TVゲーム情報ブログ

ロックマンエグゼ5 チームオブカーネル

カプコン
GAMEBOY ADVANCE
   シリーズを重ねる毎に意欲的な新システムを導入し、プレイヤーを飽きさせない趣向を凝らしている人気シリーズ『ロックマンエグゼ5 チームオブカーネル』がついにGBAで発売となる。


 『ロックマンエグゼ5 チームオブカーネル』は、主人公である少年・光 熱斗が彼のナビ・ロックマンを電脳世界に送り込みウイルスを消滅させていくデータアクションRPG。
今作の大きな特徴として挙げられるのが「チームバトル」だ。
今回はロックマンだけの戦いではなく、ゲームを進行させるうちに仲間のナビが増加。
臨機応変なチーム編成が攻略のカギとなってくる。
タイトルの通り“カーネル”をリーダーにそのほかの魅力的なナビたちを有効に活用しよう。


   このほかにも、闇の力に染められたダークパネルを解放(リベレート)し、敵をデリートしていく新システム「リベレートミッション」や、「エグゼ4」から搭載されたソウルユニゾンがさらに進化した「カオスユニゾン」システムの登場など、魅力的な新システム満載の遊べる1本になっている。
(菰田 雄)
★4.5?★★★★☆
やってくれました。対象年齢層とは裏腹の重厚なストーリーに惹かれて1作目からプレイしていましたが、
今回はEXEシリーズ初の「X」シリーズからのキャラ、カーネルが参戦です。
また、EXE恒例の「ロックマン」シリーズボスのリニューアルですが、
ロックマン6のボスコンテストで誕生し、今回EXE初登場となる「トマホークマン」は見た目は子供のようになりましたが、
血気盛んな性格で、かつ本家の面影をきちんと残していて素晴らしく思います。
またEXE初代にて隠しキャラとして参戦したロックマン3からの参戦ボス「シャドーマン」も登場し、
昔のロックマンを楽しんだ方には「懐かしい!」と思うこと間違いなしです。

ただ、EXE初代をプレイしていないと分からない事項があるので、そちらをプレイしてからの購入をオススメします。

EXEは子供向け、と割り切ってしまっている本家ロックマン世代、X世代の方も、
プレイしたらたちまちその物語に惹かれ、入り込んでしまうことかと思います。
しかしながら、シリーズものにありがちな「知らないと楽しみ半減」な事項の存在により、ストーリー面は★4つと致します。
ゲームシステム面では、前作で不評だった「おつかい」的なイベントの繰り返しが解消されているため、★5つをつけても問題ない出来でしょう。

やはり今回は・・・★★★★★
近作は前作とおなじ2バージョンとして発売されました
近作の決め手はやはりリベレートミッションこれは戦う場所で不利か有利か等が決まっていて作戦が重要となる今までのロックマンとは違います
そしてメンバーの決め手として初Xシリーズから出たカーネル!!
初めてのXファンという人にもオススメなゲームです
カーネル目当てか・・・?★★★★☆
エグゼのジャンルは「データアクションRPG」今までも1・2・3とシリーズの繋がりはありましたが
5は今までよりも前作(4)の続編と言う雰囲気が強いかもしれません。
(現に今までのサブ的キャラが多数登場)
5から新しく入るのもいいですが、1・2・3・4と全てプレイしてからやった方がよりよく楽しめると思います。
ソウルユニゾン、ダークチップシステムを引き継ぎ、チーム制というシステムと戦闘の変化。
チームという点は、今まで登場したナビを仲間にして、それに命令を出して戦いを進める・・・。
という感じで、これはなかなか面白そうです。
チームオブブルースとの違いは仲間に出来るナビやソウルユニゾン。その他もありそうですが
何といってもあのカーネル!ロックマンX4に登場したあのカーネルがリニューアルしてエグゼに参戦です!
アイリスは出てくるかなぁ・・・。とそれは置いといて。
戦闘は今回プレイヤーの後ろ側にも敵が現れるようになり、フィールドでも様々な仕掛けが追加されているらしく、さらに戦略が問われるようになっています。
ストーリーは4の事があったのであまり過剰な期待はしていません。個人的に。
それでも今までどおりなら十分楽しませてくれるハズです。
良作?★★★★☆
今までにない要素があり、エグゼシリーズを知らない人でもプレイできそうです。
ストーリー的にも濃い感じがあり、エグゼを最初から遊んでいる古参ユーザーにもオススメできます。

