TVゲーム情報ブログ

FC・SFC互換機『FC Twin』

アンサー
FAMILY COMPUTER
価格に釣られた…★☆☆☆☆
一部のゲームでは(FC・SFCともに)グラフィック表示に問題が出てプレイ不能です。
(純正SFC本体では正常に表示されプレイできたので本体側の問題)
また、データの飛びやすさも増長させてる感がある。
あと、FCゲームは特にですが音が綺麗に鳴らない事が多いですね。
FCとSFCの両方動作可能でこの値段という事で釣られてしまいましたが、正直後悔しています。
買った今となっては『MADE IN CHINA』だから仕方が無いと割り切るしかないかなぁ…orz
快適に!★★★★★
前に同じ様な商品を使っていましたが、
接触が悪かったりとアカン点が多かったですが…。

今回のは特にアカン点もなく快適に使えています!!
使えない!★☆☆☆☆
購入に合わせて某オークションで100本ほどSFCソフトを購入し、試しましたが。
ソフトの状態が悪くてバグる、というより、電源を入れても全く反応せず電源入力音がするだけでした。

マリオ系・ヨッシー・ドンキ・スクエア・エニックス・カプコン等々全滅です。

FCは問題なく使えますが、そちらは既に所有しておりましたので、非常に残念な結果でした。
コントローラーがやばい★☆☆☆☆
コントローラーのAボタンがすぐつぶれ、十字キーもおかしくなり、2か月ともたない。
まあまあ使えます。★★★☆☆
ファミコンではマリオシリーズと、ドクターマリオ、魔界村、ディグダグ。
スーファミでは、ヨッシーアイランド、ドンキーコング1〜3は普通に起動しました。
メジャーなタイトルならある程度対応していると思われます。

シャイニング・フォース フェザー

セガ
Nintendo DS
異なる羽は、やがて大きな翼に変わる。

1) フィールドを自由に動き、フォースをつかいこなして敵をなぎ倒せ!
戦闘フィールドにはマス目やヘックスなどの仕切りはなく、自由にキャラクターを動かす事ができる。しかもフォースを使いこなす事で、
味方同士で協力し敵をなぎ倒す事ができる爽快なフォースドライブシステムを搭載。誰でも難しく感じる事なく、ストレス無しに
楽しめるゲームシステム!

2) 戦いは見ているだけじゃない!インタラクティブ性とド派手な演出のバトル!
キャラクターが敵を攻撃するバトル部分に、アクション性やインタラクティブ性を導入!自分の操作で連続攻撃や、敵を画面外まで
吹き飛ばす事が可能!それだけじゃなくて敵を焼き尽くす必殺技フォースMAXや、最大5人の仲間達と一斉に敵を攻撃するコネクト
攻撃など、爽快でド派手な戦闘が楽しめる!

3) 2Dと3Dを融合したハイブリッドCG
『pako』と『いとうのいぢ』、二人の人気イラストレーターが描くキャラクターをゲーム中で表現するため、ムービーも手書き風のイラストタッチの映像を実現。
造形物は3DCGを使用し、キャラクターはセルアニメで描く。この二つの手法によって、キャラクターと世界観が魅力的に描かれる!
意外に面白かったです★★★★★
10時間ちょっとでクリアできましたが、なかなか良く出来た作品だと思います。
戦闘は途中から全て演出OFFでプレイしてました。
章仕立てになっているのですが、2戦闘程すれば次章に進めたりとサクサク進めます。
後、ラウンジでの仲間との会話も面白いです。
安っぽい★★★☆☆
主人公が安っぽい。
移動とかが独特なのでグリッド式のマス目移動に慣れているとやり難い。
攻撃のエネルギーはは0から始まり回復フェイズで30回復、2回しか殴れない。
 これはエネルギー50からでよかったんじゃないか?
 かなりもっさり戦闘になってしまってる。
戦闘は2人協力と行動が続いているなら出来る連続攻撃(ここでのみ超必殺技できた)
意外と戦闘が時間かかっえしまうので出先で気軽にとは行けないゲーム


以下感想になるので不要なら読む必要は無いですね。
悪くは無いのだが全体的に安っぽいいオーラが漂っている。ハルヒに似ているヒロインも性格が良く分からないしそれ以前に回りのキャラクターとあってないのであんまりよくない。
このキャラ流行っているから入れました的な作品。結局ゲーム目当てよりもそのキャラ好きな一部の好きな人向けに作られたゲーム。今作初でしたがシリーズ好きな人はいらっとするんじゃないか。
一部の好きな人と言ったがそういう人も一人のキャラのために買わんだろう。このソフトの釣って売れればいいと言うコンセプト自体がおかしい。
キャラだけのゲーム★☆☆☆☆
キャラクターが好きになれるか否かが明暗を分けるゲームです。

低評価の理由は以下二つです。
1・キャラが好きになれなかった
2・SRPGらしい楽しみがなかった

シナリオは延々と子供のわがままを読まされているような感じでした。最初は物語がすすむにつれて主人公が成長していくのかと思っていましたが、結局最後まで何も変わりませんでした。
馬鹿なキャラクターは嫌いではありませんが、孫悟空やルフィみたいに素直でないとかわいく無いと思います。素直さのない主人公は気の短いガキのようです。
ハルヒの原画家が原画担当をしたことが話題になったようですが、ヒロインだけです。人気の原画家さんがせっかく担当したのに理屈ばかりのアンドロイドというのは勿体ない感じがしました。

シャイニングフォース123や外伝から久しぶりのシュミレーションと知って期待していましたが、どこに戦術性があるのか疑問のシステムでした。
フォースポイントをマックスまでためて必殺技を連発すればクリアできてしまいます。

シリーズ全体としては好きなので次回作に期待したいです。
爽快シミュレーションRPG★★☆☆☆
遺跡の盗掘を生業とするトレジャーハンターの少年・ジンが、古代遺跡でコアユニット“アルフィン”を発見した事から帝国軍との戦いに巻込まれていくシミュレーションRPG。
ボタンをポンポンと押して攻撃を繰出す戦闘システムや仲間との連携など最初は面白かったですが、攻撃に必要なフォースを溜める面倒臭さや大量に配置されなかなか倒せない敵に対し次第にイラついてきました。
また、戦闘演出をオフにすると一部の特殊行動が出来ないなど不親切な点も。
フィールドがマス目でなく、移動範囲や攻撃範囲が円形なのもプレイし辛い要因の一つだったと思います。
どうでもイイ様なやり取りや会話が延々と続けられるシナリオもどうかと…。
こんなゲーム作るなよ★☆☆☆☆
はっきり言っていままでやったシミュレーションRPGの中でも最低クラスのゲームだった、雑魚敵一匹倒すのにやたら手間がかかるような気がしたし、おまけにキャラ育成の楽しみやアイテム集めのやり込み要素も皆無に感じた。
一部声が出ること以外、携帯電話クラスのゲームにしか思えない。