMEBOY ADVANCE
バウンディッシュ拳!★★☆☆☆
ビットジェネレーションシリーズ中どころか、全GBAタイトルの中でもかなり微妙な一本。
ビデオゲームの原点を見つめ直すコンセプトを忠実すぎるまでに実践してしまいましたという感じです。

まぁ、見所はないわけじゃないです。特にオートデモは。
無機質なキャラクターがおよそ人間味のない動きでボールを跳ね返しあっている画面をぼーっと見ていると
寂れたゲーセンにぽつんと一人、ゲームはやりたいけれどお金がなくだまってデモを眺めていた少年時代を
思い出せます。ただし30代後半以上限定・・・なんていうお話はさておき。

一人プレイでは購入を後悔するほどのしょっぱさですが、対戦はイイですね。通信ケーブルに対応していない、
ゲームボーイプレイヤーでも単体で対戦できないという仕様が理解不能な点以外はとてもイイです。
面倒なルールを説明する必要もなく、負けたくないという本能でプレイでき、細かいテクニックはそれから
いくつかおぼえるだけでいいのがすばらしいと思います。今時の対戦ツールは「せつめい」「れんしゅう」の
時間は必須といってよく、よほどのことがないと友達がくいついてさえくれないことが多いというのに
これは始めた瞬間からほぼイーブンの状態でスタートです。同じビットジェネレーションシリーズの
「bit Generations [ビットジェネレーションズ] DIGIDRIVE(デジドライブ)」の対戦とどちらがわかりやすいか
なんて、考えるまでもないでしょう。(デジドライブがつまらないわけではありません。デジドライブの魅力は
デジドライブのレビューに書きます)

ここで最高に盛り上がる遊び方をひとつ。
バウンディッシュ拳。みんなが集まったら、その中から二人を選び、このゲームで対戦。負けた方は一枚服を
脱ぐ。これだけです。できればゲームボーイプレイヤー使用でギャラリーにも過程が見えるように。
見ている誰もが理解できるシンプルさゆえに、これは盛り上がります。
人vs人でないと楽しめない★★☆☆☆
「GAME」の原点を目指したビットジェネレーションシリーズ。今作はホッケーゲームです。

全部で5種類の様々なモードでホッケーが楽しめ、どれもホッケー好きな私としては楽しめるんですが……2〜3回ずつ遊ぶともう飽きます。
その原因はCPUの強さが変えられません。そんなに強いわけではないので、勝てるようになってしまったらもう面白くもなんともなくなります。

人vs人で2人対戦は可能なんですが、もちろんゲームボーイアドバンス(またはSP・ミクロ)でないと対戦できません。しかもここ重要ですが、ワイヤレス通信にしか対応できません。ケーブルでは通信できないようになっています。とてもじゃないですが、敷居が高く感じられます。

ホッケーゲームなので、人vs人で遊んで初めて心理戦という面で面白くなれるので、CPU戦はすぐつまらなくなります。しかし対戦するにはワイヤレスアダプタが必要だったりと決して気軽に出来るものではありません。対人戦が出来てなんぼのゲームなので、そこらへん、もう少し考えて欲しかったですね。あえてDSで発売するとか。

※追記
CPUの強さは変えられるみたいです。また、ポイント制をタイム制に変えることもできるみたいです。誤文失礼しました。
ただ、それでもやっぱり飽きがきやすい…。