名探偵コナン ~ 狙われた探偵

バンプレスト
GAMEBOY ADVANCE
ミニゲームの寄せ集め★★☆☆☆
 ↑に思えました。推理が無いのは物足りない。
アクションは必要以上に難しい気がしますし。かと思えばなぞなぞは本当に小学生向け。
けど小学生向けであるがゆえに頭のカタイ大人には解けなかったりで、何か悔しくてハマらされてる感はありました。
こうゆうコナンもあり!★★★★★
コナンのゲームとしては珍しく推理が全く無い。
けれど、尾行・犯人に缶を当てて気絶させる・スケボーなど
コナン(探偵)のアクションが多く、結構面白い。
難しい所もあるが、失敗しても ゲームをやめない限り
最後にしたセーブ地点ではなく 今やっていた所からやり直せるのが嬉しい。
ストーリーの途中に出てくるミニゲームも後で遊べるようになっている。

リドルカードはなぞなぞだけど、解けないのがあったりして悩む・・・(汗)
推理じゃないとダメ!って方以外は買ってみては?

コナンゲームでは珍しいアクションゲーム★★★★☆
コナンゲームは数多く出ておりますが、今回は珍しくアクションです。
ちなみにPS bestで発売中の
「名探偵コナン」にはストーリーが2本入っており、
うち1作は、いちおうアクションです。(しょぼいですが)

さて、このゲーム、結論からいいますと、
コナンファン以外にはあまりオススメしません。(^_^;)

アクションが意外と難しく、

子供向けとは思えないゲームバランスだったり、
かと思えば、なぞなぞはおもいっきり小学生向けだったり…。
ターゲットがどの世代なのか、謎なものになってます。(^_^;)

ただ、コナンファンにとっては、
目新しいアクションゲームであることや、
GBAなので、今までのGBよりは
遙かに画質がよくなっていること、
など、オススメする要素はあります。

完全クリアするのが少々面倒だったりしますが、
(24時間以上プレイしないと出現しないグラフ!ィックもありますし)
まあ佳作といえましょう。
オトナの方でもほどほどには楽しめますが、
基本的にお子さま向けですので、
そのへんは覚悟してプレイしないと辛いです。(^_^;)

しかしコナンファンなら迷わず買いましょうv。

思ったよりは面白い★★☆☆☆
内容は推理は全く無くリドルカード探し、アクション、ミニゲームが中心のゲーム。難易度はクリアするには易しめ。カードを全部集めると少し難しめと言ったところでしょうか。
ストーリーは5編+αのオムニバス。原作好きの方にとっては細かい所での評判はかなり良いようです。

絵、音もそこそこ綺麗。操作性も良好でファンアイテムとしてはいいのではないでしょうか。

割と面白い★★★★☆
推理はほとんどないけれど
アクションとそこで手に入るカードが
面白い!カード内容は「ナゾナゾ」系だけど
なかなか難しいのがあって結構ハマるかも?
欲を言うならもう少し探索とか犯人当てとかしたい・・・
(それともまだクリアしてないから見つけてないだけで
犯人当てとかあるのか???)
やってみる価値はありそうな感じ

ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 (Game Boy Advance)

エレクトロニック・アーツ
GAMEBOY ADVANCE
   J・R・R・トールキン原作の超大作映画『ロード・オブ・ザ・リング』三部作の最終章「王の帰還」をモチーフにしたアクションアドベンチャーRPG。
原作の感動をそのままに、「旅の仲間」の一員になりきって「中つ国」を旅することができる。


   原作同様、旅の仲間たちがたどった異なる3つのルートを用意。
アラゴルン、ギムリ、レゴラスによる「王の旅」、ガンダルフが闇の軍勢に立ち向かう「魔法使いの旅」、フロドとサムによる「ホビットの旅」と、どれも冒険に満ちたストーリーばかりだ。
プレイヤーは剣や魔法を駆使してサウロンの手下をなぎ倒し、キャラクターを育てながら最終目的地モルドールに向かう。
アイゼンガルドや死者の道、滅びの山など実際の映画のシーンをベースに100以上のクエストが収録されている。


   武器や防具にルーン文字を埋め込んで能力をアップさせたり、魔法効果をアイテムに吹き込んだレアアイテムを手に入れたりするやり込み要素が詰まっているので、一度クリアしても何度も挑戦したくなるだろう。
シングルプレイのほかに『ゲームキューブ用GBAケーブル』を使った2人マルチプレイも可能だ。
旅の仲間同士協力して、各キャラクタごとに異なるスペシャル攻撃で敵を倒したり、アイテムを交換することもできる。


   また、『ゲームキューブ用GBAケーブル』でGAMECUBE版とリンクさせることで、レアアイテムや隠しステージ、マルチプレイ専用の隠しキャラクターが使用可能になるなどの特典が用意されている。
映画の実写映像と壮大なBGMにのせて、何度でも旅して欲しい。
(江口 謙信)
"im not a man, i am Eowyn, niece of king Theoden of Rohan!★★★★☆
エウォインが使えるのが良いね☆
最近またLOTR見てけっこうあのキャラ好きになったからまずエウォインでプレイしてます。
キャラ6人いて、みんな違うスキルとか装備品(主に武器)が違って面白い。
このゲーム何気にRPGしていて、装備品とかかなり種類多いいし名前とかもちゃんとしていて細かいところまでよくできてるって感じ。
画面はそれ程綺麗じゃないけど、難易度も良い意味で高い、それに映画に忠実。
アメリカの匠の仕事が楽しめる★★★★★
バッサバッサ群がる敵を倒して金とアイテムと経験値をひたすら稼ぐ
3D斜め見下ろしタイプのアクションRPG。原作のストーリーの知識は
まったく無くても十分遊べる。種類に富んだアイテム、シンプルだが
奥の深いスキル習得システム、どこでもセーブできる手軽さ、
敵をなぎ倒す爽快感、そして絵の綺麗さなど、
全てが非常に高いレベルにまとまっている。シナリオがほとんど
前面に出てこないところ(個人的にはこれはこれであっさりしていて
よい)を除けば、PCやPS2で出ているこの手のゲームが携帯機で
ほぼ据え置き機と同レベルでストレス無く遊べてしまうという、
アメリカのゲーム製作の技術の高さをうかがい知るにはもってこいの
ゲームとなっている。

これでキャラエディットとセーブ枠が(アラゴルン、ガンダルフ、レゴラス、
ギムリ、エオウィン、フロドの6人が使えるが、セーブ枠が4つまで
しかない。よって育てたキャラを消す必要が出る・・・)
6つ以上あれば完璧だったのだが、贅沢すぎるかな?
もっと売れるべきソフトです。

意外な掘り出し物★★★★☆
洋ゲーは大抵日本人プレイヤーにはあわないので、全く期待しないでなんとなく買ってみたら、とても面白くてビックリ。
画像のきれいさはアドバンスの能力を考えればとくに不思議ではないけど、ユーザーに媚びないシンプルな作り。
アーケードやサターンであったD&Dによく似ていて懐かしい。
(考えたら元はこれも洋ゲーだな)アラゴルンやフロド、レゴラス、ガンダルフ、ギムリは当然としてエオウィンもプレイヤーキャラにできるのは結構嬉しいかも。
前作の二つの塔も欲しくなってきた。
これで持ち物がもうちょっと持てれば文句無しに星5つだったんだけどね。
えっ?鬼武者?★★★★★
ほかの掲示板などでもかなり好評価があって買いました。まずグラフィックの高さに驚きました!
とてもリアルでキャラもそれなりの大きさです。外国の技術は凄いと痛感しました・・・・
肝心のアクション面でも見劣りするようなとこほとんどないです・・バッサバッサと敵を何百、何千となぎ倒していきます。

キャラを育てられる要素もありやりごたえ抜群です。しかもクリアしてもまた引き継いで育てられます。難易度も3段階あってやり込めます。それでいてキャラは6人!!隠しキャラもいる!
もうなかなか飽きません。
ステージ数はかなりあり(ボーナスステージもあります!)途中セーブもありいつでもやめれます。

唯一の悪いところはストーリーがあんまり理解できないところですかね・・あとアイテムが敵をたおしたときにですぎてなにがなんだかわからなくなるところです。
ぜひみなさんもやってください!携帯機ゲーム最高のアクションゲーです!

すっごくリアル!★★★★★
登場人物が話すときに、映画と同じ?
(まだ映画が公開されてないので、まったく同じかどうかはわかりませんが)画像が出てきたり、
音楽も映画と同じで、すごく臨場感があって、ゲームを盛り上げてくれてると思う!!!
二つの塔のゲームも、映画の未公開シーンと同じ場面もあったし、

この王の帰還にもそんな場面が含まれているのではないかと、ワクワクしています!